ヘキサ日記 Blog

 

2017年1月10日

LINEスタンプ発売!

        

遅ればせながら、新年おめでとうございます。

今年もよろしくお願いいたします。

オラ「オクダ」です

 

今年の年末年始も8時間以上のロングドライブを敢行し帰省してきました。

日本の隅々まで張り巡らされた道路網は便利だしすごいなぁと改めて感じました。

そして恒例の家族でのスキー旅行も計画していたのですが、息子が熱を出してしまいキャンセルとなってしまいましたorz

「行っても雪が無かったので悔しくない」と自分に言い聞かせています

 

さて、皆さん既に楽しんでいただいている

アイテム代は経費で落ちない~no item, no quest~』の

LINEスタンプの販売をスタートしました!

一般人や平社員が使いやすいスタンプになってます

先輩社員のネリネさんもTwitterでつぶやいているのでコチラもチェックしてください!


        

どうも、0084です
急激に寒くなってきましたね

 

2016年もあっという間に過ぎ、残りわずかとなりました
そこで、個人的に今年を振り返って

 

「2016 ちょっとした”すきま”に遊べるスマホゲーム」

 

のベスト3をあげてみたいと思います
※個人的な趣味100%でスイマセン…

 

———————————————–

第3位は…

 

「バカハザ」!

 

http://www.capcom.co.jp/biohazard20th/ja/event/bakahaza.html

 

バイオハザード20周年を記念して作られた、天才バカボンキャラによるバイオハザード1が手軽にスマホで遊べます
中でも完全再現っぷりはスゴく、あのキャラクター移動させにくいところまで再現して(?)ます
どの天才バカボンキャラが、バイオハザード1のバリーなのか?レベッカなのか?と配役を考えるといっそう楽しめます!

 

 

 

 

 

次に第2位は…

 

「Redungeon」!

 

https://itunes.apple.com/us/app/redungeon/id1119569595?mt=8
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.nitrome.redungeon

 

操作は前後左右に進むだけ!、即死ギミックをひたすら避けて奥へ奥へと進んでいきます
タップで進むテンポが癖になって、気づいたらいつの間にか立ち上げて遊んでいた!なんてこともありました

 

 

 

 

 

最後に第1位は…

 

「TIME LOCKER」!

 

https://itunes.apple.com/jp/app/time-locker-shooter/id1114692553?mt=8
https://play.google.com/store/apps/details?id=org.gekoi.timelocker&hl=ja

 

“あなたが止まれば、時間も止まる”がウリの時間を操る斬新なシューティングです
ゲーム中に「ちょっと一休み」が手軽にできて、かつ綿密な作戦が立てられるのが魅力です
おしゃれな画面レイアウトもセンスよさげです

 

—————————————————
とかなり偏った選択になりましたが、
どれも無料で始められるので
まだプレーされてなければ、いかがでしょうか?


        

こんにちは

ゲーセン代を経費で落としたいテララです

月○万くらいかな……

 

もうすぐシルバーウィークですね

みなさまどのようにお過ごしになる予定でしょうか?

 

 

さて、

シルバーウィークにぜひプレイしてくれ」と

言わんばかりのグレイトなタイミングで

とあるアプリをリリースしました

 

ヘキサドライブ完全オリジナル

スマホタイトル第二弾

その名も

 

 

「アイテム代は経費で落ちない~no item, no quest~」

 

ss_640_960_5

 

 

※またタイトルなげえよ!というツッコミはナシでお願いします

※よくノーアイテムノーライフと間違われますがノーアイテムノークエストです

 

 

アイテム代は経費で落ちない」は、

 

世界滅亡まであとわずかな終末世界で

 

(なりゆきで)会社員になった主人公が、

 

会社からもらった給料でアイテムを購入し、

 

そのアイテムを使って魔物と戦う

 

平社員ファンタジーRPG」です。

 ※ただしアイテム代は経費で落ちない 

 

 

いや待ってどういうこと?という声が聞こえてきそうですね

そんなあなたへ 詳細はHPからどうぞ

 

 

ちなみに、なぜテララがこんなブログを書いているかというと

まだ3年目という若輩者ではありますが、

今回このタイトルのディレクターを担当したからです

 

しっかり楽しめる終末ワールドが形成できたと思いますので、

ぜひみなさまのスマホでプレイしていただけたらと思います

 

な なんと「はじめからエンディングまで」完全無料で遊べますよ!

シルバーウィークのお供にどうでしょうか?

 

それでは!テララでした

 


2016年5月10日

お金は大切に

        

こんにちは

つい先日、「New King」となる「GeForce GTX 1080」が発表されましたね

今まで最強とされていた「GeForce GTX TITAN X」の2倍の性能、7割の消費電力という驚きの性能でした

まだまだGTSシリーズのグラボを使っている私としては、

早くGTXシリーズに買い換えたいなと思っているだっちです

家のPCではDirectX11が動かせないのが最大の悩みです

 

さて、今回は今年に入ってから使い始めたサービスの紹介をしようと思います。

貯金しないとだな~と思いつつも、なかなかできずにいたので、

まずは何にお金を使っているのかを把握しようと思い、使い始めたのがこれ

レシート家計簿アプリ・オンライン家計簿「Zaim」

 

無料会員、有料会員と区別があり、

無料会員登録をしないと使えないのですが、

僕が調べた範囲では、無料でも使える機能が多かったので使っています。

 

私が特に便利(便利そう)だと感じた点は以下の3つです。

 

Web版、iOSアプリ版、Androidアプリ版で同じ家計簿を利用できる

 家計簿情報がサーバーに保存されているらしく、

 複数のデバイスで連携して利用できるので、

 出先で使ったお金はその場でスマホで入力、

 銀行やクレジットカードの利用履歴は家でPCで入力

 といった使い方もできるところが便利

 

レシートをカメラで撮影するだけで入力してくれる

 家計簿を付けるときにまずぶつかる壁がここ…

 毎日買ったもの、使った金額を手動で入力するのって手間に感じてしまうのですが、

 レシートを撮影するだけで勝手に入力してくれるのはとっても便利

 買った商品やその金額、割引金額まで入れてくれる便利な機能です

 

金融機関の口座を登録すると、自動で入力してくれる

 銀行やクレジットカードの情報を登録しておくと、

 入出金の履歴を自動で取得、分類してくれるそうです

 私は個人的に、いろいろなサービスの連携はセキュリティ的に怖くてできないので、

 この機能は利用していないのですが、

 自動で家計簿に付けてくれるのはめんどくさがりな方には便利な機能だと思います

 

他にも便利な機能はたくさんあるので、興味がわいた方は調べてみてください。

 

 

この他にも、家計簿アプリやサービスはたくさんあるので、

「何にお金を使ったのか分からないけどお金がない…」

なんて悩みをお持ちの方はぜひ使ってみてはいかがでしょうか?

 

ではまたー


2016年3月23日

本を読もう

        

どうも、花粉症真っ盛り。プログラマのしぶっちです。

桜も咲き始め、行楽日和なんですが、私は雨の日でもないかぎり外に出たくないですw
吹田サッカースタジアムのおかげで、濡れずにサッカー見れるようになったしね。

 

さて、そろそろ弊社にかぎらず新入プログラマとして4月から働かれる方もいらっしゃると思います。今まで学生として様々な勉強をされて来たと思いますが、実際の所仕事を始めてから勉強しなければならないことは多いです。
特にレンダリング関連は毎年のように新しい手法が論文などの形で発表されています。まだ情報チェック出来てませんが、GDC2016も終わったばかりで色々とホットな状態ですね。

この様な論文などをネットで探して読んでいくのも必要なのですが、皆さんが最初に触れる知識としては技術書が主なものになると思います。

 

しかし、この技術書なんですが・・・

 

まず高い!

20160323_takai13,000円!!

しかし元々海外版も1万円近いし、翻訳コストと売れる数考えるとこれはある程度しかたないです。
私も学生の頃OpenGL Programming Guideという本を買った時1万3千円位してビビりました。
高い例で出してすみません。OpenGL Insights本当に良い本です。翻訳有難うございます。

 

OpenGL Insights
http://www.amazon.co.jp/dp/4862462014/

 

ということで、こちら弊社では社員が読める様に各種技術書をご用意しております。

20160323_gijutsusho技術書コーナー

とはいえ、自分が必要だなと思ったら自分用買いますよね。そして例えば通勤時間に読みたいとか・・・

 

だが重い!

20160323_omoi

なんでしょう、この厚さ!つり革につかまりながら毎日読めば片腕マッチョ間違いなしですね。持ち歩くのは諦めて、手元に置く事にしましょう。
厚くて重い例で出してすみません。ゲームエンジン・アーキテクチャとっても良い本です。

日本語で読めて嬉しいです。

 

ゲームエンジン・アーキテクチャ
http://www.amazon.co.jp/dp/4797377488/

 

でもリファレンス的に何冊かにわたって参照したい事とか有ると・・・

 

多すぎ!

20160323_oosugi

手元全部埋まります。まあ積みますよね。そして邪魔になります。机の上に置いときたくても場所をとるし、毎回本棚に返しに行くのも面倒・・・

 

そこで電子書籍です。

私はAmazon.comの頃から買っている関係でKindleストアで購入している物が多いです。

20160323_hikaku20160323_kindle

これだけの厚み+αがこの中に!・・・なんか電子辞書売ってる通販番組っぽいですね。

価格も和書ではあまり安くならないんですが、洋書だと1000円位安くなる事も。
※OpenGL ES Programing Guideの電子版は英語です。日本語版は電子化されてない様です。日本語版技術書の電子化も拡がって欲しいですね。

 

そして英語の辞書も引ける。

20160323_jisho

ネットに繋がってればWikipediaも表示されたりGoogleで検索も出来たりするので初めて見る英単語とか出てきても大丈夫です。

 

ちなみに論文なんかもPDFで落としてきてタブレットに入れておくと技術資料が全て集積できるので便利です。SlideShareなどのアプリも入れてると良いですね。

 

SlideShare
iOS
https://itunes.apple.com/jp/app/linkedin-slideshare-professional/id917418728?mt=8
Android
https://play.google.com/store/apps/details?id=net.slideshare.mobile&hl=ja

 

ちなみに私も毎月買っている雑誌CGWORLDは単体でアプリ化していて、定期購読もできるのでオススメです。

20160323_cgworld

CGWORLD(iOS)
https://itunes.apple.com/jp/app/cgworld/id967162417?mt=8

 

技術書の電子書籍に関してはKindle用以外にも出てますね、GooglePlayブックスの洋書は国内のKindleストアに無い物も有りますね。洋書を探すならこちらも良いかも知れません。

 

GooglePlayブックス
https://play.google.com/store/books

 

オライリーの本であればO’Reilly EBookが有ります。出ていない本もありますが(Effective Modern C++とか欲しい)・・・。海外版はほとんど有る様なので、洋書買うならオライリーの海外サイトから探して見るのが良いかも。

 

オライリージャパン EBook
https://www.oreilly.co.jp/ebook/

 

これら電子書籍なんですが、テキストで検索できる物は特にリファレンス的に使うには便利です。
ただ、いくつかの書籍は画像として電子書籍化されているので文字が汚くなってたり検索出来なかったりして不便です。
販売側の対応を急いで欲しい所ですが、今のところは各サイトのレビュー等参考にしつつ購入してください。

 

ちなみに弊社オープンスペースには参考資料も兼ねてコミックも有ります。

20160323_comic

この辺のコミックやファミ通などのゲーム雑誌はBOOKWALKERが本棚整理できるし読みやすくてオススメです。

 

BOOKWALKER
iOS
https://itunes.apple.com/jp/app/book-walker-dian-zi-shu-ji/id580775134?mt=8
Android
https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.bookwalker.kreader.android.epub&hl=ja

 

技術書は重くて大きくて場所を取る上に購入価格が高い割に古本として買い取ってもらえる所も少なく、結局捨ててしまう事も多くなります。そんな事になるなら場所を取らず、ずっと置いておける電子書籍。

 

オススメです。

 


        

お久しぶりです、ナカムラです。

 

このブログをご覧になっている方で、チームでのゲーム制作を体験された人、結構いらっしゃる事と思います。

その中で、ゲーム制作のスケジュール管理をされた事がある方…となると、一気に数は減ってしまうのではないでしょうか?

今回は、ゲーム制作のスケジュール管理をされた事がある方へ向けた内容となります

 

 20131203_separater

 

さて、ゲーム制作のスケジュール管理をされた事がある方、どのような方法で管理されていましたでしょうか?

Excel でスケジュール管理をしている方も多いのではないでしょうか?

学生さんが短期間で行うチーム制作なら、Excel でのスケジュール管理でも充分かと思います。

しかし、チーム規模が大きくなってきたり、開発期間が長くなってきたり、作業予定を臨機応変に変更する必要が出てきたりすると、Excel でのスケジュール管理が徐々に辛くなってきたりします

以下、Excel でスケジュール管理をしている場合に聞かれる不満を、幾つか取り上げてみます。

 

 

 

誰が何の作業をしているのかは分かるけど、どの機能がいつ完成するのかがよく分からない  

Excel でスケジュール管理をする際のスタンダードなフォーマットとしては、縦軸に作業者を並べて、横軸に日付を並べる形かと思います。

つまり、誰がいつどの作業をする予定になっているのかが、一目で分かる形になっている訳ですね

しかし、ある1つの機能を複数の人が協力して作り上げている場合、その機能実装がいつ完了するのかが、分かりにくくなってしまいます

例えば、Aさんの予定に「プレイヤー必殺技実装」という作業があったとします。 「じゃあ、この作業が終われば、プレイヤーが必殺技作業が完了するんだな」 と考えてしまいかねませんが、そうとも限りません。

「プレイヤーの必殺技エフェクトリソース作成」

「プレイヤーの必殺技エフェクト再生」

「プレイヤーの必殺技SEリソース作成」

「プレイヤーの必殺技SE再生」

「プレイヤーの必殺技による敵ダメージ関連処理作成」

というような関連作業が全て完了して、初めて完成と言えますよね (少なくとも、ユーザー目線ではそれが完成のはずです) 。

これらの作業はプログラマの作業だけではありません。

エフェクトデザイナーやサウンドクリエイターの作業も含まれています。

つまり、作業者毎に並べられたスケジュール表を見た上で、

「プレイヤー必殺技実装に関連する作業は誰が担当してたかな…?

 えーと、この人とこの人と…」

という事をいちいち頭の中で整理しないと、対象の機能実装が完了する時期が分からないという事になるのです。

 

 

Excel に書かれてる作業が細かすぎる

Excel に書かれてる作業が大雑把すぎる

このような、まるで正反対の意見が同時に挙がる事があります。

チーム規模が大きくなると、立場によってスケジュールに関するどういった情報を欲しているかが異なってきますから、こういう事もあり得るんですね

管理者レベルの視点だと大雑把な粒度のスケジュールで充分ですし、作業者レベルの視点だと細かな粒度のスケジュールを確認したくなるのも分かりますので、両方とももっともな意見ではあるのです。

 

 

休日を跨いだ作業を管理しにくい

Excel でスケジュール管理をする場合、その横軸に日付を並べていく事になるかと思います。

その上で、土日や祝祭日を明記して、そこには作業を乗せないように気をつける必要がありますよね。

しかし、作業の開始日を変更する度に、休みの日を考慮した上で終了日を設定し直すのは、結構な手間になります

これに関しては、そもそもExcelには休日を載せない(作業可能な日だけを管理する)という形にすれば、Excel でもなんとか対応可能だとは思います。

 

 

作業同士の関連性が分かりにくい

作業担当者が個人で進められる作業もあれば、他の人の作業を待たなければ進められない作業もあります。

「私のこの作業は、Aさんが担当しているこの作業が完了しないと、始められない」

という情報を Excel 上に記載するのは結構厄介だと思います。

スケジュール管理者は、開発状況を見ながら作業の順序や担当を適宜入れ替えたりします。

その際に、この情報無しに作業を入れ替えてしまうと、

「ちょっとちょっとAさんの作業が終わってないのに、私の作業は進められないよ

 勝手に入れ替えないで

という事態を発生させる恐れがあります。

 

20131203_separater

 

スケジュール管理ツールは色々ありますが、少なくともこの5点をクリアしているものが望ましいかと思います。

もっとも、チーム規模が数名程度のものであるなら、スケジュール管理者が頭の中で理解さえしていれば、何の問題もありません

しかし、チーム規模が大きくなって、スケジュール管理者さえも複数人存在するようなスケールになると、各自の頭の中で整理させるのは危険だと思います

フリーでありながら、この5点をクリアしているプロジェクト管理ツールとして、GanttProject があります (フリーなので、足りない機能も色々ありはしますが)。

Excel での進捗管理卒業の第一歩としては、お勧めできるかと思います。

興味のある方は是非ダウンロードしてみた上で、上記の問題点がどのように解決されているのか、確かめてみて下さい


2015年8月6日

論文読解の味方

        

お初にお目にかかります。プログラマのしぶっちです。

 

日中、外を歩いていると倒れそうな暑さですが、みなさん大丈夫でしょうか。

熱中症に気をつけて塩分と水分補給を忘れないようにしましょう。

私は最近、西武ドームの暑さから生還したのでお盆の有明も大丈夫そうです

 

初めてのブログですので、何にしようかと思いましたが、便利なWebサービスについて紹介してみます。

ゲームのプログラムをやっていると、論文に数式がバンバン出てきて読むのに苦労する方も多いかと思います。
特に論文の数式は途中の計算をすっ飛ばして結論だけ書いてあるのが通常なので、確認するのに苦労したりします。

 

そんな時に役立つのが Wolframalpha です。

 

サイトに行くと検索エンジンの様に見えますが、以下の様に入力して「=」をクリックしてみましょう。

y=2x+1

20150806_0

直線の式とグラフが表示されますね。

 

もう少し難しくして以下の様に入れます。

y=2x^2+4x+3

20150806_1

2次曲線が表示されますよね。「^」が累乗です。下の方を見ると別形の式なんかも出てきます。

 

では、この式でy=7となるxを求めてみます。以下の様に入力してください。

solve(y=2x^2+4x+3,y=7)

20150806_2

 

答えが表示されましたね。
なんとなく使い方がわかってきたでしょうか?

 

じゃあ次は積分とかやってみましょう。

integrate((a^2*cos(t)sin(t))/(pi((a^2−1)cos(t)^2+1)^2), p, 0, 2pi)

20150806_3

 

これはGGXの重点サンプリングする際に出てくる数式です。3D plotグラフが綺麗です。
BRDFとかの論文だと積分式が大量に出てくるので図で表示出来ると変化がわかって便利ですね。

 

次は極限です。

limit(g->1), (g-1)(a^2 – 1)/(PI * (1 – (a^2)^(1-g)) * (1 + (a^2 -1) * c^2)^g)

20150807_4

 

これはSIGGRAPH 2012 Course: Practical Physically Based Shading in Film and Game Production の「Physically Based Shading at Disney」cource notes内で特異点になるから極限使いますとさらっと書いてある所です。

 

後は、計測データを入力して4次関数で近似して見たりも出来ます。

20150807_5

まあ、これ位ならエクセルでやったほうが便利かもですね。

 

実はここまで計算式だけ入れてますが、「地球の体積」とか入れても答えが表示されます。

 

このWolframalphaですが、ベースはMathematicaというソフトが使われています。
理系の大学生なら耳にしたことが有るのでは無いでしょうか?
・・・学生時代に使えてたらレポートとか楽だったろうなぁ・・・

 

入力窓下の「Examples」をクリックすると様々な使用例が出てきますのでお試しを。
私もまだまだ初心者なので、更に色々なことが出来る様にWolfram言語とか試して行きます。

 

こんな感じで超便利なサイトwolframalpha。iOS等のモバイル用アプリも有料ですが存在しますので興味のある方は是非どうぞ。

 

それでは・・・

(x^2 + y^2 – 1)^3 – x^2 * y^3 = 0

20150807_6


        

 

「チョコパンとお母さんどっちが好き?」

「チョk・・・・・・・・・・・・・かっか(母)とチョコパン!!!!!!!

 

 

2歳半の次男が初めて『自分の発言で予想される未来』を意識し発言をした瞬間です。

 

皆さん先を読んで発言してますか?大阪デザイナー阿部です。

 

上記で次男はどう先を読んだかというと・・・

 

「チョk(待てよ・・・ここで正直にチョコパンと言うと母はひっくり返って泣きわめいて僕が大好きなゲームの実況動画を見るどころじゃなくなってしまう、 ここは自分の正直な気持ちを隠し母と言うべきだ・・・ いやしかし、大好きなチョコパンを裏切ることなど・・・・っっっっ!かっか(母)とチョコパン!!!!!!!」

 

 

おそらくこうです。

二歳の子供にできて大人の己にできずにどうする・・・・っ!!

自分の一時の感情に振り回されず

己が目指す目的のためにどのような発言をするといいかを

常に意識しなければいけないなぁと 心の褌を締めなおした出来事でした。

 

 

それはさておき

私が毎年楽しみにしているフリーゲームのコンテストが今年も開催されます。

 

WOLF RPGエディターコンテスト 通称ウディコンです!

 

 

WOLF RPGエディターとは無料のゲームエディターで・・・詳しくはwikiを・・・

 

WOLF RPGエディターを作成したSilverSecondのSmokingWOLFさんは もうすぐ発売になる

振リ返リマセン勝ツマデハ の原案「片道勇者」を作成した方になります。

「片道勇者」やりましたか?あれ超おもしろいですよ・・・っ!!!

 

さてウディコンの投票が始まるまでもうしばらくありますので 過去のコンテスト作品でこれは・・・っ!!と思ったものを紹介したいと思います。

 

 

 

行商!

名前の通り行商をするゲームです。

お水の豊富な土地で水をしこたま買って砂漠の国で高額で売って利益を出したりします。

ワールドマップを何往復もするのですが、今積載している荷物をあの町で売ったら大儲けできる・・・ニヤニヤ となるので、良くある移動のストレスをほとんど感じません。

自分で攻略ノートを作成したのなんて何年ぶりか・・・

(町ごとに高額で売れる商品をメモっていかに効率よくお金を稼ぐかの必勝メモ)

 

 

影明かし

ダンジョン探索RPGなのですが 私がぐっと来たところは戦闘のスピード!

ザッザッザッザッザッザッと切ってシュンッシュンッシュンッシュンッシュンッシュンッと敵を倒せます

何を言っているか分からないと思うがやればわかるこの脳汁感・・・

お勧めです。

また暗いMAPに光が灯ってる画面も雰囲気があってとてもぐっとくる・・。

 

 

ロードライト・フェイス

ノンフィールドRPGです。

このゲームの特徴は何と言っても武器防具回復アイテムが6個しか持てない!!!

しかも使用回数に限りがあるから常に取捨選択を考えながら進まねばならない!!!!

だがそこがいい!!!!!

あぁ・・・この武器あと一回しか使えないけど最後の一回強い攻撃になるから取っておきたいけど回復アイテムないから買わなきゃ でもこの防具強いから捨てたくない私はどうすれば・・・・・

ってずっと考えるゲームです。

また画面の雰囲気も淡いかすれた感じがとても素敵です。

 

 

RainyTower

自機を強化しながらひたすら上に上に登っていくアクションゲームです。

最初は2秒で死んでいたのが、強化と自身の操作慣れによってスムーズに進むようになり

あっ!!今っ!私うまい!!今のプレイ輝いている!!

となるゲームです。

強化によるものと分かっていても段々上手いこと行くようになっていくのが体感できるのはゾクゾクしますね。

またこのゲームキャラクターのセリフの掛け合いがとても素敵なんです。

私はゲームをするときキャラクター性をあまり求めないのですが、これはもうすごくグッときました。

すごくかわいい。

 

 

以上!個人的おすすめウディコン作品でした!

フリーゲーム、ゲームとの出会いそのものも宝探しみたいでとても楽しいので是非!!!!


2015年6月29日

Vimの感覚

        

昨日、マッドマックスを観てきました。

 

冒頭の20分くらいでの世界観や目的の描き方であったり、その後のメリハリがありながらも  わかりやすく しっかりとテンションを上げていくアクションに 「すばらしいな」と、コメンタリーやメイキングを楽しみに待っています。

 

 

こんにちは、Vim歴 20年ほどのタマキです。

(途中にEmacsに移行していた時期が2〜3年あったり、Sublime TextAtomなども事あるごとに試してたりします。)

マッドマックスの話ではなくて、Vimというエディタの紹介をしようと思います(今更感はありますが…)。

 

 

「Vim、触ってみたけど よくわからん」、「一文字も入力できんかった」、「興味はあるけど…」な人が対象です。

※「カーソル移動、挿入モードとノーマルモード移行、:q と :q! を覚えてれば、必要なときには十分!」な人は対象にしてませんw

 

 

始めて触れたのは学生時代。
商用UNIXで仕事をされてきた数学を得意とする先生の「viを使ったことないの?」という言葉からでした。
(DECのノートPCにLinuxを入れて仕事をしていた先生で、「まだおもちゃだけど、化けるかもね」と言っていたことが印象的でした。)

 

それまではVZ Editorを使ってました。
軽いというのもありましたが、「カーソルキーやファンクションキーを使わず、ホームポジションから移動せずに使える」というところが大きかったです。

 

早速、Viクローンを入れて試しますが、最初はなかなか思い通りにはいかず。
ですが、時間が経つにつれ、大分馴染んできます。

 

馴染んでくる感覚は「おもしろい」という要素になりますし、また「ホームポジションでほぼ完結する」というのは日常的に使えそうだなと。

 

そんな中、Viに対しての感想は「編集に強い」でした。

 

ということで、今回はテキスト編集にフォーカスして紹介します。

 

 

 * * *

 

 

テキスト編集の前にVimの特徴であるモード切り替えについて紹介します。

というのもココを理解しないと編集できないからですね…。

 

Vimではモードを切り替えて、テキスト編集を行います。

モードも下記のようにいろいろあるのですが、今回はノーマルモード挿入モードだけを使います。

 

ノーマルモード
    ベースとなるモード。立ち上げ時はこのモードです。
    文字の入力はできない。
    カーソルの移動やテキストのコピー/ペースト/削除などを行う。

 

挿入モード
    文字を入力するモード。

 

ヴィジュアルモード
    テキストを選択するモード。

 

コマンドラインモード
    検索・置換、ファイルのオープン、プラグインの実行など。

 

などなど。

 

 

実例を挙げた方がわかりやすいと思うので、 実際にはこんな感じで編集していきます。

 

1. ノーマルモードで、カーソルの移動。
    h, j, k, l : 左下上右
        この操作やモード切り替えで「なんでやねん」ってなる方が多いのですが、ホントに慣れですね。
        このキーで移動できるツールも結構多いです(gmailなんかも。同様にEmacs系も多いですね)。

 

2. 挿入モードに移行し、文字を入力。
    i : カーソル位置の前から挿入開始。
    a : カーソル位置の後ろから挿入開始。

 

3. ノーマルモードに移行(挿入モードを抜け)。 1. へ。
    ESC or Ctrl+[
    (私は Ctrl+[ を使っています)

 

 

これだけだと、「なんだコレ。モード変更って必要なん?」と面倒くさい感が強いですよね…。

 

ですが、 このモード変更が他のエディタを大きく異なるところですし、これが編集に強い理由になっています。

 

 

 * * *

 

そして、本題のテキスト編集

 

コマンドを組み合わせて編集していきます。

※ ここでのコマンドはノーマルモードで入力するキーの意。

 h は「左へのカーソル移動」コマンド。

 a は 「挿入モードへ移行し、カーソル位置の後ろから挿入を開始」のコマンド。

 

 

では、「テキストの削除」の例を。

削除はdコマンドになり、このあとにカーソル移動コマンドを入力すると削除できます。

 

このような感じ。

 

例1) 現在行から120行目まで削除。コマンドは d120G
    → dの削除コマンド後に120行まで移動コマンドを実行。

   120Gが”120行目までカーソル移動”の意味になります。

 

例2) 1単語分削除。コマンドは dw
    → dの削除コマンド後に1単語移動コマンドを実行。

   wが”次の単語の先頭に移動”の意味です。

 

つまり、移動コマンドや挿入モードへの移行が多彩であれば、目的のところまでの削除が素早く終わるということになります。

 

 

 

 

さて、「カーソル位置の文字を削除するコマンドは?」

 

 

 

そう、dl ですね (x というコマンドもあります)。

d で 削除コマンド。

l が右に一文字分移動コマンド。

 

 

 

では、少しレベルを上げます。

 

テキスト「hoge foo bar」のgの位置にカーソルがあるとしまして、行内検索移動のf/tコマンドと組み合わせてみると。

※f  コマンド : その行の順方向に一文字検索。 fx でカーソルより先のxという文字まで移動します。

※t  コマンド : その行の順方向に一文字検索(カーソルは文字の手前)。tx でカーソルより先のxという文字の一文字前まで移動します。

 

イメージ)

hoge foo bar

 

例3) oまで削除(oも削除)。コマンドは dfo

hoo bar

 

例4) fooの(最初の)oまで削除(oは残す) 。コマンドは dto

hooo bar

 

例5) bまで削除(bは残す)。コマンドは dtb or d2f<spaceキー>

   2はそのコマンドを2回続けるの意です。この場合、「2つ先の空白まで移動」となります。

hobar

 

 

他にも

例6) カーソル位置から段落の最後まで削除。コマンドは d}
例7) 段落毎削除。コマンドは {d}

    { で段落の始めに移動。その後段落の最後まで削除を実行。
例8) 段落毎削除後、挿入モードへ。コマンドは {c}
例9) 現在行から160行目までをヤンク(コピー)。コマンドは y160G
   ちなみにペーストコマンドは p or P。挿入する位置が変わります。

 

小技として、

例10) カーソル位置の大文字/小文字変換。コマンドは ~
例11) カーソル位置を一文字分修正(文字aに変更)。コマンドは ra

なんかもあります。

 

 

慣れれば、アタマで思ったことがすぐに実行できるようになってきます。
(カーソルキーを何度も叩くとか、マウスでの範囲選択で最後を慎重に選択するとかがなくなります)

 

このスピード感に慣れてくると、他のエディタを試しても(そのエディタの方がいい部分を十分に理解しつつも)戻ってきちゃうんですよね…。
そして、そのエディタのいいところをVimでできないだろうか、となるという…。

 

 

今回は、Vimを使っている人はどんな感覚なのか、という紹介でした(触りだけになりましたが)。

アタマで具体的にイメージ/理解できると実際に触れたときに馴染むのも早いと思うので、こういった感覚を意識して触れてもらえると「もうVimは怖くないっ!」となると思います

 

最後に、カーソル移動や挿入モードへの移行について、少しだけリストアップしておきます。

 

 

 

 * * * 付録 * * *

・ ノーマルモードでのカーソル移動

左下上右 : h, j, k, l
    この操作だったり、モード切り替えに「なんでやねん」ってなるヒト多いのですが、ほんと慣れです。
    また様々なツールでこのキーで移動できたりします(gmailなんかも)。

 

単語移動 : w/b, W/B, e/ge, E/gE
    大文字、小文字で単語として捉える範囲が異なります。

 

段落移動(上方向) : {
段落移動(下方向) : }

 

対となっている括弧へ移動( [], (), {} など) : %

 

最上行にジャンプ : gg
最下行にジャンプ : G
    行番号ジャンブ : <行番号>G
     例) 120行目にジャンプ : 120G

 

行の先頭へ移動 : 0
行の先頭(最初の文字)へ移動 : ^
行の末尾へ移動 : $
下の行の先頭へ : +
上の行の先頭へ : -

 

行検索

その行の順方向に一文字検索 : f

 カーソルより先にあるxまで移動 → fx
その行の逆方向に一文字検索 : F
その行の順方向に一文字検索 : t (カーソルは文字の手前)
その行の逆方向に一文字検索 : T (カーソルは文字の手前)

 

・挿入モードへの移行

カーソル位置の前から挿入開始 : i
カーソル位置の後ろから挿入開始 : a
行の先頭から挿入開始 : I
行末から挿入開始 : A
下の行に空行を挿入し、そこから挿入開始 : o
上の行に空行を挿入し、そこから挿入開始 : O
続く移動コマンドを実行後、挿入開始 : c

 

・ ノーマルモードに移行

ESC or Ctrl+[
(ホームポジションを崩したくないこともあり、私は Ctrl+[ を使っています)


2015年5月22日

アプリ紹介:ArtPose

        

こんにちはkayanuma.です。

人物の絵を描いていてちょっと凝った角度から描こうとするとアレ、上手く描けないぞ・・なんてことは良くあります。(ない!?)

描きなれているようなポーズでも視点を変えると突然描きにくくなったりしますよね。

 

そんな時は自分でポーズをとったり鏡を見たりしますが

ちょっと憚られるポーズだったりナルシストだと思われる危険があったりすると困ります。

そんな時はこんな人形をみたりしますが (デッサン人形)

(最近は可動フィギュアを使ったりするようですね。なるほど)

 

今回はもっとお手軽な

ArtPose(iTunes AppStore)

blog150522_1

こんなアプリを紹介します。

 

この手のアプリはいくつか出ていますが、 良さそうなものがありそうでなく、これは頭一つ抜けてると思います。

関節可動できる人体モデルのアプリです。

 

プリセットポーズから関節を動かして新しいポーズを作ったりスクリーンショットを保存したりできます。

男女別のアプリになっているのですが何故か男性版の方が高機能になっていて(5/22現在)

パースを調整したりある程度の体型の調整が出来来たりしますので、どちらかといえばこちらをおススメ。

blog150522_2

関節を曲げると筋肉が膨らんだりしてなかなか凝っていますが その辺は雰囲気程度に見ておくと良いかと。

blog150522_3

関節を任意に曲げてプリセットポーズをカスタマイズできます。

blog150522_5

 これは女性版。何故か男性に比べて辛辣なレビューが多い・・ 

 

視点や画角を調整したりすると 見慣れたポーズでも新たな発見がありますね。

参考にするにはなかなか良いですよ。

それではまた。


ヘキサブログ ピックアップ



過去の日記はこちら

2017年3月
« 2月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031