ヘキサ日記 Blog

 

2017年8月8日

夏のビッグウェーブ

        

どうもKNTNです

ブログは初めてです。よろしくお願いしますね。

 

さて2017年も暑い日が続き、夏真っ盛りですね。

皆さんも元気にゲームで遊んでいることと思います。

この夏のアツいタイトルといえば、いわずと知れた

ドラクエXIとスプラトゥーン2ですよね!

僕もこのビッグウェーブに乗ろうと思いますが

ドラクエについてはこのブログでも先に語られているので

 

今回はコレ

ika

スプラトゥーンについてちょっと語らせて下さい。

とは言っても、世間には素晴らしいレビューがいっぱいあります、

コチラはあくまで僕の個人視点からの感想ですので軽い気持ちでオネガイシマス。

 

 

じつは僕、前作は買ったのはいいものの、忙しすぎてプレイできず、

子供たちが楽しそうに遊ぶのを横目に見る日々を過ごしていました

そうです、完全に乗り遅れです。

 

 

なのでこの2が僕のスプラデビュー(?)となります。

日々息子パイセンのスパルタ指導のもと楽しくプレイしています。

・・・そうなんですこの「楽しい」というところが比類ない出来なんですよ!

で、僕がそう思った理由を3つ挙げますと、

 

塗れるから。

ゲームのジャンルはシューターになるわけですが、この「塗る」という行為が

他にないこのゲームの最大の特徴であり、楽しさを形作る要因のひとつです。

メインモードのひとつレギュラーマッチは4対4の対戦になりますが、

勝利条件が「たくさん塗ったほうが勝ち」となっています。

シューターなのに

「敵を攻撃して倒す」事が試合の主目的ではなく、「たくさん塗る」ための手段に

なっているので、ウデマエ的にも性格的にもドンパチが苦手な人も塗ることで

ゲーム展開を有利にして、直接的にも勝利に貢献することが可能な仕組みですね。

考えた人天才!ホンマに。

あと単純にペンキで塗りまくるのが楽しいです。単純に。実際には出来ないしね。

 

優しいから

・・・そんなルールなので、シューターシロウトの僕でもストレス無く遊べます。

リザルト表示もkill/deathのdeathの部分が表示されないので後ろめたさが無い。

ゲームのマッチングも定員かき集めてからチーム分け、次の試合では敵だった 人が

味方チームになったり子供のころのみんなで遊ぶ感覚がうまく再現されてて

ゲームを遊ぶ上で

ストレスになりうる部分を出来るだけ排除している

ところがイカしてます。

加えて上級者はガチマッチ、オンラインならではのCo-opが楽しめるサーモンラン

など全方位楽しめるようなみんなに優しい品揃え。

なにこのスキの無いリア充なシステム(意味不明)

 

安心できるから。

すこしメタな話になるんですが、親として子供に安心して遊ばせることが出来る

というところも楽しく遊ぶための前提のひとつと挙げられます。

例えば、みんなが持ってるブキ(←このカタカナ表記も良い)が水鉄砲、筆、

ペイントローラー、バケツ等などおおよそ普通のシューターにある武器とは

一線を画しています。

このあたりの世界設定も

手放しで遊ばせるときの安心感につながります。

みんなイカやし。

このゲームに限った話でなく、任天堂さんのタイトルは通じてこのあたり安心の

哲学が 徹底しているので世間のゲーム好きな親御さんからの信頼は絶大です。

他のシューターにあるような破壊と殺戮の世界にはせめて自立できるように

なってから 行って欲しいものです。血で血を洗うようなゲーム親子で遊べへん!

 

・・・ベタぼめしてしまいましたが、強く感じるところは

「ゲームそのものの品質もそうだが、

TVの外側で起きているプレイの品質」

についてとても考えられているタイトルだということです。

ゲーム開発に関わる人間として僕も大切にしたいなと思います。

 

 

 

 

ゲームのレビューなのに画像が無くてスイマセン。

かわりと言っては何ですが、ウチのかわいい犬画像を置いておきます。

inu

 

名前はGJ 年齢は8歳(中年) 好物はちくわ。

携帯の待ち受けにしてもええんやで?


ヘキサブログ ピックアップ



過去の日記はこちら

2017年8月
« 7月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031