ヘキサ日記 Blog

 

        

Happy Halloween!!

もうすぐチュウニズムがアップデートですよ。楽しみですね。テララです

 

 

「最近ブログでお前をよく見るけど?」って声が聞こえてきそうですね!

はい!私も「最近よくブログ書いてる気がする」と思いながら書いています!

 

前回はシルバーウィークでしたが、今回はハロウィンですね

ハロウィン……オレンジ
この色合いだけでも「可愛い」が約束されている素敵なイベントですね

 

東京開発がある品川の駅も、今日はハロウィン一色で、

通勤時とても幸せな気持ちでした

 

 

そして東京開発にもハロウィンが!

attachment02

 

 

attachment01

強そう。
師匠強そうです!かっこいいです!さすがです!
ところでそのマスクいくらしたんですか

 

 

さらにはアイ経の世界にもハロウィンが!

1031_halloween 

ライトキャット可愛い!テララはライトキャット推しです


本日限定でtwitterもハロウィン仕様ですので、ぜひご覧あれ

ネリネ先輩のtwitterはこちら

ウィル君(主人公)のtwitterはこちら

 

皆さんも楽しいハロウィンをお過ごしくださいね。

ではでは!


        

こんにちは。ウッチーです。

今回はスタディでSubstance Designerを使ってタイリングテクスチャを作ってみました。

 

ルール

・Substance Designer(5.5.2)のみで作る。別ソフトを使用しない。

・写真やもともと入っているマテリアル等の素材を使用しない。

 

作成するテクスチャ

・アルベドマップ

・ノーマルマップ

・ラフネスマップ

・メタリックマップ

・アンビエントオクリュージョン

 

そして結果から…..

 

 

img_0179

こんな感じになりました。

…..

 

詳しくワークフローを書くと長くなるので、ざっくり流れを。

 

——————————————————————————————–

①タイルの元にあるアルファをつくる。

形状はランダムで、ある程度段差をつける。

 

②ヒビなどのディティールをいれていく。

 

③小石を作っていく。

全体に配置する小石がありつつ、タイル間の溝に多めに配置されるようにする。

(土とか追加していくうちになくなってた…..)

 

④土を作る。

 

⑤水溜りを作る。

石のタイル部分にいきなり発生せず、必ず石と水溜りの間に土がはさまるようにする..してるはず…なってる…?

 

⑥これまでつくったアルファ素材+αでラフネス、アルベドを作る。

(①~⑤の工程中に多少作りながらやってはいますが、ここで詰める。今回は非金属なのでメタリックは黒)

 

⑦ノーマルマップをもとにアンビエントオクリュージョンを作る。

 

⑧全体調整で完成。

——————————————————————————————–

 

↑これは正解のやり方というわけではなく、製作者によってやり方は変わってきます。

 

ノードのこんな……

img_0180

ノードはもっとキレイにできる…今後の課題です。

ノードのパラメーターを調整することでカラー変更やノーマル強度、タイルの大きさや土、水溜りの量など後からでもカンタンで調整できます。

こんな感じで。

substance%e3%83%91%e3%83%a9%e3%83%a1%e3%83%bc%e3%82%bf%e3%83%bc%e6%af%94%e8%bc%83

これらのパラメーターをエクスポートしてsbsarファイルを作成すればSubstance Painter上でも調整可)

Substance Designer/Painterの非破壊ワークフローはとても強力ですね。

 

今回は各要素ごとにノーマルマップを作成し合成していっていますが、テッセレーションとハイトマップを使用して実際にモデル形状を変えながら作っていき、その後ノーマルマップに変換していくやり方もいいようです。

次回があればそのへんのやり方や使用したことないノードを取り入れて作りたいです。

 

現在SteamではSubstance Painter2が50%OFFの7500円で購入できます。(11/23まで)

ぜひ購入を検討してみてはいかがでしょうか?

 

ちょうど昨日Substance Painter2.4の情報がでました。

シェルフあたりがいろいろ変わってるみたいです。

 

では今回はこのへんでノシ

 


2016年10月27日

癒し

        

こんにちは。
大好きなコーギーの散歩する姿を見る度『散歩手伝いましょうか?』と言っちゃいそうだが、

グッとこらえてるラキアです。

 

今年も残り2ヶ月程となってしまいました。あっという間でしたね…

全力で仕事してきたせいか、年のせいか、ただの歩き過ぎなのか、最近疲れてきてます…

 

 

そんな疲れを吹き飛ばす、最高の癒し空間を見つけてしまいました…

なんとコーギー店長がいるBar。入店すると、『いらっしゃいませ』的ワンワンで熱烈な歓迎。もう既にヤヴァイ

DSC_0147 かわいい…

いつの間にか自分の席の下でくつろいたり…

 

 

 

DSC_0143

隣の席に座って接待もしてくれる。そんな事されたら俺…もうダメだ…

 

気さくな店長(本物) と おしゃべり好きなお客さんと話すのも楽しいし、刺激的。

月1回程度でもいいから、こういう時間が持てる様に頑張ろう…


2016年10月26日

プリプロの重要性

        

べっぴんさん=別品さん
に今更ながら感心しているハットリです。
セットの床クオリティには満足してません。

 

Webコミック読んでますか?
自分は単行本派で、読んでるのはワンパンマンとキン肉マンくらい。
能動的に情報を拾いに行かないと、殆ど何も入ってきません。

 

今日マチ子さんという作家もWebコミックを主戦場にしていて

いつもならチェックできないのですが

ある本に掲載された【ウランの子】という短編が大変印象的でした。

 

 uran

  

気になって他の作品を読んでみると、ほぼほぼSFで
現代的な視点と往年のSFテイストが融合した、独特な読後感。

ジュール・ヴェルヌの盲人の国や藤子・F・不二雄の短編集に近い匂いです。

本人が意図的にやっているとしたら、とても上手。
(デデデデとかもそれっぽいかも)

 

Webコミックは本誌より制約が緩く、実験的な作品が描けます。
玉石混合ながら、潮流とは異なる文脈の作品が出てくる可能性がある。

ゲームだとプリプロ/プロトタイプをリリースして
ユーザーの声を聞けるSteamの構造は近いですね。
玉石混合なのは同じ。

 

ハード性能が上がっていくと、ミニマムサイズの
タイトルでさえ相応のコストがかかります。
玉になるか石になるか。
プリプロをどのような位置づけにして製作するか
ますます重要になってくると思います。

 

案外プリプロを【決め込み】で作ろうとするんですが
もっとラフでいいと思います。
早いうちに紆余曲折した方が良いし
遠慮なく可能性を試したほうが良い。
それからできた後の検品の時間も用意したほうが良い。
すぐに本プロに入ろうとしすぎる。

 

まあ本プロで結局【石】だと思ったら
世にも珍しい【奇石】だったという場合もあり
物作りに常識は通用しないのが面白いところ。


2016年10月25日

アイスおいしい

        

こんにちはプログラマーのチャラメガネです

 

すっかり肌寒くなってきましたね

チャラメガネは暑さよりも寒さに弱いので、

この季節はつらいです

オフィスの中が暖かいのがせめてもの救いです

 

しかし、寒い時期だけの小さな贅沢があります

 

実は、ヘキサドライブ東京開発には

最近こんな頼もしい仲間が増えたのです

 

その名もオフィスグリコ

img_1217

 

 

オフィスグリコでは、置いてあるお菓子などを

一律、100円で購入することが出来ます

オフィスグリコ自体は五反田オフィスにいた時から利用させてもらっていたのですが

なんと、品川オフィスにやってきたオフィスグリコには冷蔵庫&冷凍庫がついているのです

 

 

img_1214

 

 

さて勘の良い方なら既にお気づきでしょう。

 

…寒い季節に暖かいオフィス。

…小さな贅沢。

…オフィスグリコに設置された冷凍庫。

 

 

そう

「寒い季節に暖かい部屋で食べるアイス」

は最高なのです

まだ一回しか買ってないんですけどね。

 

 

…ということで

ヘキサドライブは社員がリラックスして働ける環境作りをしています

 

小さな贅沢を楽しみたい方は採用ページへGO

 

そんな感じで今回は、さようなら~


2016年10月24日

誕生日

        

先日、10/17に誕生日を迎えました。

どうも、ゆっきーです。

 

上でも書いたんですが、今月は誕生日でした。

アラサーです。

 

アラサーの男が「ゆっきー」とかいう可愛いあだ名を自分で名乗っているという事実がもう事件です。

 

それはまぁともあれ、誕生日に周りの人たちから誕生日プレゼントをもらいました。

↓これです↓

20161024_pre

 

 

↓ひとつずつ見ていきましょう。↓

 

■デカビタ

20161024_2

 

うん、これはまぁ僕がよく飲むやつです。

4本ももらえて嬉しい。

 

 

■ゆうステッカー

20161024_3

 

なにこれ。

まぁ確かに僕の下の名前「ゆう」っていうんですけど。

ゆっきーの「ゆ」もそこからきてるんですけど。

超使いどころなさそうなんだけど、何を思ってこれ買ったの??

 

■眠気にコミットするアイマスク

20161024_4

 

なにこれ。

まぁステッカーよりは使い道ありそうっていうか寝る時に使えそう。

 

眠気にコミットするっていう言葉選びのチョイスが凄い。

絶対に寝る感が伝わってくる。

 

意外とフィット感あるけど、僕アイマスクしてると気になって寝れないんですよね。

 

■東京ゾンビ

20161024_6

 

なにこれ。

青いスナック菓子とか超食指進まないんですけど。

食べましたけど。

 

驚くほど普通に美味しくて、味に関する感想が言いにくい代物でした。

ただやっぱり青さが目立って進んでは食べたくない気持ち。

 

■コロンの棒

20161024_5

 

おい。

コロンの「ゆう」になってんぞ。

 

ゆうステッカーこんなところで使うんじゃないよ。

いやむしろもっと使え。

使い道ないから。

 

ちなみにこのコロンの棒、上で貼った写真をみていただけるとわかると思うんですが、3つももらいました。

 

一本203kcalのコロンの棒が11本入ったものが3つ。

 

6699kcal

 

これはやばい。

成人に必要な一日のカロリー量がだいたい1800kcal~2200kcal前後ということを考えると、これを全部食べるだけで三日はいける。

もらったからには全部食べるけど、来年はもう少し塩物の割合増やして欲しい。

 

他の場所はこんなに誕生日プレゼントもらったことないので、ここの社員皆あったかいなーということを実感した誕生日でした。

以上、ゆっきーでした。


2016年10月21日

カード破産と腹筋

        

月日は百代の過客にして
行かふ年もまたミッツです

 

皆様はカルドセプトというゲームをご存知でしょうか?
古くは1997年のセガサターン版から始まり、連綿と続く
トレーディングカードゲームとボードゲームとを足したような
いとをかしき(趣深い)ゲームです。

かつて私は、これをプレイするためだけに友人宅に連日を
泊り込み続けるほど、このゲームが大好きでした

 

そのカルドセプトシリーズの最新作
『カルドセプト リボルト』

20161021_image01

が3DSで発売した以上、当然、私は発売日当日に買ったわけですが、
なぜか3DSを手元から紛失しており、とりあえずパッケージの
ジャケットイケメンお兄さん立派な腹筋を眺める日々…

 

それが先日、ベッドの下に3DSが鎮座されていたのを発見したことで、
ついにようやくプレイするに至ったのです。
ハレルヤ
カルドセプト独特のカード呼称ボイスに、嗚呼、脳が震えます

 

さて、実際にプレイしてみて実に驚きました。
これまで、新たなカードや能力、マップギミックなどが
追加されるような形で拡張していったカルドセプトでしたが、
今作では基礎ルールから大きく見直していて
シリーズとしてはこれまでになく大胆なメス入れだったのです

 

そこで今回は、
この『カルドセプト リボルト』について、
これまでのシリーズとの違いがどのようなゲーム的変化、影響を
もたらしているか、思うところを並べてみたいと思います。
(なお、これらは個人の感想であり、感じ方には個人差があります。
 制作意図の真意が実際にはどうだったかも当然ながら不明です)

 


 

ルーレットからサイコロ
 カルドセプトは『モノポリー』とも似た、マップ内のマスを、
 サイコロ振ってグルグルとマップ周回してお金を稼ぐゲーム。
 よって、サイコロは大切なゲームシステムです。

 

 これまでのカルドセプト(以下『旧作』)では
 サイコロというのは、例えば1~10の中からランダムな値が出ます。
 つまりサイコロというより、人生ゲームの“ルーレット”でした。
 カルドセプトリボルト(以下『新作』)では
 0~5と書かれた6面体サイコロを2個振って、その出目を合計した
 数字だけ、キャラクターを移動させます。

 

 20161021_image02
  (出目にしたがってマップをぐるぐると移動。周回するたびにお金が入ります

 

 旧作のルーレット方式では1~10のどれが出るか均等な確率ですが
 新作のサイコロは2個合計して5が最も出るようになって
 極端に高いor低い(例えば10や2)は出る確率が減ります。
 つまり、5マス先やその±1が止まりやすいという偏りが生まれるわけです。
 そして偏りがあるということは、プレイヤーがその偏りを活かした作戦を
 考えることができる余地が生まれたということなのです。
 ランダムの中に偏りを生むことは、
 ゲームデザインの上でとても大切なもので、
 サイコロを2個にする、という方法はその偏りを自然に導入できます。
 とてもシンプルでスマートな方法といえるでしょう

 

土地強化の自由度
 カルドセプトは、止まったマスにモンスターを配置して自分の土地にし、
 お金を投じて土地を強化、そのマスに止まった対戦相手から通行料を
 奪いとってお金を稼ぐゲーム。
 つまり、土地の強化も大切なゲームシステムです。

 

 旧作は「このターンに通過したマスを強化できる」というルールで、
 移動した直後の土地だけを育てることができました。
 新作は「各マスに対して、1周ごとに1回強化できる」というルールになり、
 キャラが通過した場所と関係なくどの土地も1回強化することができます。

 

 20161021_image03
  (高額の土地ができた時はテンション増し増し。対戦相手は戦慄する)

 

 旧作までは、対戦相手の移動戦略にあわせて領地を強化することは難しく、
 おもに弱点を補っておくといった防御的な側面で領地を育てつつ、
 たまたま止めた相手から金を奪えれば…、という先行投資の感覚が強いです。
 新作では1周1回とはいえ、どこを育てるか自由度が高いルールになってます。
 これにより臨機応変で、攻撃的な試合運びになるわけですが、
 どれくらい臨機応変な幅のある戦略が作れるか、
 どの程度まで攻撃的なゲームメイクをさせるかは、
 ゲームデザインとして大切な決め事です。
 このルール変更も、カルドセプトのゲーム進行を大きく揺るがすものでしょう

 


 

【総括】
他にもいくつか、新作では基本ルールが変更されていましたが、
この記事では細かいところについては割愛します。
このままでは愛があふれすぎてしまうので。

 

上記の「ルーレットからサイコロ」「土地強化の自由度」というアイデアは
べつに“これまで世界中で誰も考えたことがなかった”というほど
斬新なものではありません。
しかし、連綿と続くシリーズタイトルの最新作からおこなう改定としては
とても大胆なものですし、さらにはそこに一貫した哲学が感じられます

 

カルドセプトの楽しい部分を頻発化
 旧作のカルドセプトを数多くプレイをしていけば、
 例えば、以下のような部分が盛り上がることなどが見えてくるでしょう。
   ・自領地に敵を止まらせて金を奪うのが楽しい
   ・敵の領地を無事に避けた時が楽しい
   ・敵の領地を逆に奪えた時が楽しい
 そこで、そうした楽しさが頻発するようにするためサイコロの変更や、
 土地強化に関するルール変更が効果的に、幅広い側面で働くわけです。

 

カルドセプトのつらい部分を瞬間化
 旧作のカルドセプトを数多くプレイをしていけば、
 例えば、以下のような部分が非常につらいことなどが見えてくるでしょう。
   ・移動が遅々として、できることがなくてつらい
   ・金欠状態が続いて、できることがなくてつらい
   ・勝ち目のないゲームが長引いてつらい
 そうした試合運びの停滞が可能な限り短くなるよう、サイコロの変更や
 土地強化に関するルール変更が効果的に、幅広い側面で働くわけです。

 


 

シリーズタイトルというのは良くも悪くも、前作の好評を守りつつ、
前作のマンネリも打破する、という難しい守りの姿勢が求められるものです。
そんな中、今回の『カルドセプト リボルト』では基本ルールの中心に斬りこみ、
その斬りこみ方も「カルドセプトの楽しいって何?」という問いを続けたような
鋭さと勇ましさを感じられます。
3DSという携帯ゲーム機にふさわしいスピード感のある仕上がりでした。
タイトルにある「Revolt(反攻)」が
今作がこれまでの旧作システム群へのアンチテーゼだとの意気込みなのでは、
と思い馳せ、今日もカードとサイコロで対戦相手をカード破産させています。
いやはや、イケメン兄さんの腹筋を楽しむだけに終始しなくて良かったです


        

すさまじい連続タイフーンもようやく影をひそめ

一気に秋らしくなってきましたね

 

皆様、お身体は大事にしてますかね?

季節の変わり目は体調の変わり目

さっと羽織れるものを用意しておくと、とっさの寒波も乗り切れますよ

 

う~ふ~ふ~、ぼ~く、オサえもんです

 

さて以前、東京ラテアーティスト見習いの足立のブログにて

エスプレッソマシンが導入された話がありました。

 

オサえもんもはまっております、エスプレッソとラテアート

はまりすぎて自宅にもエスプレッソマシンを導入してしまいました

てへぺろり

 

今日は、東京スタジオのエスプレッソ事情をもう少し詳しく、そして

東京スタジオのバリスタの名前ほしいままにしている

オサえもんの作品の遍歴をご紹介したいと思います

 

まずはエスプレッソマシン

20161020_01 20161020_02

 

ひげおじさんがかわいい

ビアレッティのタジッシーマというモデル

粉、ポッド、カプセルの3種類からエスプレッソが淹れられるという

なかなかにいかしたおじさんです

 

それでは、オサえもんのリーフ探訪行きましょうか。心の準備はいいですかね

リーフの正解は各々調べるように!

まずは初期の初期の作品

 20161020_03

でん!

多くの知人から

美味しそうなブロッコリーと言われました。

ちくしょう絶対キレイになってやる

 

そして、普通のマグカップではダメだ、これは器がダメなんだと

競技用ラテアートもできるカップを新調し

練習を重ね第2段階

20161020_04

ででん!

大ヒットした配管工2Dアクションに出てくる

パクパクする花のようなものが産まれました。

でも近づいている、気がする 

絶対キレイになってやる

 

 そして、これが

 20161020_07 

こうなって、

 

 20161020_05

 こう!てれれてってれーん

 

どうですか??結構長い道のりでした

周りの方からもそれなりの高評価をいただけたりして、うれしい

しかし、これでも正解のものたちと比べると…さらなる向上を目指して日々努力ですね

 

このほかにもハート編とか

失敗から産まれた数々の1点ものアート編等があります

続報待て

 


        

こんにちは。イノウエです。

 

みなさん、弊社のスマホゲーム、
アイテム代は経費で落ちない~no item, no quest~」はプレイいただけたでしょうか?

 

笑いあり、涙あり、ブラックジョークありなストーリーと、
人形劇風の可愛いキャラの動き、心地よいサウンド
意外と歯ごたえあるバトルの数々など、
きっとお楽しみいただけると思いますので、
まだの方はぜひプレイいただければと思います

GooglePlayのランキングでは、着々と順位が上がっています

ありがとうございます!!

 

そして!登場キャラクターのウィル君とネリネ先輩がTwitter始めてます

ウィル君のTwitterはこちら
ネリネ先輩のTwitterはこちら

 

アップデート情報やメディア情報、雑談など、
色々と楽しくつぶやきますので、よろしければフォローお願いします

 


 

さて、せっかくなので開発秘話とか公開した方が楽しいかな?
ということで、ネタ話をいくつかさせてもらいます

 

弊社では、社内のコミュニケーションにチャットツールを使っています。
そして、プロジェクト毎にグループチャットを作り、情報共有に役立てています。
(もちろん、口頭でも頻繁に会話しています。カタカタやっているだけではないですよ!

 

上記のグループチャットにはアイコンが設定できます。
複数のグループができると、探すのが大変になりますので、目印が必要ですよね。

 

そこで、ヘキサドライブの初代画伯として認定されている私が、このプロジェクトのアイコンを描きました

 

ドンッ!!

blog_20161019_1

はい。可愛いカバンですね
アイテムだけで戦う事が最初から決まっていたので、アイテムを入れるカバンを描いてみました

 

※私はプロジェクトマネージャーです。デザイナーではありません!

 

なかなか良い出来だったためか、思いのほかプロジェクトメンバーにウケまして、
グループチャットだけでなく、正式なアプリアイコンが出来るまではずっとコレが使われていました。
他のアプリアイコンに並んでコレがあるのは、なかなかに違和感があり、見つけやすいと評判です

 

調子に乗った私は、キャラデザインが出来る前に、勝手に主人公を描きました

 

こちらです。

 

ドドンッ!!!

blog_20161019_2

さっきのカバンを肩から下げて、旅に出る主人公です。
表情から勇ましさが感じられますね

 

※私はプロジェクトマネージャーです。デザイナーではありません!

 

社内では、
「右腕がわき腹から生えてる」
「いや、首が極太なのでは?」
「ペンギンみたい」
「足の角度がおかしい!」
などなど、総ツッコミを受けつつも、ひとときのやすらぎを提供できたようです

 

そしてさらに、なぜかこのキャラを動かす猛者が現れました

 

シマイさん作

blog_20161019_3

すごいです。
主人公に命が吹き込まれました
足がくるくる回っているのもポイントですね。
可愛さが増しています

 

ここから更に、ちょっとした3Dにしてアニメーションをつける猛者も現れました。

ブログに載せたいのですが、Youtubeにアップして公開せねばならず、
さすがにそこまでするのはちょっとあれかな・・・と思い自重しました
(作ってくれたもっちさん、ごめん!

 

見たい方は、ヘキサドライブに入社してください。

採用ページはこちらです。
上記の通り、アットホームな職場です

 

・・・さりげなく採用情報につなげられた所で、今日は終わりにしましょう。

 

アイテム代は経費で落ちない~no item, no quest~

よろしくお願いいたします!!!


        

こんにちは。店長です

皆さん、e-Sports に興味ありますか

 

現在、League of Legends (LOL)の世界大会、

2016 World Championship

が開催されています。

 

今年の賞金は

およそ4億3000万!(10/11時点)

この金額を聞いただけでもビックリですね!

 

私自身もLOLをプレイしてることもあって、

毎試合をみているんですが、今やスポーツを見るような感覚で楽しんでいます

少しでも e-Sport sに興味があれば、是非一度ご覧なってみてください。

 

 


ヘキサブログ ピックアップ



過去の日記はこちら

2016年10月
« 9月   11月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31