ヘキサ日記 Blog

 

2014年7月31日

新人育成のこと

        

はじめての方も、そうでない方もこんにちは。

去年の夏の推し妖はワルニャン

今年の夏の推し妖はズキュキュン太のハットリです。

 

皆さんゲームは遊んでますか?

開発部では新人プランナー育成の一環として 、古今東西のコンピューターゲームをプレイしています。

基本は一週間で、進んだ所までをレポート化。

それらを持ち寄りレビューします。

 

コンセプトやシステムのポイントなどの考察をするのが主旨なのですが

面白かったのがファミコンDisk版 メトロイドのレビューの時。

 

最新のゲームデザインと膨大なゲームの情報を持つ新人たち。

前週にプレイしたケロブラスターは華麗に攻略。

メトロイドもサクッと攻略してくれると予想していました。

 

で、レビューの日。

 

「スタート画面のすぐ左にある丸くなるアイテム(丸まり)に気づかず

しばらく立ち往生しました」

「弧を描いてくる敵に当たりまくって、すぐ死んで大変でした

Eタンクを見つけたときマジ嬉しかったです」

 「爆弾を手に入れたら気持ちよくて、そこら中に仕掛けてました」

「敵はジャンプで全てよけて、ビームは扉を開けてました」

「え、ボスっているんですか?」

 

・・・ん、なにげに当時の自分たちのプレイをトレースしてないか

 

攻略情報を制限していたのもありますが、当時の自分たちより

むしろ攻略に苦労していたようです。

 

 

まあ・・・分かってました。

Disk版メトロイドを普通に遊ぶには、スーパーマリオや ゼルダの伝説の

文脈が必要な事を

 

新人たちにはゲームを遊ぶとき、それ単体を見るのではなく

流れの一つとして遊んで欲しいと思っています。

そうする事でゲームを【大きな仕組み】として捉える事ができ

「次に打つ手」の予想もしやすくなるでしょう。

 

また

8bit世代ゲーム →面白くない

最新ハードゲーム→面白い

ではなく

8bit世代ゲーム →ソリッド

最新ハードゲーム→デコラティブ

と捉えるようにも伝えています。

 

ちなみに最近は伝説のオウガバトルをプレイしました。

 

「カオスフレームがいつの間にか0になってます」

「都市を救出するとブーブー言われます」

「要はAliのコントロールなので、率先して敵を倒す壁をボスの所に

突っ込ませればいいんですよね。そいつが悪者になって」

「冒頭のウォーレンのタロット演出が格好いいすよね!」

 

・・・ん、なにげに当時の自分たちのプレイをトレースしてないか

 

ではまた。

 


        

こんにちは、セキモトです!!

 

この暑い中、運動不足解消の為に電車を一駅手前で降りて通勤しています
多少は体重が軽くなっている・・・ハズ
みなさんも水分補給しながら歩きましょう

 

さて、今月も金欠ですが、ゲームを2本購入しました。
本当は「マリオカート8」1本の予定だったんですが、気になるゲームが目に入ったのです

 

New ヨッシーアイランド

http://www.nintendo.co.jp/3ds/ataj/index.html

 

 たまには、のんびりしたゲームもプレイしないとねって事で久々に3DSを起動して遊んでいます

(実は、ヨッシーアイランドは初プレイ・・・

 

ゲームの内容は横スクロール型アクションゲームで、ジャンプしたりたまごを投げたりと、
難しい操作は特になく小さな子供でも十分に遊べます。

 

マリオほどのスピード感はないですが、アクションの楽しさは健在です

 

なんと今作では6種類の乗り物に変身する事ができます。
http://www.nintendo.co.jp/3ds/ataj/transform/

 

寝ながらプレイしている事が多いので、

ジャイロを使った乗り物は思うように操作できませんが・・・

 

ゲーム中にアイテム収集の要素もあり、コンプ癖のある人は何度も遊べちゃいますね。

アクションゲームが苦手な方や、のんびりとゲームを楽しみたい方にお勧めです

 

最近ゲーム機はスマホに押され気味なところもありますが、

ゲーム機ならではの良作な作品をどんどん作っていきたいものです

 

ヘキサドライブでは一緒にゲームを作っていく方を募集中です
http://hexadrive.jp/recruit/

お待ちしております。

 


2014年7月29日

CamelUp

        

暑い日が続きますね。ササモンです。
8月はちょっと困ったことになりました。
それは、8/21にディアブロ III リーパー オブ ソウルズ アルティメット イービル エディションが、8/28にはセイクリッド3が出ます。
2週連続でハクスラが出るなんて、どっちを先にやればいいのか迷いますね

 

さて、前回のブログでは、ドイツゲーム大賞のノミネートをご紹介しました。
そのときは、Splendorという予想で書きましたが、実際のところはCamelUpでしたね

 

CamelUpは、ラクダのレースのゲームです。今回はこのゲームをご紹介します。
特徴となるのは、中央に置かれたちょっと大きめのピラミッドです。
このちょっと大きめのピラミッドにダイスを入れて、それを逆さまにしてダイスを1つづつ取り出すというギミックになっています。

 

ゲーム中にプレイヤーが出来る行動は4つです。
・ダイスを振ってラクダを進める。
・レグタイルを取得する。
・砂漠タイルを置く。
・レース全体の予想をする。

 

プレイヤーに予め割り振られたラクダというものはありません。
どのラクダが勝ったところで影響はなく、そのラクダに賭けているかどうかが問題となります。
ラクダは5色あり、それぞれに対応したダイスが1つづつあります。
これを先ほどのピラミッドを使い1つづつ取り出しますが、ダイスはこの時点ではピラミッドに戻しません。

 

全部のラクダが1回移動した時点で1回のレグが終わり得点計算をします。このあとにダイスがピラミッドに戻ります。面白いのは、ラクダが同じマス目に止まった時は止まっているラクダの上に載ることが出来ます。その後に下のラクダが進むと一緒に上に載っているものも進みます。
そんなに頻繁に載るのか?という疑問もありますが、ダイスの目が1~3ですので結構乗っかります。
これを何回か行い、いずれかのラクダがゴールした時点で終了となります。

 

レグの予想の方は、レグタイルを取得することで行います。
各色のラクダに3枚ずつのタイルが存在していてそれぞれ5,3,2ポンド割り振られています。
最初に予想した人は5のタイル、次の人は3、最後は2のタイルというように最初に取った方が得点が大きく有利になります
ただし、予想したラクダが3位以下の場合は1枚につき1ポンド支払わなければなりません。早く取ることにもリスクがあるということですね。

 

全体の予想の方は1位かビリを予想します。当然早い順にもらえる金額が大きくなります。
予想が外れると1ポンド支払わなければいけません。

 

砂漠カードは、ラクダを1マス勧めたり戻したりすることが出来ます。
このカードをどこかのマス目に設置しておくことで、そこに止まったラクダに影響することが出来ます。

 

このゲームは、ラクダの順位が予想しづらいところが面白い点ですね。
予想が出来た時点でタイルが残っていればいいですが、残っていなければ…。

 

こんな感じのゲームなのですが面白さは伝わったでしょうか?
やってみなければ判らない?それはもう興味が出たということですね。
興味が出たら一度やってみてくださいね。
それでは。


2014年7月28日

Notification

        

こんにちは、ケイタです

 

僕が4年間楽しみにしていたW杯はドイツの優勝で幕を閉じました
全試合は流石に見られませんでしたが、今回は半分くらいの試合は見られたので非常に満足しています。
W杯は終わってしまいましたが、中断期間を終えて先日からJリーグが再開されたので、熱い試合を楽しみに暑い夏を過ごしています

 

さて、しばらく前のブログで自分達の使っている道具を紹介する流れがあったので、
今回は僕の相棒も紹介したいと思います。

それがこちら

20140728_disable

 

一見、ただの箱に見えると思います。
何の機能を持つデバイスなのかと言えば、このデバイスをUSBケーブルでパソコンと繋いでパソコンから信号を送ると、中のLEDライトが光るという機能を持っています
20140728_enable

(光るとこのようになります)

 

「え、それだけ?」と思うかもしれませんが、本当にそれだけです。
このデバイスの本来の用途としては、メールを受信した時に光ってメールが来たというのを知らせるものです

 

それを知って、こんな風に閃きました。

「メール受信の通知が出来るということは、任意のタイミングで信号さえ送ってやれば自分でも同じように光らせられるのではないか?」

というのも、メールに限らず、開発中は何かの通知を受け取りたい場合というのが少なくありません。

 

例えば、
・プロジェクトのコンパイルエラーが起きた時、修正された時。
・アセットのコンバートに失敗した時、終了した時。
・グループチャットに新着発言があった時、自分にメッセージが飛んできた時。
など、様々なケースが考えられます。
加えて、開発中はディスプレイの画面いっぱいに開発画面が映っていることも多く、デフォルトの通知機能だけではすぐに気付きにくいというのが個人的な悩みでした

 

その悩みを解消すべく、このデバイスを操作するためのプログラムを書いて運用しています。
今回は、WindowsDriverKitのサンプルがほぼそのままで使えたのが幸いでした
なお、もっと高機能でAPIも用意されているパトライトという製品もありますが、値が張ってしまうので断念しました

 

特に今回に限った話ではなく、より良い環境やモノを作るためには、

 

現状では問題点があったり不便なところがある。

他の既存のものを参考にしたり使えたりしないか調べてみる。

どうしても目的にマッチしていなければ、作れないか検討してみる。

 

といったフローを辿るのが大事ではないかなと考えています

 

特に就職活動中の学生さん達は様々な種類や高さの壁にぶつかると思いますが、
その状況を嘆くだけではなく「じゃあ壁を登ったり壊すためには何が出来るだろうか?」というのを考えてみて下さいね

 

それではまた


        

今日の最高気温は35度を超える真夏日になるでしょう
そんな天気予報を聞いていたら、夏休みのイベントの話題が続きました
もう夏休みですなぁ・・・。こんにちは、ハラです。

 

ふと学生時代を思い起こすと何をしていたかな・・・・

 

プログラマーとしてゲーム会社で働きたかったので、プログラムの勉強はしていました
非常に未熟だったので、昔のゲームを出してきて、このゲームと同じ動きが出来るように・・とプログラムを試したりしてましたね

 

とはいえ、幼稚園の時代からコンピューターゲームを遊んでいたゲーム好き。
ゲームを遊ばない訳がありません
空調の無い真夏の部屋だとて、パソコンの熱を出しまくりながらゲームしてました
猛暑の中でゲームを遊び過ぎて体調を崩すでも休んだらやっぱり遊び始める
涼しい時間帯は、またプログラムに戻る
なんていう夏休みを過ごした年がありましたねぇ・・・

 

その甲斐があったかは分かりませんが、
今はゲーム開発に従事させて頂いております

 

さて、そんな私の過去を真似て頂こうとは、まーったく思わないのですが、
ヘキサドライブから提案をさせて頂きます。

 

この夏、『1dayセミナー&ワークショップ』を開催させて頂きます。
詳細とエントリー方法は、のリンク先を確認して下さい。

ヘキサドライブ 1dayセミナー&ワークショップ
尚、開催は東京のみとなりますので、ご注意ください。

 

ゲーム開発に興味があるみなさん、この夏に新たなチャレンジをしてみてはどうでしょう?
普段の生活では得られない何かを見つけられると思いますよ。


2014年7月24日

1次元と2次元と…

        

ども!ソーティです

 

昨日は定時を過ぎたまったりムードの中、先輩を誘ってアナログゲームをプレイしました。
今日のブログでは、その時に遊んだ「PIX」というボードゲームを紹介します

 

* * * *

 

「テレストレーション」や「エセ芸術家ニューヨークへ行く」など、
アナログゲームの中にはお絵かきを題材にしたゲームがあります

 

「PIX」もそういったゲームの1つ…ではあるのですが、
このゲームではペンを使って線を書く事ができません

 

では線も無しにどうやって絵を書くのか
そう、PIXで書くのは、『ドット絵』なのです。

 20140724_pix0

上の写真の通り9×9マスのボードと、黒色ピクセル20つ・赤ピクセル1つ・くの字1つ。
これらを使ってドット絵を作ります。

 

 

ファミリーコンピュータのマリオブラザーズで、マリオは16×16のドットで表現されていたそうです
それを考えると、9×9で絵を作ることの難しさが想像してもらえるのではないでしょうか

 

 

更にこれはゲーム、ドット絵を作って終わりではありません
このゲームでは1つのお題を見て2人がドット絵を作ります。
それを他のプレイヤーに見てもらって制限時間内にお題を当ててもらえれば、

絵を書いた人・当てた人に点数が入るというルールです

 

この時絵を最初にオープンする権利があるのは、「使用したピクセル数が少ない人」なのです
赤いピクセルやくの字は、黒色のピクセルよりも多めにカウントされるので、
先に被回答権が欲しいならば、1色でお題を表す必要があるのです

 

ただでさえ難しいところに更に別の制約を入れてくるとは…いやはや

わかりやすい絵を作ること、ピクセル数を減らすこと、相反した要件がジレンマになって悩ましいです

 

 

そんなPIXで実際に作られたドット絵をいくつか用意しました。
みなさんも、お題が何か考えてみてください

 

---

まず第

20140724_pix1

 

 

 

正解は・・・「ワニ」
赤いドットが目で、くの字が牙ですね。

 

 

問。

以下の2枚は同じお題を元に作成されています。

20140724_pix2

 

 

 

 

正解は…「三輪車」
確かに右側にはタイヤが3つある…? 矢印はハンドルとのこと。

 

---

 

実際に遊んでみてもらうと、ドットで絵を表現することの難しさと楽しさがわかると思います
皆さんも是非このPIXを遊んで、かつてのゲームのドットたちに思いを馳せてみてはいかがでしょうか?

 


2014年7月23日

精進あるのみ!

        

暑くなって来ましたね~。
関東はまもなく梅雨明けだそうなので納得です。

実は 今日7月23日は母親と妹の誕生日だったりする、、、カトウです。

と書いてる最中に、弊社のボードゲーム部部長に「ボードゲームやりませんか?」

とお誘いがあったのでちょっと失礼・・・・  疲れた頭をリフレッシュ
(どんなボードゲームで遊んでいたかは明日紹介してくれるでしょう。)

・ ・ ・

さてさて新入社員の人たちは4月から入って来て ヵ月が過ぎようとしていますが

○仕事に慣れてきて、いろいろタスクを積まれている人
○逆に慣れてきてしまってだらけてきてしまってる人
○入社してみたけど、、いろいろやる事があって疲弊している人
○なにもかもが新鮮でどんどん吸収してやるぜ~と目が生き生きしている人

いろんな人が居ると思いますが ここで一回振り返って見ませんか?

どうしてこの仕事を選んだのか?
自分の夢は?

新人なんだからわからなくてあたりまえ、
どんどん質問して、一つずつこなしていけばいいんだよ。

仕事がしんどかったら先輩にそう言ったらいいんだよ。
精神的につらい時もあるでしょう。。
体力的につらい時もあるでしょう。。
理不尽な事もあるでしょう。。

そんな時は定時で帰ってリフレッシュしたり、
スポーツで汗を流したり
同期とご飯行ったり

皆最初は新人、、誰もが通ってきた道なのです。

僕はプログラマーで入社しましたが、

前の会社では

始業時間の9時までに

・部署の掃除、
・アーケード部門だったので筐体の掃除

9時になったらコーヒーを作り この先輩は砂糖が何杯とか、、

15時になったらまた先輩1人ずつにコーヒーを入れ

おい、バグチェック変わってくれやと、1日バグチェックをしたり。。
(徹夜でバグチェックもありましたね。。 )
工場にROMを持って行ってくれやと雑用をいろいろやったり。。
1日データ変換ばかりやったり。。

でもでも、憧れのゲームが目の前で動いていて、 先輩たちが、裏ワザを教えてくれたり、、お昼時間に対戦したり、1つのキャラを任せてもらえたり

プロの開発の仕方を目のあたりにして
なるほど、こうやって動いてるんだと頭にインプットして

家のPCで同じように動かしてみたりしてワクワクしてました。

か月頑張れば年頑張れる、年頑張れば年頑張れる という感じで
年間は耐える期間だったような気がします。

参考になるかわかりませんが、
最近読んだ下記の本が良かったので 良かったら読んでみてください。

20140723

一緒に頑張りましょう~。


        

最近、引っ越しの手配でドタバタして、新アニメを全然見れていない、うっきーです。
制作スタッフ的に、「アルドノア・ゼロ」が面白くなるんだろうなぁーと予想しています。

 

今回、日記のタイトルにある通りスピードを意識している人に有用かもしれない書籍の紹介です。
紹介する書籍は、「ハッカーのたのしみ―本物のプログラマはいかにして問題を解くか」です。

 20140722_book

 

この書籍は、主にビット演算回りのテクニックを色々紹介しています。
アロケータなど頻繁に呼ばれる物には、ビット操作を使って高速に実装することが多いと思うので、興味がある方は読んでみてください。
使えそうな処理は、インラインでutil関数として実装すれば可読性を損なわず、高速な処理を実現できると思います。

 

See you!


        

こんにちは
チャラメガネです

 

まだまだ梅雨の明けないこの季節
でも気候はもう夏そのもの
暑いです

 

しかし灼熱の太陽に負けんと
チャラメガネの熱いクリエイター魂も燃え盛っております

 

 

なぜこんなにも燃えるのか
なぜこんなにも熱いのかぁ

 

 

実は私、このクリエイター魂を研ぎ澄ますため、
ある趣味を始めたのです

 

 

それが、「ドラマや映画のエキストラ参加」です

 

 

畑は違えど同じエンターテインメント業界
得られるものはきっとあるはず

 

というわけで、私がこれまでエキストラ参加で
得られたもの、感じたことについて書いていきます

 

 

 


 

互いに協力して作る

私が最も興味を持った点は「スタッフ同士のチームワーク」です

 

私が参加したとあるロケでは200人を越えるエキストラの方々がいました
撮影を円滑に進めるため、エキストラ担当者の方のみならず、
スタッフの方々全員で協力し合い、この大人数を取りまとめていました

 

ゲーム会社でも同じで、各分野の専門家同士が手を取り合い、
互いをフォローしながらゲームを作っています
時には難しい問題にぶつかっても、他のスタッフからのアドバイスで
あっさり解決することだってあるのです

 

 影の立役者

撮影スタッフの方々は多くの場合、カメラには写りません
声だって入りません
しかし、輝いていました
監督さんはもちろん、カメラマンさん、メイクさん、衣装さん…etc.
良い映画を作るため、皆一切手を抜きません
カメラに映る役者さんを輝かせるためのメイク、衣装
少しでも見栄えを良くするための数ミリ単位でのカメラの調整
臨場感を出すための、録音専用のカットなんかもありました
スタッフの方々は映画作りを楽しみ、妥協せず撮影に挑んでいました

 

モチベーションはとても大切です。
疲れた顔でゲームを作っていては、面白いものなんて作れない
楽しいゲームを作るため、私も楽しんでゲーム作りに挑まねば

 

 友達が増える

エキストラというのは大抵、複数人が参加しています。
私は、「某特撮作品」「某実写化映画作品」「某実写化映画作品(しかも3泊4日のツアー)」等、
いくつかのロケに参加してきましたが、新しい友人が何人も出来ました
特にエキストラには様々な職種の方がいるので
新しい知識、自分の知らない視点を得るチャンスにもなります

 

エキストラに限りませんが、
新しい人との出会いが、自分の成長を促すのは間違いないです


 

これまでのエキストラ参加で私は多くのものが得られました
ここで得られたものは、しっかりゲームに活かして、
ユーザーの皆様に届けてまいります

 

以上チャラメガネでした~


        

もう気候は完全に夏といった感じですが、皆さんいかがお過ごしでしょうか

私は最近あまりに暑く、夜が寝苦しくて眠れません

 

どうも、シライワン改めユッキーです

ブログでシライワンという名前を使っていましたが、

誰もそんな名前で呼んでくれていないので、最近新たにつけられたあだ名に改名しました

 

さて、先日シュンスケが格ゲーが流行っているというネタでブログを書いていましたが、

私も格ゲー大好きな一人なのです

 

私の場合は学生の頃から寝る間を惜しんで夜通し格ゲーをやっていたので、

割と格ゲー歴は長いです

普段東京開発で格闘ゲームをやっている面々の中では勝率トップを誇っています

 

今まではゲーセンにいって格ゲーをやるというのが主だったのですが、最近は

 

ヘキサ東京格ゲー部(自称)

 

なるものを立ち上げ、社内でゲームをするようになりました

仕事が終わった後に、皆でアーケードコントローラーを持っていそいそとミーティングルームに行って格ゲーをしています

 

ヘキサ東京格ゲー部の中には少し前まで格ゲーを全くやったことがなく、

 

「スティック触ったことないよ?コンボ?ジャンプキャンセル?なにそれ?」

 

というような初心者の人もいましたが、格ゲー経験者の手厚いフォローによりゲーセンで普通に戦って勝利をつかめるまでに成長しています

折角やるからには皆で楽しみたい、強くなりたいという意思の元、遊びにも全力で取り組んでいます

 

格ゲーをしていると「ここがもっとこうだったら面白いかも?」とアイデアが浮かぶことだってあるのです

そういった思いつきはやはり実際にやってみないと出てこないものだったりするんですよね

 

仕事もするけど、遊びも忘れない

メリハリをつけて今後もより良いゲーム作りをしていきたいと思うユッキーでした


ヘキサブログ ピックアップ



過去の日記はこちら

2014年7月
« 6月   8月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031