ヘキサ日記 Blog

 

2014年5月30日

マイアイテム紹介

        

こんにちは、セキモトです

暑くなってきて朝から体力を消耗している今日この頃です。 会社の目の前が駅ならいいのに・・・

 

今回は普段仕事で使用しているアイテムを紹介してみたいと思います

 

 

Project Paper

http://www.okina.co.jp/products/notebook/pp.html

大きすぎず小さすぎずで、丁度いい「プロジェクトペーパーB5 5ミリ方眼」を愛用しています

破棄する紙の裏を使用してエコロジーなのもいいのですが、無地よりマス目があった方が断然使いやすいです

座標やレイアウトのイメージ図を書く時にとても便利に使えます。

デザイナーさんのように、きれいな線を書けない僕にとっては必需品です

 

 

ジェットストリーム 多機能ペン 4&1 http://www.mpuni.co.jp/products/ballpoint_pens/ballpoint/jetstream2/4_1.html

書きやすくシャープペンも付いているのでとても便利です

3&1でいいのですが本体の色が4&1の方が好きなので、こちらを選んでいます。

用途ごとに色を使い分けて書くと、後から見直した時に分かりやすくなります

基本は黒で書いて、追加等あれば青色、訂正は赤色と書き分ける事が多いですね。

あまり訂正や追加が多くなると、見づらくなるのでその時は新しいプロジェクトペーパーに設計し直しですが・・・

 

 

Cyber Clean

http://www.cyberclean.net/cleaning/en/Products/HomeOffice.html

仕事で使用しているアイテムではないのですが、キーボードの掃除用品として使用しています

プログラマにとってキーボードは商売道具!! 日ごろの手入れは必要ですね

ヘキサドライブでは毎日新人が掃除しているので、社内はとても綺麗ですよ

 

ヘキサドライブでは採用以外にも、会社見学もできるので対象の方は一度見学に来てみてはいかがでしょうか
http://hexadrive.jp/recruit/tour.php
お待ちしております


        

E3まであと2週間切りましたね。近づくにつれて次第に情報も出るようになってきました
今年は当日にどんなサプライズが出るのかとても楽しみですね
こんにちは。ササモンです。

 

E3も当然楽しみなのですが、実はアナログゲーム部では、この時期にもう一つ楽しみがあります。
それは、ドイツゲーム大賞です
ドイツゲーム大賞は5月にノミネートが発表され、6月と7月に大賞が決まります。
なんで2回なの?と思うかもしれませんが、実はドイツゲーム大賞というのは、部門としては3部門存在します。
それは、年間ゲーム大賞、年間キッズゲーム大賞、年間エキスパートゲーム大賞の3つです。
6月にキッズゲーム大賞が、7月に年間ゲーム大賞と年間エキスパートゲーム大賞に決まります。
今年ノミネートされたのは、

 

・年間ゲーム大賞
    キャメルアップ(Camel Up)
    宝石の煌き(Splendor)
    コンセプト(Concept)

 

・年間エキスパートゲーム大賞
    コンコルディア(Concordia)
    イスタンブール(Istanbul)
    ロココの仕立屋(Rokoko)

 

・ゲームキッズ大賞
    リヒャルト・リッターシュラーク(Richard Ritterschlag)
    フリッツ&ミーツ(Flizz & Miez)
    幽霊、幽霊、宝探し(Geister, Geister, Schatzsuchmeister!)

 

となっています。
特に注目しているのはSplendorでしょうか。
知り合いから「入荷したその場で売れてしまうので手に入らない」と言われて一度やってみたいと思っています。
大賞が決まるのは2か月後ですが、それまでに一度くらいはプレイしたいですね

 

アナログゲームもゲームなので、ヘキサでも作るチャンスはきっとあるはず
もし作ることが出来たら、当然ドイツゲーム大賞を目指したいですね

 

それでは。


2014年5月28日

開設!

        

こんにちは、ケイタです。

サッカー好きの僕としては4年ぶりにこの時期がやってきたかとソワソワしています
そう、来月の6月14日にいよいよブラジルでFIFAワールドカップが開催されます
昨日、日本代表が親善試合を行っていたので改めて認識した方が多いかもしれませんね

4年前の日本代表はグループリーグを突破し、ベスト16まで進むという成果を残しましたが、
今回はどんな結果を残してくれるのか非常に楽しみです
ガンバレ、ニッポン

 

さてさて、出来たてほやほやな状態ではありますが、つい先日
ヘキサドライブの公式Facebookページを開設しました

20140528_fbcover

(スクリーンショットのいいね!数が非常にキリの良い数字!)

 

アイコンはもうすっかり皆さんお馴染みグリ&ブラン。
さらにカバー画像には絶賛開発中のダイコン王の野望ッッッン!!となっています。

 

Twitterをはじめ、これからはFacebookでもヘキサドライブについてどんどん発信していく予定です
ブログをご愛読の皆さんも、是非Facebookページのいいね!ボタンを押していって下さいね

それではまた


2014年5月27日

手段は色々ですかね

        

最近、市販のカレーを色々とブレンドして楽しんでおります
ほどんど料理が出来ない身ながらも、パターンを増やしてみようとあれやこれ。
でも、結構美味しかったりしますよ?
こんにちは、ハラです。

 

冒頭のカレーの例は、かなり貧弱ぅな感じですが、
特にダメという訳でもないのに、自分で選択肢を縛った事ってありませんか?

 

私自身、以前はかなりありました(今でもちょこちょこありますけどね)
自分で勝手に、何々してはいけない。何々を使ってはいけない。何々を聞いてはいけない。
なんて、思い込んでいたんですね。
ほろ苦い懐かしさ・・・・

 

もちろん、ルールがしっかりと設定されている時もありますよね。
例えば、学校でテストを受ける際には、筆記用具以外持ち込み禁止ってのが多いですよね。
とはいえ、テストによっては「辞書だけOK」とか「関係資料も持ち込みOK」とか、色々ルールが異なったりします。
(個人的には、学校のテストに慣れ過ぎて、何々してはいけないの悪癖が付いた気がする・・・・・と、脱線でした)

 

さて、何かやろうとしている方々、自分で制限しちゃっていませんか?

 

●聞いたことを忘れないようにメモするためにちょっと待ってもらう(相手が同意してくれるならOKでしょう)
●手書きメモが追いつかないからパソコンで書きたい(使って大丈夫かの確認は忘れず)
●いっそ、ボイスレコーダーなどで全部録音してしまう(参加者への確認は必ずね
●予定を忘れないように手帳に書いとくか(基本ですね)
●自分で見ないとダメなのは辛い。スケジューラーを使って通知して貰う(インストール確認は欲しい所)
●煮詰まった状況を何とかするため、ズバっと質問してみる(煮詰まる前でも良いかもね)
●自分だけでは間に合わないので助力を乞う(崖っぷちに立たされる前にね)
●アイデアが出てこないので参考になるものと探してみる(丸々コピーはダメですよ?)
●自分が解決しようとしている事の前例を探してみる(意外と世界の誰かは同じ問題を抱えてるものです)
●人力で大変なことはパソコンにやらせてみる(プログラマたるものは・・・以下略)

 

とまぁ、割と基本的なことを並べて見ましたが、
より効率的だったり、より確実で安全だったり、といった工夫はもっともっともっとあるものです。

 

時間は有限であっという間です。
良い作品を作るためにも、あの手この手を試みないと、ただでさえ難しい事がもっと難しくなります。

 

出来る範囲で良い作品を作るための工夫をしまくってみて下さい。

 

そんな工夫に長けた人が、ヘキサの門を叩いてくれることをお待ちしております~


2014年5月26日

Let’s Discussion!

        

こんばんは、ソーティです。
昨日の晩は少し蒸し暑かったですね(私だけ?)
徐々に夏が近づいているな~と感じました

 

                 * * *

 

さて、今日は東京開発のちょっと面白いところを紹介したいと思います。

 

なんと、東京開発の柱にはホワイトボードが張り付けてあるのです
ホワイトボードは、各チームの席付近設置されているので
実装に関する議論や、メモ用の掲示板に使われたり、とても活用されています


早速新人たちがアイデアを議論しています

 

ホワイトボードはMTGルームに設置されています。
ブレインストーミングや、図を描いて企画を話し合うのに活用されています

 

 

このホワイトボード、実は引越し前の現場からの声が反映されて、設置されました
ヘキサドライブでは、現場で働く人達がより良い環境で仕事ができるよう、
日々様々な提案や、それを受けての試みが繰り返されています

 

少し前のブログにありましたが、力を発揮するために環境は大事です
より良い環境で仕事がしたい、そしてより良い環境にしていきたい、という方を
ヘキサドライブではお待ちしております
採用情報はこちらをご覧ください!

 

 

おまけ
ホワイトボードに画伯もご満悦の様です


2014年5月23日

レンジャー

        

ようやく花粉からも開放されて
とてもすごし易い気候になってこのまま続いたら良いのにと 思っている、カトウです。

新人社員の皆さんは会社に入って1か月以上過ぎたと思いますが どうですか?
慣れてきましたか?
たくさん怒られて凹んでますか?
報・連・相を適切にして成長してくださいね。

 

話はかわって、最近までiOS6だったのですが、
Lineでフレンドからとあるアプリを誘われてiOS7以上じゃないと 遊べなかったので
一気にアップデートしました。

 

とあるアプリとはLineレンジャー

よくあるタワーデイフェンスだなあと思いながら 最初はプレイしていたのですが、
最近は隙間時間にいつの間にかプレイしてる! というぐらい何気に中毒になってる
自分に気づきました。。。

 

なんでかなあと考えてみました。

 

ゲームが単純、1回のプレイ時間が短く、回数制限なので適度にやめれる(時間で回復)
(ユニット選んで、敵の基地を倒すだけ。)
ステージが進むに連れて歯ごたえが出てくる
(またかなり先までステージがあるのがわかるのでやりごたえがある。)  
こんなの勝てるか!と思うのだが、
負けてもちょっとずつ経験値を  もらえてユニットがそのうちにレベルアップする。
 ログインボーナスがもらえる
(ガチャを引いたり、コインに変えてキャラをレベルアップしたりしています。)  
ロード中にレアキャラの絵が出てくるので、こんなのいるんだと興味をそそる。
フレンドのキャラが助けてくれる。
がしがしユニットを投入して圧倒的な徒党を組んでクリアすると気持ちいい。  
またでっかい敵のキャラをなんとかして倒すのも気持ちいい。  
どうやってクリアしようかと考えるのも楽しい。

 

どのアプリにもあるような内容かもしれないですが
ユーザーが離れて行かない仕組みをちゃんと考えて ゲームデザインしないとですね。

 

と言ってるけど、未だに課金はしてないですが。。


        

今期は、面白いアニメが多くて最高ですね。
お勧めは、「それでも世界は美しい 」です。
お久しぶりです、アニメの消化が間に合わないうっきーです。

 

今日は、VisualStudioの小ネタを紹介しようと思います。
ゲームプログラムをしていると、自分でカスタムしたコンテナを作りたくなりますよね。
その中でもリスト構造やmapのようなツリー構造を自作するとデバックがつらい時がありますよね。

 

そんなあなたに紹介するのは、「カスタムビュー」です。
良くあるリスト構造を作ってデバックしづらい状態です

20140522_before

 

まず、構造の定義ファイルを作ります

20140522_custom

 

MyDocument\Documents\Visual Studio 2012\Visualizersにコピーして起動すると以下のようにできる優れものです。

20140522_after

 

 

細かい説明は、カスタムビュー説明を見てもらえればと思います。

また、今回紹介したのはVS2012での方法ですが、それ以前のものはautoexp.datで調べると同じことができます。

 

それでは、またの機会まで。
See You Next Time!


        

こんにちは
チャラメガネです

 

今年、2014年ももう5月
ついこの間お餅をついていた気がするのですが、
時間がたつのはずいぶんと早いものです

 

さて、2014年は「ウェアラブルデバイス元年」と呼ばれています

 

しかし、実際ウェアラブルデバイスについて
話がふられると多くの方がこう思うのではありませんでしょうか

 

「あぁ、あの腕につけるスマホみたいなやつでしょ?
「ゴテゴテしてて私はちょっと…
「私服だと浮いちゃいそう…

 

ご心配ありません
そんな皆様にオススメの

 

ちょっとお洒落?一歩進んだファッションを
期待のウェアラブルデバイス

 

私のグッときたデバイスを

3つ発表していきます

 


 

 GoogleGlass

 

チャラメガネが語らずして誰が語る
ウェアラブルデバイスを世に知らしめた仕掛け人

 

メガネにコンピューターを仕込むという、SFライクな発想から生まれたこのガジェットは
音声認識、翻訳機能、道案内やカメラ、生活に役立つ数々の機能を備えていながら
見た目もスマート、着けているだけで、一目置かれる存在になること間違いなし

 

その雰囲気はさながらドラ●ンボールのス●ウターのようですね
戦闘力を図るような社会ではないので、例えば私なら

 

「ふふふ、私のプログラミングスキルは53万です
「な、なにぃ

 

とかできたらいいなぁと思っています

 

 

 Predictables

 

一見スポーティなシリコンブレスしかし、一度スイッチを入れれば
ユーザーの未来を予測し、情報提供する”パーソナル・アシスタント”となります

 

このデバイスの面白いところは、
手のひらがスクリーンになる
ということです。

 

スクリーンがあっても手のひらなら、目立ちしませんし、
コンパクトで持ち運びも楽々です

 

※残念ながらまだ試作段階だそうです。実用化されることに期待ですね

 

 

Ring

Kickstarterの紹介ページはこちら
※期間は終了している模様です。 

 

それはさながら魔法の指輪
“Shortcut Everything”というテーマで制作されているこのデバイスは

 

触れずしてTVをつける。
触れずしてカーテンを開ける。
握手をすれば、名刺が交換される。

 

など、文字通り、指先1つで、日常の行動をショートカットできるのです

 

指輪型なので目立たず、しかもスマートでかっこいい
私は一目惚れして、すぐにプレオーダーしてしまいました…。

 


 

さて、紹介したデバイスはどれも
小さなアイディアが、その商品を際立たせる強烈な特徴となっています。

 

ゲーム作りでもアイディアのエッセンス次第で、
とても良いゲームが出来上がるのではないかと思います

私も良いアイディアを産み出すため、精進せねば

 

以上、チャラメガネでした~


2014年5月20日

職場環境は大事です

        

こんにちは

 

最近はぽかぽか暖かくなってきて、お散歩なんかをしたくなる気候になってきましたね

そのうちどこかの公園で緑の香りを堪能したい、シライワンです

 

さて、私は学生の時良く、テスト前に机の上を突然片付けてしまうタイプだったのですが、皆さんはいかがでしょうか

意外とテスト前に机の上を片づけてしまう人は多く、あるあるーみたいな空気になるのではないかなぁと思います

 

あれは現実逃避だとか、自分のための言い訳(あの時掃除をしなければ大丈夫だった)だとか諸説あるようですが、私は声を大にして言いたい

 

環境整備のため

 

であると

 

先日シュンスケが日記で相棒を紹介していましたが、私は道具よりもデスクの上を気にするタイプです

道具もさることながら、自分の仕事をするデスクの環境を整えるというのも大事なことだと思っています

 

↓ちなみに私のデスクはいつもこのような感じにセッティングされています↓

20140520_own

 

うむ、美しい

 

自分の周りに何かあると個人的には集中を乱されてしまうので、なるべく机の上にはなにも置かないというのが自分のスタイルです

常にベストな環境に身を置いて作業することで、より良いゲームを世に出していきたいと思います

 

以上、シライワンでした

 


2014年5月19日

妄想は大事です

        

こんばんは。

 

「エスカ&ロジーのアトリエ」がアニメ放送されていますが、
それを見ていると、アトリエシリーズのゲームがやりたくてやりたくて…
どれをやろうか必死に情報集めつつ悩み中のイノウエです。

 

メディアミックスの相乗効果は、やはりすごいですね!
いつか、ダイコン王もアニメに…

 

 

と、いうことで、
ダイコン王のアニメの絵コンテでも描こうかなと思いましたが、
あまりの下手さに各所から大ブーイングが飛んできそうなので自重しつつ…

 

ゲーム内のとあるワンシーンの妄想を披露しておこうと思います

 

※開発チームには一切確認を取っていない、個人の妄想です。
 実際の製品とは異なる場合があります。

 

====================
ダイコン王は、とある理由で大臣と仲たがいしている最中
大臣は、城から出ていってしまっている

 

明日は、宿敵との決戦

 

負けられない戦いに、大臣抜きでは苦戦必至…

 

朝まで待ってみたが、やはり大臣は帰ってこない

 

「仕方がないヨコ。出陣ヨコッ!」

 

ダイコン王は決意し、戦地に赴く・・・

 

 

(という流れから通常のゲームがスタート!
 しばらくプレイヤーが戦います)

 

「くっ・・強いヨコ・・・!」

 

やはり、苦戦を強いられるダイコン王の軍勢…

 

(これは負ける…という所で、場面転換)

 

(ここから先は、超絶ハイクオリティな3Dデモシーンに突入)

 

崖っぷちに立たされるダイコン王

 

にじり寄る宿敵

 

額から流れる汗

 

足元の一部が崩れて崖に落ちる…これ以上は下がれない

 

そこで一気に距離を詰めに来た宿敵!
ダイコン王に切りかかる!

 

その時!ダイコン王の前に影が…

 

「私を…お使いくださいませっ!!」

 

なんと!そこには敵の攻撃を防いだ大臣がっ!

 

 

(ここで場面転換。いつものゲームシーンに戻る)

 

(画面下には、使用可能になった大臣の姿が!)

 

(プレイヤーは、大臣を配置する!)

 

「いざ出陣ですぞっ!!」

 

押されていた場面を、大臣を中心とした陣形で押し返す!

 

「大臣・・・ありがとうヨコ・・」

 

====================

 

 

あ、長いしよくある流れなので、この辺で自重します

 

超絶ハイクオリティの3Dデモシーンとか、ヘキサならではですねっ

 

 

※開発チームには一切確認を取っていない、個人の妄想です。
 実際の製品とは異なる場合があります。


ヘキサブログ ピックアップ



過去の日記はこちら

2014年5月
« 4月   6月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031