ヘキサ日記 Blog

 

        

プラモ部なんてのがあるなら言って下さいよ!

早速プラモ部大阪支部(仮)で活動開始を決意したとがっしーです。

 

大阪開発でも机にプラモを飾ってる人はそこそこいたりします。

(ガンプラに限らず戦闘機とかもあったり)

とがっしーの机にもちょこちょこ飾られてます。

desk

とがっしーのプラモの腕前は、全塗装、チッピング程度なので、

折角ブログでやりますし、会社ブログですし、(ブログネタの回数も稼げますし)

ちょっとやる気を出して、今までやらなかったことに挑戦してみようと思います!

なので少しは改造やスクラッチもやっていこうかと思います!

 

では第一回はちょっとだけプランナーらしくネタ出しです。

会社ブログですし、ヘキサ要素のあるガンプラに仕上げたいところ。 なので、

 ・ヘキサ(6)の要素を入れる

 ・オレンジ系カラーでまとめる

この辺りは欠かせないところですね!

 

というわけで・・・ 

 ・六角要素として六角ナットとかいっぱいつけますか

 ・お、このガトリングガンとか丁度銃口の数が6じゃん

 ・6連ミサイルランチャーとかも付けとくか・・・

 ・そういえばグレイズの盾とか六角形っぽいし、

  ⇒てかグレイズ何かと六角形っぽいじゃん。改になると目も六角形だし!

   (丁度地元のジョーシンで流星号が特化セールしてたし)

    ⇒じゃあグレイズを重武装化してオレンジ系カラーで仕上げる感じにしちゃいましょう!

 ・名付けて「ヘキサグレイズ【グレイズ改・陸(ろく)】」

  ⇒なんか普通すぎるからグレイズアインに習ってドイツ語にしちゃおう

   ⇒6はドイツ語で・・・schecs(ゼクス)・・・!?流石ドイツ語だぜ・・・

    ⇒「グレイズゼクス(GRAZE.SCHECS)」・・・いかす!決定!

 

随分適当に方向性を決めちゃった気がします。

Q.いいのかプランナー。

A.いいんです。ガンプラは自由ですから。

 

では次に機体設定を考えて行きましょう。

 ・オレンジ色ってことはきっと試作機でしょう。  

  (オレンジ=試作機って風潮はどこで定着したのか気になって軽く調べたところ、二次大戦時の

   日本軍まで遡るみたいですね。ヤクザっぽいテイワズにピッタリの色彩かも!?)

 ・ガトリングガン、6連ミサイルランチャーとかめっちゃ重武装ですね。

 ・きっとMSの数に限りのある組織で、単機で運用できる火力の底上げ計画が立案されたのでしょう。

 ・そういえば鉄血には対艦戦闘特化のMSいなかったような・・・?

 

というわけで「MSの対艦戦闘力検証のため、テイワズによって改造された流星号」という設定にしちゃいましょう。

こちらも随分適当に決めちゃった気がしますが、

いいんです。ガンプラは自由ですから。

 

そんな感じで適当にミキングビルド!その途中経過がこちら!

graze-schecs

まだ途中で、未塗装とは言え・・・うーん・・・明らかにバランスが悪いですね・・・

これは色々と修正&調整していく必要がありそうです。

ちなみに画像編集ソフトでやっつけ修正したらこんな感じ。

graze-schecs2

まだ絶望するには早い!

という感じで、次回『第二回グレイズゼクスを作る!』本格的に制作に入っていこうと思います!

乞うご期待!


2016年9月29日

iOSの便利な機能

        

こんにちは!
大阪プログラマーのハッピーです。

 

さて、唐突にですが、
iPhoneユーザーの皆さんiOSの便利な機能利用していますか??

 

今回は私が最近知って便利だなと感じたiPhoneの機能について紹介したいと思います

 

 時計アプリ
 実はこのアプリのタイマーを利用するとTV等の機能にある「オフタイマー」が出来るのです!
 私は寝る際にiPhoneから音楽を流しながら寝るのですが大抵朝のアラームが鳴るまで音楽流しっぱなしです…
 バッテリーもったいないですよね…
 
 そんな時にこの時計アプリです!!!
 
 時計アプリのタイマーを開き、
 タイマー終了時の着信音を選ぶ際に一番下にある「再生停止」を選択してタイマー開始をするだけです
 
 これだけで音楽や動画を停止させることが出来て、
 私の睡眠時のバッテリー消費を大幅に少なくすることが出来るのです
 (聞かなければいいのでは…
 
 ネックなのは1つしか設定出来ない事ですね
 アラームの様に複数設定や曜日設定等があればより便利だなと感じています!

 

 AssistiveTouch(アシスティブタッチ)
 これは使っていない人の方が多いのではないでしょうか
 この機能はiOS6くらいから出ている機能なのですが、私は最近までこの機能の存在を知りませんでした。
 
 簡単に説明すると色々な動作をタッチ1つで行えるようにする機能です
 (マクロのような物ですね!)
 
 (※設定方法はネットにゴロゴロ転がっているので説明は省きます)
 
 最近知り合いの古いiPhoneのホームボタンが効かなくなって
 どうにかできないかという事で調べたらこの機能がヒットしました!
 
 説明の中にあった色々な動作というのはホームボタンを使った動作も含まれているので
 ホームボタンの代わりに利用する事が出来ました
 
 さらにカスタムジェスチャーも用意されていて動作を登録することも出来ます。
 画面上で同じ操作を繰り返す場合、ジェスチャーを登録しておくことで
 うまくすればタッチ1つでその操作を完結させることが出来ます!
 
 ゲームアプリでの利用者もいるみたいですね

 

 Siri
 Siriが登場して5年くらい経過していますが
 私は全然使っていませんでした。
 Siriに話しかければWeb検索が出来たりアプリ起動が出来るだけだと思ってたからです。
 さらに勝手にSiriが起動して音が鳴ってしまう事から
 「この機能なくてもいいのに..」とも思っていました。
 
 しかし、iOS8から「Hey Siri!」と声を掛ければSiriが起動するようになり
 iPhone6s以降では電源に接続されていなくても起動するようになりました
 
 部屋でiPhoneを失くした時、「Hey Siri! どこにいるの?」と声を掛ければ見つかります。
 料理で手が離せない時、「Hey Siri! 3分タイマー!」と声を掛ければ時間を計ってくれます。
 マップアプリでナビゲーションしている時、「Hey Siri! 後何分で到着する?」と声を掛ければ答えてくれます。
 寂しい時、「Hey Siri! 歌って」と声を掛ければ歌ってくれます。
 
 こういった色々な機能が利用できるわけですが、
 音声認識という面でも良くなってきていると思います
 
 最近まではフリックで入力をしていたのですが、
 Siriでの入力もミスが少なくなってきているように感じます
 確実にフリックより声に出す方が速いので”家に居るときだけ” たまにSiriで入力しています。
 
 使ってみると意外に便利で最近よく利用しています

 

 

日ごろ触っている物でも知らなかった機能や使い方が意外とありますよね

 

最近リリースされたiOS10でも様々な機能が追加されているので
そろそろ私のiPhoneもアップデートして使い心地を試してみようかな~

 

では!


        

お久しぶりです
もっちです

 

前回のブログで描いた絵ですが、
色々な事情が重なり、まだ完成はできませんでした。
また機会があれば載せますので、宜しくお願い致します

 

今回はグリとブランを合体進化させたようなキャラクターを描いてみました。
もちろん、非公式です

 

キャラクターの立ち絵から描いていくのが順番だと思いますが、
今回は楽しく描くを目的に一枚絵を描いてみました。
そのメイキングを紹介していきたいと思います

 

今回作業に使うツールはPhotoshopです!

 

何を描くかを決めます。
グリとブランを合体進化させたようなキャラクターが書きたかったので、
まずはキャラクターの簡単な設定を決めました。

  • 銀色の虎
  • 元気な性格
  • グリとブランの羽がかかれているスカジャンを着ている

 

そこから、絵に入れたい要素を決めます。

  • 動きがある絵→スケートボードに乗せたい!
  • 空が広い絵を描きたい→下から上を向く構図にしよう!

ある程度何を描くか決まった、と思ったら絵を描いていきます!

 

ラフを描きます。
ラフは500px*500px位の小さいキャンバスに描いていきます。
160928_00

 

ざっくり背景の色を塗ります
ラフが終わったらイメージサイズを必要なぐらい大きくし、
キャラクターが立っている世界の色を決めます。
今回の場合、背景は写真を加工して使いますので、キャラクターが完成するまで背景はこのままおいておきます。
160928_01

 

人物の塗りの下準備1をします。
人物のラフレイヤーの下にレイヤーを追加し色を塗っていきます。
後で清書しますのでざっくりでOKです。
ラフの線を重ねすぎて下に色を塗りにくい部分は少しずつ消しながら進みます。
160928_02

 

人物の塗りの下準備2をします。
今度は人物のラフレイヤーの上にレイヤーを追加して作業します。
線の上に色を乗せて線を色に切り替える作業をメインに全体的に軽く影なども入れていきます。
大事なことは描き込みすぎないことです。
この作業は今後の作業のガイドになります。
描き込みをする未来のわたしに「ここはこれが必要だよ!」と伝えたい部分に目印をつける感覚で進みます。
書き込んでしまうと、全体とのバランスが悪くなる可能性がありますので、自分が分かる程度で描いておきましょう
160928_03

 

描き込みます。

全体レイヤーを統合して書き込んで行きます。

(念の為、統合する前にレイヤーをコピーして非表示にしておきます。)
160928_04

 

キャラクターの作業が終わったら背景素材をいれます。
②のラフを見ながら、塗った色味と構図にあわせて素材を調整します。
パスを曲げる時はFilter – Lens correctionを、色調整はColor Balanceを使いました。
160928_05

 

⑦の背景を加工します。
絵の雰囲気に合わせてフィルターをかけたり、色を塗ったりしながら絵の雰囲気に合わせて加工します。今回はFilter – Filter gallery – Artistic – Cutoutを使いました。
160928_06

 

⑨最後の調整
最後で絵の全体を見ながら雰囲気を調整します。
忘れやすいですが、絵の完成度に係わる大事な作業です。
今回行った作業は以下になります。

  • 色のオーバーレイ
  • ぼかしの処理

これで絵が完成しました!
160928_07

 

名前はグリとブランのように、
フランス語で銀色を意味するアルジャンに決めました!
これからもアルジャンを宜しくお願いします!(非公式です。)
ではまた!


        

こんにちは、プランナーのデザキです。

本日は自分がこの業界で仕事に就いてから知った珍妙な”業界用語”を
いくつかご紹介したいと思います。

といってもゲーム業界でオフィシャルな用語というわけでもなく
同じ会社内でのみ意味が通じるもの(≒方言)も多々あり、
あくまで個人的な経験を踏まえたローカルネタです。

 

 

●企画マン(きかくまん)
なんとなくわかると思いますが今で言うところのプランナー、あるいはゲームデザイナーを指します。
日本語と英語が合体してるあたり実に造語っぽくて良いですね。
アニメ業界でも「原画マン」「背景マン」なんて呼び方があったので、当時トレンドだったのかも知れません。

 

●ドッター
自分が業界に入った時、まだゲームは2Dが主流でグラフィッカーさんはドット単位の色点を置いて
絵を描いてたのでこう呼ばれてました。
その後3Dが台頭してきてモデルもテクスチャも作成するようになった頃は「キャラマン」と
呼ばれるようになり、動きをつける人は別に「モーションマン」とも呼ばれてました。

 

●スクロール
ゲームの背景を指すのですが、これも昔2Dスクロールアクションが全盛だったことの名残りで
技法がそのまま背景を描く人の”職種名”として定着していました。
3Dアクションゲームや、スクロール手法を使わないゲームでも背景を描く人は総じて
「スクロール」と呼ばれてました。
最近では「BG(Background)」や「エンヴィ(Enviroment)」なんて呼ばれる事もあるようです。

 

●コクピット
ゲームの体力ゲージやタイマーなど、画面に固定表示された情報物の事を指します。
ファミコンの「スターラスター」なんかはそのまま宇宙船のコクピットのようなUIでしたので
初めて聞いたときも、なんとなくしっくりきたのを覚えてます。
今は「UI(ユーザーインタフェース)」や「HUD(ヘッドアップディスプレイ)」という呼び方が
業界でも一般的と思います。

 

●ディップ
これも昔、アーケードゲームの基板に付いているディップスイッチというものを操作して
特定のデバッグモードや設定を立ち上げた事に由来して、コンシューマゲームのデバッグモード
あるいはその表示コマンドをそう読んでいた時期がありました。
ちなみに特定の人だけが調整用に使うデバッグモードの場合、その人の名前が付いて
○○ディップと呼ばれたりもします。

 

●粒度(りゅうど)
これは近年知った用語ですが、企画書や仕様書などの資料がどれだけ詳細に書かれているかを指す言葉で
ざっくりとしか書かれていない=「粒度が荒い」、詳細に書かれている=「粒度が細かい」
といった使い方をされてます。
似たような表現で「解像度が低い/高い」という言い方も聞いたことがあります。

 

●ペンディング
一般的には保留とか未決定という意味の言葉ですが、業界においてはほぼゲームの”開発中止”を意味し
開発再開される事は個人の経験上はまずありません。
再開の可能性がある一時中断に関しては別途「サスペンド」という言葉が使われたりします。
こちらはコンピュータ用語からきてると思われます。

 

●漢上げ(おとこあげ)
これも近年知った新用語。
のっぴきならない、差し迫った状況下において
実装プログラムなどの重要データをしっかりと自分の開発環境で十分に動作確認できないまま
アップロードする事を指します。
※男らしい響きですが、やっても全然かっこよくないです。

 

 

どうでしょうか、学生さんや他業種の方はあまり聴き慣れない…
あるいはこんな意味で使われてない用語がほとんどなんじゃないでしょうか?

前述の通り、かなりローカルだったり今は使われて無い用語もあるので
ゲーム業界に入って、ドヤ顔で使って理解されなくても責任は持てませんのでご容赦を!


        

はい!大阪開発デザイナーのちるちるです

 

 5回目のブログがやってまいりました!

 

今までのブログはコチラ→(シリーズ☆・・・④は脱線回です)

 

 

    ●ブログ用に何か作るんだ~そう、私はアフロが作りたい~●

「第3回:果たしてアフロは完成するのか?!(Fiber Mesh編)(予告からしれっとタイトルを変える)

 

 

20160926_blog013

↑こちらは無事に作業が間に合った為諸事情により番外編はなくなりました☆

 

 

お題としては「ZBrushのみでアフロ作ろうぜ」というなんとも趣味に走っている企画なのですが、
このシリーズ、ついに第3回を迎えましたね。長いですね。(早く終わりたい)

 

 

第2回で、Zbrushの様々な機能を使ってアフロを作成しようとしていました。
ちなみにこんな感じ↓

 

①ファイバーメッシュ(フッサァ・・・)
②スカルプト(もりもり盛ったり彫ったり)
③ナノメッシュ(無謀な気がするけどやってみたい)
④アレイメッシュ(検証の結果、謎のオシャレアフロもどきしかできそうになかったので削除)

 

 

今回は①ファイバーメッシュアフロ作成 Let’s try!

 

20160926_blog014    20160926_blog015

 

Zbrushで髪の毛を作成するにはこの「Fiber Mesh」で作ることがスタンダードですね
マスク→Fiber Meshをプレビュー後、パラメーター調整で形を作っていきます。

 

 

20160926_blog001

 

アフロを題材にしなければ、美少女のサラサラヘアを見られたかもしれませんがその辺りは我慢してください。
そして今回も前回に引き続き「哀愁漂うオッサン」がモデルを務めて下さいます!オッサンに感謝。オッサンありがとー!

それにしてもおぞましい静電気の量ですね・・・。

 

 

何やらさっそく雲行きが怪しくなってきました。

 

20160926_blog002

 

これはこれでちょっと前衛的なアーティストのジャケット写真とかでありそうですよね

 

いや、しかし 爆発しすぎやろ!ここらでLength(長さ)とGravity(重力)調整やぁ!ってことで落ち着かせましょう・・・

 

 

おっと・・・

 

20160926_blog003

 

試行錯誤している様子が伺えるかと思います

 

 

20160926_blog004

 

うわっ!!!!UMA・・・?!!

(事故はたまに起きます)

 

 

20160926_blog005

 

お~?なにやら近づいて来ましたねぇ??(ホントに?)

 

 

20160926_blog006

 

暗黒の何かが誕生してしまいました・・・(世界は滅びてしまうのか―?!)

 

 

20160926_blog007

 

おー!!近い!近いぞぉ!!
(目元を隠すと 哀愁漂うオッサン無口クール系 に早変わりしましたね)

 

 

20160926_blog008

 

うわ・・・ 宣教師・・・?

(事故はたまに起きます)

 

 

20160926_blog009

 

いや!もうこれほぼアフロじゃね?!きたんじゃね?!
あっ!何この首元の謎の空間!!!!!!!!許せん!!!!!!!!!!

 

そして、かなりの試行錯誤と微調整を繰り返し・・・

 

ついに完成致しました・・・。

 

20160926_blog010

 

じゃーーーーーん☆
(あほ毛は個性です

 

20160926_blog011

 

どーーーーーーん☆
(後ろと真上から、丸い)

 

20160926_blog012

 

ちなみにマスクとパラメーターはこんな感じで終了☆

 

 

はい!!なんとか誰が見てもアフロだ!と言ってくれるようなアフロが完成できたかと思います!!

できたよね・・・?うん、できてるできてる!うん、ふぅー良かったー!!

 

「マズイ・・・アフロ難しい・・・なんでこんな題材に・・・」
と涙をぐっと堪えながら(半分本当)作業しましたが、最終的にブログに間に合って 完成して楽しかったです☆

 

私、Fiber Meshはほとんど触ったことがなかったのですが、
Zbrushという楽しいソフトを知って欲しい、誰にでもできるんだよ、敷居低いよ値段の敷居は高い
というのを伝えたいので、この機会に挑戦してみました。

 

ちなみにZbrushのFiber Meshをそのままゲームで使うことはまずありえません。もんんんんんのすごいポリゴン数なので。
ゲームで使用するには板ポリの集合体にします。スカルプトの場合も最終的にはMAYAなどのツールで整えます。
なので、Zbrushはあくまで過程で使用するソフトかつゲームの内容によっては使わないソフトなので、中々使用する機会がないかもしれません。

 

でも最近ではメジャーなソフトになり、学校などでも学べるとお聞きします!触れる機会は増えましたよね☆
遊ぶだけでもかなり楽しいので是非触ってみて下さい!Fiber Meshでアフロ作りましょうっ!

 

次回「果たしてアフロは完成するのか?!(スカルプト編)」(うまくできれば・・・いいなぁ)

ついにスカルプト!

ではではまたです


        

こんにちは、モリオカです

今年は、ありえない方角から台風が上陸したり、局地的に大雨が降ったりで大変な天気が続いていますね。皆さんのお住まいは、大丈夫でしょうか

 

さて、今回は、家庭であった話を少々。

 

時は、ヘキサに入社する以前の転職活動中の時期に遡ります。当時の私は、絶賛転職活動をしていたので、お金がない状況でした。その期間中に、妻の誕生日がありました。

 

私の頭の中は、

 

「今お金無い」→「でも、プレゼント的なものは必要」→「今お金無いし」・・・の無限ループでした

 

あっ、ひらめいた
お金をかけずに、プレゼントする。コレ

 

私:「今年の誕生日は、『マッサージ券×10枚』にせーへん
妻:「ええよ。」
私:「ええの?ホンマに??」(半分本気、半分冗談のつもり
妻:「うん。でも、就職先さっさ決めて
私:「おっおおう。じゃあ、それでよろしくです。」

これで、無事『マッサージ券』を発行することで危機を逃れることが出来ました。

 

時は流れて、ヘキサに入社した後、

妻は、本当にマッサージ券を使ってきます。仕事を終えて家帰ってからも
結局、一年をかけて『マッサージ券』を消費しました。これで、マッサージ業務から解放される。と思っていたら。

 

 

妻:「マッサージ券、今年の誕生日の分があるから先に予約して、使いまーす。」
マッサージケンハ、スベテツカッタヨネ、アナタ。

 

・・・・・妻には、仮想現実(VR)拡張現実(AR)が、ゴーグル無し見えているようです。

 

 

その後、マッサージする権利がある or  ない でドタバタやり取りがあったあと、結果として押し負けてしまい。今年もマッサージ券を発行するので、それを仮で消費することで落ち着きました

 

という訳で、ただであげたものは、より高くつく。というお話でした。

 

 

皆さんも、あまり深く考えようとせずにその場の思い付きで行動すると、思わぬ意図しない副作用があるかもしれませんので、くれぐれもご注意下さい。

 

 

ではまた


2016年9月21日

VRがやってくる

        

お久しぶりです0084です!
先週「Tokyo Game Show 2016」を視察に行ってました。
今年の話題は、なんと言っても「VR」

 

そこで会場内を、くまなく走りまわり、できる限りのVRを体験しました!
写真中心ですが、ザザッとご覧下さい まずは「PSVR」
img_5460 img_5458 img_5459 img_5520

大人気であっという間に予約券がなくなる中、「Rez」と「バイオ7」をプレーしました
「Rez」は敵を視線で捕らえるので、より操作が簡単に!
「バイオ7」怖いおばあさんから、ひたすら逃げまくります!

 

次は、インディーズ系のVR
img_5455 img_5521 img_5526 img_5456
「脳波VR」http://www.moguravr.com/vr-brain-wave-date/は「VR+脳波計測」を組み合わせたもので、どの女の子が気になったが、赤裸々にわかってしまう…

「ラストラビリンス」http://lastlabyrinth.jp/は、車椅子の拘束されている主人公が、横にいる女の子に指示を出して脱出!…するんですが、あっけなく死亡
どちらも、意欲的でトガってVR体験ができます

 

次もインディーズ系VR
img_5536 img_5454
「エニグマスフィア」http://jp.ign.com/enigmavr/7561/preview/vrは、二人協力プレーで進めていく脱出ゲーム、うまく進めたときにVR空間内でハイタッチができるのが印象的!

 

と他にも、もっとたくさん展示され体験したんですが…
TGS後にも「お台場」に行き、VR体験したのでそちらの方も
img_5462 img_5474img_5486 img_5488img_5512 img_5515
まず「VR ZONE」https://project-ican.com/に行ってきました
ガンダムの手に乗り、スコープドッグを操作!
往年のロボットアニメがまさか体感できる時代が来るなんて…
長生きはしてみるもんですな

img_5506 img_5507 img_5511 img_5510
最後に「ZERO LATENCY VR」http://tokyo-joypolis.com/attraction/1st/zerolatency/index.html
今までのVRは安全面や空間感知の点から、固定されてたのを自分の足で歩きまわれるゾンビシューター!
これはもう凄すぎる!大群から逃げる!挟み撃ちにする!
など思いのままです!

 

と、VR漬けの視察でしたが
VRのブーム! ゲームの革命は、確実にすぐそこまで来ております!

 

この楽しさ! 凄さ!は、実際に体験しないと伝わりにくいので
ぜひ皆さんも機会がありましたら、体験してみましょう!


2016年9月20日

あそぶ!ゲーム展

        

こんにちは。

 

今年も東京ゲームショウが開催されましたね!

大阪からショウの様子を見守っていたごっしーです

 

 

今回の東京ゲームショウではVR関連への注目度がひときわ高かったようです。

やはり最新のデバイスは気になりますね。

 

 

一方、関東では昔のゲームを展示し、実際に遊べるイベントも多数開催されているようです。

 その1つが、あそぶ!ゲーム展です。

 

 

 

現在開催されている内容は「ステージ2」となっており、

2016年9月10日から展示内容がリニューアルされたようです。

 

 

 

 

展示されている家庭用ゲームやアーケードゲームの一覧を確認したところ、

注目の一作がありましたので紹介します。

 

アタリ(ATARI)社が1983年に発売したアーケードゲーム

「メジャーハボック(MAJOR HAVOC)」です。

 

 

 

メジャーハボックシューティングアクションを交互にプレイするゲームとなっており、

円柱状のローラーを転がして左右に移動する独特な操作が楽しめます。

(なぜか、いわゆる「ブロック崩し」も遊べてしまいます。)

 

 

このゲームはのちに発売される様々なゲームに影響を与えたと言われる画期的な作品ですが、

何よりも「ベクタースキャン」という方式で描画されるゲーム画面は

現在のビデオゲームでは実現できない美しいもので、直接自分の目で見ないと味わうことができません。

(本作の移植版や、インターネット上の動画もベクタースキャン方式を100%表現できてはいません。)

 

 

…余談ですが、上記の「メジャーハボック」筐体は、

大阪にあるゲームセンター KINACOさんというお店から貸与されているようです。

つまり、関西では当面メジャーハボックを遊ぶことができません

※ゲームセンター KINACOさんでは、他にも多数の超激レアなゲームが稼働していますよ!

 

 

大変貴重な機会ですので、

関東におられる皆さんは是非「あそぶ!ゲーム展」へ足を運んで

メジャーハボックを含む歴史的ゲーム(僕の分まで)堪能してきてください!

 

 


2016年9月16日

もうすぐ内定式…!

        

こんにちは! はるちゃんです!
最近は雨女の本領を発揮して、
台風による豪雨に絶妙なタイミングでヒットし続けています
台風が増えてきたと思ったらもう9月も半ば。
内定者の皆さんは、あと半月もすると内定式ですね…!

 

 

そこで、
本日はこの時期になると思い出す私の就職活動時代のお話をさせて頂きたいと思います!
就職活動が終盤に向かい、どの会社に就職するかを考える際、
心配性な私はたくさんの不安を抱えていました…

 

「やりたい気持ち」とは裏腹に、
「本当にやれるのか」の不安が膨らんで、内定を得た後もずっと悩んでいたのです。
もしかしたらこのブログをご覧になる皆様の中にも、
内定式を前に期待と同じくらい不安が大きくなってきた方もいらっしゃるかもしれません。

 

私の場合、その頃ある会社の方に言われた一言で、自分を鼓舞することが出来ました

 

その言葉は、以下のようなものでした。
この先あなたがやるべきことは、
「自分はこの会社に入るべきだったのだ」と証明することです

 

その言葉を聞いてから、
「どうすれば仕事について行けるのか」を考えていた私は、
「「私」をその会社でどう活かせるのか」と考えるようになりました

 

 

内定式にはライバルであり仲間でもあるメンバーが集まると思います。
きっとそれぞれ異なる性格や気質を持ったメンバーだと思います。
ただ、全員に共通するのは、
きっと「その人にしかできないこと」を秘めているということです

 

働くことは期間に関わらずとても濃い時間になることと思います!
その会社で「あなたにしかできないこと」を見つけ、成し遂げ、
「自分はこの会社に入るべきだったんだ」と思える瞬間がくるように
社会人生活を送っていけると良いですね


        

先日、3大グランツール(自転車ロードレース)の1つ、
「ブエルタ・ア・エスパーニャ」がナイロ・キンタナの総合優勝と共に
21日間の激闘の末、閉幕しました。
私は、好きな選手を応援すべく、
「カンチェラーラはどこ?」「(どこにいるか分からないけど)がんばって!」と後半まで
けっこう真剣に応援していたのですが、なぜかどこにも見つからない。
(自転車レースは集団で走っているのでどこに誰がいるのかよくわからないんです)
 
え…ちょっと…まさか出場していない…?
今更ながら出場者リストを確認する…
あ、載っていない…
 
居もしない人を必死に応援した私の夏が終わりました。
 
こんにちは、ポエミです。
 
 
終わりは次の始まり。
夏の終わりを告げるブエルタの閉幕、
秋の始まりを告げる東京ゲームショウ2016の開幕。
 
そうなんです!
今日から東京ゲームショウ2016が始まりました!
ヘキサドライブも先日リリースしたばかりの完全オリジナルスマホタイトル、
アイテム代は経費で落ちない~no item,no quest~
を引っ提げ、インディーゲームコーナーに出展しております! 
国際展示場9-11ホールです)
→ディレクター、テララのブログはこちら
 
 
みなさま、ダウンロードはお済みでしょうか?
そうですか!すでにプレイして頂いていると!
ありがとうございます!
私も先程、「邪神」を倒したところです
 
まだプレイしていない方はブースでも遊んで頂けますので
ぜひお立ち寄り下さい
 
 img_4758
こんなブースです。

 
img_4759
ヘッドフォンでこだわりの音楽と一緒に世界観を楽しんで下さい
 
 
今日と明日はビジネスデイ。
一般公開日は9/17(土)と9/18(日)です。

 
みなさまのご来場お待ちしております!


ヘキサブログ ピックアップ



過去の日記はこちら

2016年9月
« 8月   10月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930