プログラムTIPS

DEMO PROGRAM ヘキサドライブでは様々な研究開発をしています。その一部を紹介。

画像からプログラムを作る(2010年6月7日)

ちょっと面白い言語の事を知ったので、それについて書いてみたいと思います。

スクリプト言語やバッチファイルなどを使い、定型的な作業を楽に行いたいと思った場合、
共通した泣き所があったりします。

その作業の中に、GUIツールの操作が含まれているケースです。

特定のメニューを開き選択肢、出てきたダイアログのボタンをクリックして・・・・
といった工程を実現しようとするとかなり大変です。

これらの問題を解決出来るかもしれないのが、「SIKULI」というプログラミング環境です。

このSIKULIの面白い所は、スクリーンショットを使ってプログラムを組めるという所です。
現在の画面や保存しておいた画像ファイルを使い、一部分を選択します。
その選択した部分をプログラムに使えてしまうんですね。

例えば、「click」というコマンドでは、↑で指定した画像の一部分を
現在の画面内から探し、その画像の中で指定した場所を左クリックする。
という機能を提供してくれます。

他にも、「指定した画面が現れるまで待つ機能」や
「文字列を入力する機能」など色々実現出来そうな機能が揃っています。

何か面白い事はできないかと、実際に触ってみました。
が・・・・意外と難しい・・・・

画像で比較するため、複数の場所で候補が見つかる画像が使えなかったり、
実際に実行した時に別のウィンドウを開いていて、正しく動作しなかったりと
今までの言語とは違うコツが要りそうです。

また、画像での比較を行うため、全体的に動作が遅いという特徴もあります。

このSIKULI自体がベータ版であるように、これから拡張・改良されていくのだと思います。
すごく可能性を感じるだけに、今後の進展に期待したいですね。

検索してみると色々と情報が見つかりますので、
興味がある方は調べてみても面白いと思いますよ。

【免責事項】

本サイトが提供している情報に関しては、安全性等、いかなる保証もされません。 株式会社ヘキサドライブは、これらの情報をあなたが利用することによって生ずるいかなる損害に対しても一切責任を負いません。

【著作権】

本サイトが提供しているコンテンツについては、特に断りのある場合を除き、株式会社ヘキサドライブが著作権を有します。