ヘキサ日記 Blog

 

        

ヘキサ日記をご覧の皆さん、こんにちは。
今回で二回目のブログ当番になります、とむです
いやー、毎日暑いですね!
初老の身には出社するだけで一仕事終わったように感じられる今日この頃です…

                                                                                        

これだけ暑いと誰でも海洋生物のことを思い浮かべるかと思うのですが(ホンマカ?)、自分の場合は大海原をたゆたうマンボウのことが頭から離れなくなりググってみることにしました。

すると…、出るわ出るわマンボウ最弱伝説
最近生命力がめっきり衰えた自分としては異様な親近感を覚えます
                                                 
・まっすぐしか泳げないから岩に直撃して死亡
・水中に潜って凍死
・朝日が強過ぎて死亡
・日にあたってたら鳥に突かれて死亡
・寝てたら陸に打ち上げられて死亡
・寄生虫殺すためにジャンプして水面に当たって死亡
・食べた魚の骨が喉に詰まって死亡
・食べたエビやカニの殻が内蔵に刺さって死亡
・水中の泡が目に入ったストレスで死亡
・海水の塩分が肌に染みたショックで死亡
・前から来たウミガメとぶつかる事を予感したストレスで死亡
・近くに居た仲間が死亡したショックで死亡
・よく水面で横たわっていて、そこを漁師にみつかり捕獲されて死亡
・皮膚が弱すぎて触っただけで痕が付く、さらにその傷が原因で死亡
・小魚や甲殻類の骨が喉に詰まって死亡

                                                                        

                                                                         

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                   

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    

                                                                                                                                                                              

まぁ、全部ウソらしいのですが…
でも、これだけ伝説が生まれるというのはマンボウがみんなに愛されているからこそですよね!

それに一番上の「まっすぐしか泳げないから岩に直撃して死亡」と言うのはまんざらウソでもないらしく、水流に逆らって泳げないという意味でマンボウはプランクトンに分類されるという説もあるそうですよ!
*生物学的には水中を漂っているのをプランクトン、シャキシャキ泳いでいるのをネクトン、地べたを這ってるのをベントスというそうです。)

                            

体長が3メートルもあるのにプランクトン呼ばわりされるマンボウ、何か深いことを考えていそうで実は流されて生きているマンボウ…
自分もマンボウのように大きな流れに身を任せなんとなく世の中渡っていけますように、と願わずにはいられません

                                 

最後に、この一枚が皆様にひとときの涼をお届けすることを祈りつつ筆を置きたいと思います。
かしこ

                                                                               

20170816_manbo


2015年12月11日

リアル育成ゲーム

        

こんばんわ カワウソです。

 

今回は我が家で飼育しているオオクワガタのお話です。

クワガタといっても1年通して実はいろいろやることがあります。

飼育のサイクルは シュミレーション・飼育系ゲームに通じるところが多々あります。

 

 

■次世代に繋げる作業

春→①オス・メスペアで産卵できる環境をセット
  ②1ヶ月~2ヶ月後 じっくり待って 卵・幼虫を取り出し
   ※卵・幼虫を探して取り出すのが、ドラクエ最上階の宝箱を開けるときの
    感覚に、似てて一番ワクワクする瞬間です!

夏→①幼虫ごとに飼育ビンは購入して またじっくり待つ。
   エサについては3ヶ月ごとに入れ替え、羽化までに1年弱なので
   計3、4回入れ替えます。
    ※ここが一番維持費がかかる

秋~冬(春)→①エサの劣化具合を観察して、場合によって入れ替え
       ②春ぐらいになると蛹化するのでじっくり観察
       ③羽化するのをまたじっくり観察、触らない
       ④外骨格が固まるまで1ヶ月 またじっくり観察
      ※秋~冬 この間が一番手間いらず 見るだけ

■成虫の世話

春~夏→①ペア以外は基本越冬から活動しはじめで
     ゼリーを置くだけ(1~2週間ごとに交換)
    ②夏に猛烈に食べるので数日ごとにゼリーを交換
     ※ここも維持費がかかる
秋~冬→①気温低下とともにゼリー消費が落ちるので維持費が助かる。
     基本15度を下回ると段々と越冬準備に入ります。
    ②真冬になると越冬して出てこなくなります。ラクチンです!

20151211_kuwagata_0220151211_kuwagata_0320151211_kuwagata_04

と、このように世代を繋げることと、成虫・親達の世話を平行して
やらないといけないので、大変です。(実は春・夏だけですけど大変なのは)

 

このサイクルを続けて4年目になります。
オオクワガタの累代も3代目、来年は4代目に突入予定です。

(写真は絶賛越冬中のオオクワ達です、見えませんが)

 

で何が言いたいの?なんですが リアル育成はゲームより地味です、、、・
じっくり待つ・待つ・待つ 観察・観察・観察
でも、世代を繋げることができたときは感激です!

 

実は去年、羽化しすぎて数ペア オオクワガタ 余ってます(^^・
よかったら差し上げますので 連絡お待ちしております~
オス 72mm前後
メス 45mm前後

 

ではでは~


ヘキサブログ ピックアップ



過去の日記はこちら

2017年10月
« 9月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031