HEXA BLOG

日記

HEXA BLOG日記2019.4.24

イベント・ホライズン・テレスコープ

皆さんこんにちはグリフォンです

平成から令和への改元、ゴールデンウィーク10連休という
イベント直前でワクワクしている人も多いと思いますが

少し前、私もとてもワクワクする発表がありました。

 

2019年4月10日(水)22時からEHTの成果発表がありました。
EHTとは「Event Horizon Telescope」の略でブラックホールを直接観測しようという試みです。
https://www.miz.nao.ac.jp/eht-j/top

このプロジェクトが始まったのは2017年4月頃なので
2年の歳月を経て結果が発表されました。

 


EHTで撮影したM87中心ブラックホールの画像 (Credit: EHT Collaboration)

 

ニュースにもなったので既に見ている方も多いと思いますが
人類が始めて“直接”観測したブラックホールの画像です。

発表会の様子も以下のURLから見れます。
https://www.nao.ac.jp/news/sp/20190410-eht/

 

この画像の何がすごいのか?と思う人も多いと思いますが
今回の凄いところは“直接”というところです。

ブラックホールの存在はアインシュタインが相対性理論を発表した直後1915年頃に提唱されましたが、光すら飲み込むという性質上、今まで直接観測が出来ませんでした。

それでも周囲の光星の動きなどから、そこに“あるだろう”と言われてきました。

 

でも、幽霊が居ると言われても信じられないように、目で見えないものは信じられないのが人間。

しかし今回、“直接”観測された画像が発表されたことで100年の間存在を確信できなかったブラックホールの存在が確信へと変わったのです。

 

とはいえ、我々のような一般人には何の恩恵もありません。

しかし、100年後にはこの功績を基にした技術や製品が我々の生活を一変しているかも知れません。ブラックホールの解明は重力の解明に繋がる可能性が高いので、重力制御装置なんかが可能になるかも知れないですね。

 

そんな未来を夢見ながら今後の動向にも注目していきたいと思います。

 

RECRUIT

大阪・東京共にスタッフを募集しています。
特にキャリア採用のプログラマー・アーティストに興味がある方は下のボタンをクリックしてください

RECRUIT SITE