プログラムTIPS

DEMO PROGRAM ヘキサドライブでは様々な研究開発をしています。その一部を紹介。

【ピリリな小粒をスクリプト言語で捌きたい】(2009年2月2日)

突然ですが、テキストファイルの処理でお悩みはありませんか?
例えば、提出作品に読ませるデータが、
加工が必要なテキストデータだったとき、
日々の更新ログを読みやすい形に変換したいと思ったとき等々です。

 

こんな時、C/C++言語だけで捌こうとするとちょっと大変です。
fopenでファイルを開いて、メモリを確保して、ファイルを読み込んで、
文字を検索して、目的の処理を書いて・・・
・・・・fcloseでファイルと閉じて終わる、と。
 
既にそれ用のライブラリなどあれば別ですが、
ゼロから書き始めるとなかなか大変です。
そこでスクリプト言語を使ったアプローチを
考えてみてはどうでしょうか?
 
例えば、Ruby言語で文字列の置換を書くとこんな感じになります。
 
File.open(“data.txt”, “r”).each do | line |
print line.gsub(/[bd]/, ‘(\&)’)
end
 
ここでは、ファイルから1行ずつ読み込み、
そのなかに「b」か「d」があれば「( )」付きに変換して出力しています。
 
もちろん、ここまでの内容でしたら
スクリプト言語を使うまでもないと思います。
しかし、CSV、XMLやYAMLを扱いたい、
もっと複雑な置換を行いたいなど、求める機能が増えてくると、
C/C++言語だけよりスクリプト言語も使った方が楽になってきます。
 
ちょっとしたデータ作成やコンバート作業が短時間で済めば、
本筋の作品制作などに割ける時間も増えるんじゃないかなと思います。
新たな言語を覚えるのはちょっと・・・・
と、思っている方も選択肢の1つとして考えてみてはどうでしょうか?

【免責事項】

本サイトが提供している情報に関しては、安全性等、いかなる保証もされません。 株式会社ヘキサドライブは、これらの情報をあなたが利用することによって生ずるいかなる損害に対しても一切責任を負いません。

【著作権】

本サイトが提供しているコンテンツについては、特に断りのある場合を除き、株式会社ヘキサドライブが著作権を有します。