HEXA BLOG

書籍紹介

HEXA BLOG書籍紹介2010.8.25

パズル?ジレンマ?パラドクス?

連日猛暑ふらふらが続きますが、猛暑でなくても
夏は夏バテがく〜(落胆した顔)になります。シュンスケです。
5年前、夏になると食欲が落ちている事に気付きました。
今ではもうすっかり恒例行事でするんるん
皆さんも、夏とはうまく付き合いましょう。
さて今日は、最近読んでいる本本の紹介をしたいと思います。
20100825_book.jpg
一見どう答えを導いていいかわからないような哲学的な問題を、
論理的に考えて解くひらめき方法が解説されています。
例えばこのような問いです。
問001
この問題(問001)は次のうちどの問題でしょうか。
A.パズル(正解が1つだけに決まる問題)
B.ジレンマ(互いに矛盾した答えが2つ以上ある問題)
C.パラドクス(正解が1つもない問題)
これはほんのウォーミングアップで、この他に哲学界で
有名な問いについても書かれています。
答えを知りたい方は、何ページか例題がAmazonさんで紹介されている
ので、見てみてください。

この本を読んでいると、「言葉」一つ一つの重要性が高い右斜め上事を
改めて感じます。「~は」と「~が」の一文字で大きく意味が
変わります。これは、普段の会話ではそこまで気にする必要の
無い事かもしれませんが、仕事ビルでの会話となると話は別です。
「報告」、「連絡」、「相談」を行う上で、自分の仕事の現状や
意思を正確に伝える事は必要不可欠です。意思の疎通がうまくいかないと
それが原因でプログラムの実装方法を間違えたり、バグの原因を
突き止められなかったりと、様々な弊害が起きてしまう事が容易に
想像できますあせあせ(飛び散る汗)
この本を読破し、論理的な思考を鍛える事によって、
少しでも仕事に役立てられればと思いますわーい(嬉しい顔)

RECRUIT

大阪・東京共にスタッフを募集しています。
特にキャリア採用のプログラマー・アーティストに興味がある方は下のボタンをクリックしてください

RECRUIT SITE