ヘキサ日記 Blog

 

  •            

    ゼルダの伝説の「祠」を全クリア達成し、

    次は「コログの実」探しの旅に・・・

    まだまだゼルダ熱が冷めないセキモトです

     

    本日は書籍を紹介させてもらいます。

     

    「絵でわかる人工知能」

     

    TVや雑誌等で人工知能を取り上げられることが多くなり、

    深く掘り下げて知りたいと思ってる方もいるのではないでしょうか?

    AI関連の雑誌は文字が多く専門的で難しいイメージがありますが、

    この本はイラストが秀逸でとてもわかり易い内容になっています

     

    内容は実装の仕方ではなく、考え方の参考書のような感じになっているので

    幅広い層にオススメできます

     

     

    ゲームの場合、敵やNPC、対戦相手等AIで動作している場合が多く

    それぞれのジャンルに適した実装が必要になります。

    どのような考え方があるのか知識として知っておくことで

    仕事の幅も広がるのではないでしょうか?

     

    読みやすくコンパクトに纏まっているので、

    興味のある方はGWを利用して是非読んでみてください

     


  •            

    インフルエンザが蔓延る冬が去り、花粉舞い散る春が来る。
    マスクを手放せない日常は終わらない。
    こんにちは、ハラです。

     

    ここ最近、少々レトロなゲームを模索しております。

     

    ちゃっくんぽっぷフラッピー倉庫番などなど、厳密なジャンルは問わず、

    シンプルで多少アクションっぽいものがあると良いなぁ
    と思いつつ記憶とインターネットに頼って探していきます。

     

    その中、今の私の琴線に触れたゲームの1つが

     

    ディグダグⅡ

     

    プレイした記憶はあるものの、当時プレイしていたのはファミリーコンピューター版。
    改めて調べてみると、発売日は1986年4月です。
    もう発売から30年以上経っている!!

     

    流石に、記憶を頼るのも辛い・・・・
    ということで、当時のゲームをプレイ出来る手段の1つ。
    バーチャルコンソールに頼ろうと思います。

     

    わが家へ帰宅後、久々にWiiを起動!
    しかし画面が妙に暗い
    あ、ケーブルが抜けかけてる・・・・差しなおして、少し回復!!

     

    ポポポポポン・・・あぁ、そんな感じの起動音だったと、思い出しつつソフトの購入へ・・・

     

    チャラララーン、チャラララーン、チャラララーン・・・・続くインターネットへの接続作業・・・・・・
    そして、接続失敗

     

     

     

    なんでやねーーーん!

     

    ショックを受けつつも、我が家の無線LANが新しくなっていることを思い出しました。
    これは設定し直さないと

     

    そう思いつつ、設定画面へ移動。
    ネットワークの項目を探そうとページを移動すると・・・・
    ガピョーーーーーーーーーーーーーー

     

    ん?あれ??
    画面が固まりました。
    久々ですから、そんなこともあるかもしれない。

     

    再起動し、再び設定画面へ・・・
    ブッピョーーーーーーーーーーーーー

     

    我が家のWii は、設定変更に対して反抗期に入っていたようです。
    Wii が発売されてすぐ買ったので、もう10年は経ちます。
    反抗期に入るほど成長していたとは・・・・やりよるな

     

    この時点で、時刻は午後22時半。
    このブログを書く前にプレイする手段を失ったので、記憶を頼ると・・・

     

    ディグダグⅡは、前作からあるポンプによって敵を倒せる手段に加え、
    ドリルによって崖を崩し、敵を一網打尽にする攻撃が増えました。

     

    この崖崩しが良い

     

    多くの敵を一度に巻き込めば高得点
    ですが、敵を集めるには、自分が敵に接触するリスクが高まるし、崖崩れには自分も巻き込まれます。

     

    欲を出し過ぎて痛い目をみるか、上手く崖を崩せて高得点。
    と、すれすれの駆け引きに、当時の私は熱くなっていた・・・・・・・・・ような気がしなくもない

     

    ・・・・・・・やはり、ちゃんとプレイしないとダメですね

     

    本日の教訓。
    ゲーム機は、大切に保管しましょう。
    ホコリに注意しないと、反抗期が訪れますよ!


  • 2017年4月20日

    3ヶ条

               

    こんにちは、ソーティです

    最近新居に引っ越ししました。

    手続きやら片づけやら、てんやわんやの日々を送っています

     

    そう、4月といえば何かと新しいことが起きる時期

    ヘキサドライブにも新しい仲間が大勢合流しましたし、

    このblogを読んでいる方の中には

    今月から新社会人!という方もいらっしゃるのではないでしょうか

     

    今回はそういった方向けに、

    ヘキサドライブ入社後最初に教わる3ヶ条を紹介させていただこうと思います

     

     

    その

    「分からないことは聞く」

     

    わからないことを自分の判断で進めた結果、

    間違っていて叱られる…なんて経験はないでしょうか

     

    相談をすることでミスを減らせますし、仕事の効率は上がります

    また、質問をすることで、自分にない知識や視点を得るチャンスになります

    積極的に質問・相談していきましょう!

     

    その 

    「メモをとる」

     

    聞いたことすべてをその場で理解・記憶することは難しいです。

    最初は、教えてもらったこと、聞いたこと。

    とりあえずメモする、でよいと思います

    いずれメモが必要なもの、必要でないものが判断できるようになってくるはずです

     

    今になってみると、年を重ねるほど必要な習慣なのかな…と思ったりします

     

    その 

    「仕事の意味を考える」

     

    今の仕事をただ漫然と消化するのではなく、

    意味を考え咀嚼することで将来の糧にできます

     

    またゲーム制作では、今の作業が将来作る部分や他の方の担当部分にも絡んで来ることが多く

    「何故その作業をやっているのか、それが何故、どこで必要なのか」を考えることで

    実装の方針を立てやすくなりますし、より良い形を提案できるようになります

    結果、他の方や将来的には自分の負担を減らすことにもつながります

     

     

    以上がヘキサドライブ3ヶ条です。

    これらは社会人になって長い時間が経った今でも、とても重要なことだなと感じます

    新社会人ひいては学生の方々も、圧倒的成長できるかもしれません。

    まだまだ1年は始まったばかりです、気合い入れていきましょう


  • 2017年4月19日

    少しだけでも運動を

               

    どうも、今年ももう1/3が終わろうとしているという事実に焦りを感じているゆっきーです

    歳をとると時間の流れが早く感じるとは言いますが、まさにその通りですね。

     

    さて、このヘキサブログですが、人数的に現在3ヶ月周期くらいで書く順番が回ってきます。

    人間、何もしないと今日覚えた事を1ヶ月後には約80%忘れているらしいです。

    つまり、もう皆さんは前回僕が書いたブログをお忘れでしょう。

     

    そう、体ふにゃふにゃ計画です。

     

    4週間で股割りできるストレッチ。

    5週間続けてみました。

     

    その結果、あんなにガチガチだった身体がなんと…

    前屈で地面に手がつくようになりました!

     

    (以前は手のひら一つ分くらい届かなかったんだよ)

     

    股割りとか無理だったんや…。

    いやでも、なんか腰の痛みとかはなくなった気がするんですよね。

    病は気からといいますが、身体が少し柔らかくなったという事実が僕の腰の痛みを無くしてくれました。

    喜び

     

    デスクワークがメインなのでやはり運動不足になりがち…最近はもう股割りストレッチはしていませんが、筋トレとウォーキングを始めました。

    そんなにハードにはやってませんが、少しでも運動をして、健康な身体で頑張っていきたいと思います

     

    ではまた


  • 2017年4月18日

    RPGにおける没入

               

    SE:パパパパパウワー、ドドン
    貴公の首は柱に吊るされるのがミッツです

     

    皆さんはRPGはお好きでしょうか?
    RPGというゲームジャンルの名前は、ゲームを知らない人でも
    聞いたことがあるのではないでしょうか。
    古典ですと、TRPGなどのようなアナログゲームのジャンルに始まって、
    著名な『ドラゴンクエスト』や『ファイナルファンタジー』といった
    ビッグタイトルが挙げられることがあり、
    あるいは『頭脳戦艦ガル』の如くどこがRPGという分からないものまで
    実に様々なRPGというものがあります。
    私はもちろん、頭脳戦艦のことは置いといてRPGは好きです。

     

    そこで今回の記事では、RPGと言われた時、私がよく究極的にRPGを感じた
    作品として思い出す『Zork I』についてお話したいと思います

     

     20170418_image01

     ※画面はPS版。何者にも媚びない極渋のタイトル感。たまらないですね。

     

    ここで「それもRPGじゃないじゃねーか」と速攻突っ込んだ方、
    ありがとうございます、はい、ご指摘まったくごもっともです

     


     

    ★Zork Iとは?
      さて、『Zork I』は古典のテキストアドベンチャーです。
      PC用ゲームとして私が最初にこの作品と出会った時、それは5インチの
      フロッピーディスクという、イカす絶滅媒体に入っていました。
      ゲーム画面はDOSプロンプトのような真っ黒画面に白字のテキストだけ
      表示される簡素なビジュアル、BGMもありません。
      (後にプレイステーション版を購入した時に古代祐三氏の素晴らしいBGMと
       ビジュアルが加わっていて大層驚いたものです)

     

      昨今の一般的なアドベンチャーゲームと比較して、この『Zork I』の特徴は
      コマンドメニューや選択肢がなくて、プレイヤーが行動を起こすためには
      自分で文章を組み立て入力する点です
      例えば、[妖精の剣] [で] [ポスト] [を] [壊す] というように文章を入力すると、
      そのとおりに行動したかのように、状況のテキストが返ってくるわけです。

     

     20170418_image02
     ※画面はPS版。下のウィンドウに単語と助詞と動詞を使って文章を入力していきます。 

     

      これが結構色んなテキストに対応してくれているのが面白いのです。
      [扉] [と] [戦う] と入力すれば
      「何を使って扉を攻撃する?」と返ってきますし
      [扉] [を] [素手] [で] [攻撃する] と入力すれば
      「変人とは知っていたが扉と戦うとは!」と返ってきます。
      まぁ結局、扉と戦うことはできず、ゲーム攻略上は不正解を踏んでる
      だけなのですが、そこは今回の記事のミソです。

      

    正解を“作る”体験
      後の時代、この行動入力は全盛を誇ることなく消えたことからすると
      残念ながらアドベンチャーゲームとしてはこのテキスト入力様式は
      面倒だった、という評価に落ち着くのですが
      自分はこの『Zork I』の行動入力様式に注目する点があると考えます。

     

      「自身で行動のための文章を作るプロセスがあることで
       ルール自体で“できない行動”は規定されず、
       無数の不正解がゲーム内に存在できる環境になっている」

      

      行動を自分で文章化するということは、ゲーム攻略で正解の行動と、
      それ以外の無尽蔵な不正解の行動があることを意味します。
      無数の不正解の存在は、プレイヤーが無差別に選択肢をつぶしていく
      作業プレイが無力であることを伝えたうえで、「正解を考える意味」
      あたえてくれます
     

    20170418_image03
    ※図Bに無数の不正解があることで、無数の行動を選べる環境、正解を考える意味の両方が生まれる

     

      「不正解ばかりだけど何でも入力はできる」というのも大切です
      「入力できない」と「不正解ばかりだけど何でも入力はできる」には
      結果は似ているようでも、実は違いがあります。
      例えば、やりたいと思った行動があるのに、コマンドメニューにない、
      こいつが犯人だと気づいたのに、問い詰めるコマンドが出てこなくて
      何かフラグを立てることでようやくそれが表示される。
      アドベンチャーゲームにあるあるな状況ですが、
      ここに理不尽、物語の感情移入が途切れた感を覚えた人も多いでしょう
      その点『Zork I』の様式は、試みること自体は可能で、できないという
      理不尽なフラストレーションを覚えることなく、ゲームに没頭した状態を
      維持することができるのです。

     

    何にRPGを感じるか
      自分がRPGをプレイする時、操作している主人公自身が何をどんな風に
      考え、振る舞うかを想像しながら動かしているのですが
      キャラを育てたり、アイテムを購入したり、敵と戦闘をするのも
      自分にとっては

     

      「そのキャラらしく存在する」

     

      ための味わいの一種なのです
      それだけに、システム上の制約で、やるはずなのにできない行動がある時、
      ゲーム世界の没入が途切れ、メタ構造を意識して冷めることがあります。
    (荷が邪魔して通れない時、強制イベントによって物語が進行している時
     行動の選択肢で、想定していたことと違う行動になってしまった時
     キャラらしさより攻略上で有効な選択をせざるをえない時など)
      それはそれで、ゲームとしてはまぁ仕方ないとの向きもあるわけですが…。

     

      そんな時、『Zork I』のような没入と行動入力の自由度の高さ、
      正解を自分の手で作ろうとする気持ちの動き、
      それらは、自分がRPGに求める環境に近いことを思ったりするわけです。

     


     

    そんなわけでミッツのRPG観の好みのお話でした
    皆さんも感動のRPGに出会った時、
    ゲーム内のキャラと物語をどのような感覚から味わっているのか
    それは配管工がカメを踏みつけている時や、王将となって飛車を
    動かしている時には感じないものなのか
    RPGに対するスタンスを考えてみてはいかがでしょうか?
    意外と、RPGをRPGたらしめていることは何か、を考えると奥深いです


  •            

    寒い寒いと思ったら急に夏日がやってきて体調崩しやすいですよね。

    過ごしやすい反面、寒暖差が大きい毎日
    生身のみなさまも体調には十分お気をつけください
    (オサえもんの仕様についてはフィクションです)

     

    う~ふ~ふ~、ぼ~く、オサえもんです

    この時期やりたいのが
    やはり花見

    ヘキサ東京でも毎年花見を画策するんですが
    にんともかんとも、近年成功した例がないんです

     

    ことごとくの雨、会社の大きいモニターに桜の画像を映しながら飲む社内花見
    そんなことが頻発していました

     

    そして、今年もええ、そうなんですよ
    ダメでした、ダメでしたの、寒かったの

    カッとなったので近所に咲くお気に入りの桜をご紹介します、
    川の水面すれすれがおしゃれじゃないです?

    20170417_01

     

    まだ肉探訪していないと思ったあなた

    します、しますよ

     

    花見がダメなら肉だと、今年は早めのBBQを開催

    今回はお酒の差し入れがなかなか
    クラフトビールとスパークリングワインの量り売りを
    ボトルで持ってきてくれる猛者が

    20170417_02

     

    特にビールが美味しかったのでした

     

    そして隠れ目玉はカチカチに凍った
    丸鶏!

    20170417_03

     

    いつまでたっても焼きあがらない!

    20170417_04

    丸鶏と格闘するBBQマイスターたち

     

    隠れ目玉過ぎて焼きあがったと思われるときには
    みんなおなか一杯
    焼くだけ焼いて、持って帰るという…最後まで隠れ目玉でした

    持ち主が週明けのお昼ご飯においしそうにかぶりついていました

     

    オサえもんはひき肉とアボカドでおいしいタコスキットを持っていきました

    食べるのに夢中で写真撮り忘れました

    みな、おいしいと言ってくれました。

     

    それでも、結構日差しのきつい中みんな楽しくお肉とお酒を楽しんでいました。

    途中さくらの花びらも舞ってきてなかなか情緒豊かなBBQとなりました。

     

    だんだんと暖かく、そして暑くなってくる

    みんなお肉で元気です。

    20170417_05

    あ、奥にタコスが少しだけ写ってた

     

    次回こそ、レトロゲーム探訪お楽しみに!


  •            

    こんばんは。イノウエです。

     

    最近、「燃えよ唐辛子」というお菓子にハマってます。

    唐辛子をシンプルに揚げたかなり辛い物ですが、

    文字通り燃え上がれるのでオススメです

    社内のごく一部で、極端に流行っており、

    なぜか2,3袋常備している人がチラホラいます。

    (私もその一人・・・

    代謝が良くなった気がする反面、

    熱くなりすぎて危険な感じもしていますが、

    おおいに燃えながら仕事をしている日々です

     

     

    さて、本日は、弊社のオリジナルスマホゲーム

    アイテム代は経費で落ちない~no item, no quest~

    のアップデートがありました!

     

    アイテム代は経費で落ちないロゴ

     

    無料の隠しダンジョンと、有料の番外編ダンジョンを、それぞれ追加しています。

    今回追加された無料の隠しダンジョンは、

    『アイ経』史上もっとも過酷なダンジョンになるかもしれません

    公式Twitterネリネさんからのヒントを参考にして探し出し、

    熱く!燃える!チャレンジをしてみてくださいね

     


  •            

    皆さん、こんにちは。店長です

     

    昨日のニンテンドーダイレクトはご覧になりましたか?

     

    Switchから3DSまで楽しそうなソフトがいっぱいでしたね

     

    さて今回は、そんなニュースと同じ時期に発表されたMinecraftのニュースを紹介しようと思います。

     

    Minecraftの自由度の高さは皆さんご存知だと思いますが、

    そんなMinecraftになんと、

     

    公式のマーケットプレイスがオープンします!minecraft

     

     

     

     

    ここでは、他のユーザーが作ったアバタースキンやアドベンチャーマップなど

    安全に買うことができるようになるそうです。

     

    2017年春に導入ということで、まだ詳しい情報はでてませんが、

    (と言っても、もう4月ですね)

     

    こういうUGCには

    私達プロでもビックリするようなアイデアやクオリティの作品があったりするので、

    個人的に楽しみにしてます

     


  •            

     こんにちはkayanuma.です。

    こんなアイテムを手に入れました。
    DSO138という簡易型のオシロスコープで、組み立てキットになってます。
    完成品もあるようですが、キットの方がちょっと安いです。だいたい2~4千円ぐらいで買えます。

     

    blog20170412_01

    ・・と本来なら組み立てていく過程を写真で辿ると楽しいブログになるはずなのですが
    うっかり全部組み立ててしまったのでいきなり完成写真となっております。

    電子基板がむき出しなので、ケースは別途買うなり自分で作るなりしなければいずれショートしそうですね。

     

    blog20170412_02

    組み立てにあたって説明書は良くできていて組み立てそのものは難しいところはなく、すんなり完成するのですが
    いくつかチップ部品を使っているところがあって

     

    blog20170412_03

    もはや老眼の自分にはつらいものがありました。拡大してみるとはんだ付けが汚い。。

     

    blog20170412_04

    テストにオーディオ測定用の発振器の出力を見てみました。
    波形と同時に様々な情報が表示されて便利な感じです。

     

    blog20170412_05

    正弦波を見るだけではつまらないのでこんなキーボードを引っ張り出してきました。

    アナログシンセサイザーです。何年も放置され若干故障気味。

    そういえばずっとまえにアプリの効果音をコイツで作ったことがありました。

     

     ではシンセから出てくる音の波形を見てみます。

    blog20170412_06

    ・ノイズ

    ザーという音ですね。
    イメージ通りのぐちゃぐちゃした波形です。

     

    blog20170412_07

    ・ノコギリ波
    プーという感じの金管楽器系の元になる音色です。

    名前の通りギザってます。

     

    blog20170412_08

    ・矩形波
    ポーという感じの木管楽器系の元になる音色。不思議と見た目と音色が連動しているような気がしませんか?

    理想的な波形よりも形が歪んでいますが、この年代のシンセはだいたいこんな感じです。

     

    blog20170412_10

    ・矩形波にローパスフィルター(低い音だけ通るフィルター)をかけてみると高い音の成分が無くなり丸みを帯びました。
    実際の音色も丸い感じになります。

     

    フィルターのかかり具合を連続的に変化させてみます。波形の変化と同時に音色が変化しているのがわかりますでしょうか。

     

    鍵盤を押して音を出すたびに音色が変化するようにセットするとシンセサイザーっぽい感じの音になります。

     

     

    blog20170412_09

    このオシロはお安いくせに単なる波形の表示にとどまらず、ピーク電圧や周波数など様々な情報が表示できます。

    さらりとやってくれちゃってますがこの価格では画期的な機能ですよ。


  • 2017年4月11日

    32とか16とかその6改

               

    こんにちは。

     

    シュンスケです

     

    前回、イマイチうまく結果が出なかったGAですが、薄っすらと変化はありました

    ただ、変化が上の方にしか無いので怪しいなという事で追っていくと、

    バグがあります

    二点交叉をしている部分と、突然変異の部分です。

    ピクセル単位での処理にしようとしている部分で間違えて、

    前半4分の1しか触れていません。いやお恥ずかしい

     

    という訳で気を取り直して修正し、実行してみました

    20170411_ga_01h 20170411_ga_03h 20170411_ga_06h 20170411_ga_10h

    なんとなく形が浮かび上がっていますね。

    1番上が目指す画像で、

    最後の画像は10時間後の結果です

    これだけの時間が経ってもまだ少しずつ評価値が上がっていきます。

     

    やっとこのGAを使った減色処理のスタートラインです

    そう、このままでは全く減色されていませんし、

    そもそも全然キレイな画像が生成されていません。

    ここからの方針を書いて今回は終わります。

     

    .使用する色を1チャンネル16色に制限する

    .現在開始画像が完全にランダムな絵だったのを、

     誤差拡散等で既にキレイな状態を出発点にする

    .評価式にPSNRを使用しているのを、改良する(SSIM辺り?)

     

    おまけ.処理速度を改善する

     →2によって、良い結果が出る時間は短縮されるとは思われますが、

      コアに分散させることで  速度アップが狙えそうな気はします。

     

    これでどういった結果になるのか、見ていこうと思います。が、

     

    今回はここまで。

    では


ヘキサブログ ピックアップ



過去の日記はこちら

2017年5月
« 4月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031