ヘキサ日記 Blog

 

        

こんにちは

東京開発、デザイナーのモリモです。

 

今回はMaya2017で追加されたヘアーツールで髪の毛を作っていこうと思います。

使うのは以下の2点

・ボーナスツールのCurve to Ribbon Mesh

・XGen Interactive Grooming(次回)

 

今回はCurve to Ribbon Meshを利用して前髪を作成します。

(※こまめにセーブしましょう!)

 

(1)

サーフェスチューブでCVカーブのベースを作ります。

ヘアー1

 

 

(2)

サーフェスからCVカーブを複製

作成したらレイヤー分けと、

後々の工程では束ごとにグループ分けをしておくと見やすいです。

ヘアー2

 

 

(3)

CVカーブを選択しBonus Tools > Modeling > Curve to Ribbon Mesh

ヘアー3

板ポリゴンを選択し、チャネルボックスから以下の機能で調整出来ます。

・Width 板ポリの幅

・Curvature 法線方向に移動

・Orientation 回転

・Taper 毛先へ向けて幅の広さを変更

・Twist 根元を残してツイスト回転

 

 (4)

立体的な形状になるようOrientationで隙間を埋めていきます。

ヘアー5

 

 

(5)

テクスチャを適用して完成です!

ヘアー4 

 

 ~次回へ続く~

 

次回は ↓のかつらの部分から、 Interactive Groomingで残りの髪の毛を作成していこうと思います!

ヘアー6

 

 

 

Interactive Groomingについてのページ紹介

Tarkan Sarim氏によるデモ

非常に細かく作りこんでいます!これを見るだけで流れが把握できます。

XGen インタラクティブグルーミング

ヘアーから板ポリゴンへの変換

 AUTODESK公式

 

 

それでは、次回も暖かい目で見守って頂けると嬉しいです。


ヘキサブログ ピックアップ



過去の日記はこちら

2017年5月
« 4月   6月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031