HEXA BLOG

その他

HEXA BLOGその他2017.2.15

バイオリンのレベルデザイン

こんにちは。ブリテンです。

 

半年ぐらい前に思い立ってバイオリンを始めました。

自分のバイオリンも購入し、毎日せっせと練習しています。

20170215

 

とはいえ、バイオリンは難しい楽器です。独学ではきつい。

そんなわけで、毎週せっせとバイオリン教室に通っています。

こういった所謂○○教室のいい所は、きちんとカリキュラムが組まれている所です。

つまり、

 

①バイオリンの持ち方を覚える 

 

②音の出し方を覚える

 

③音をいくつか出して、繋げる

 

④(習ったことで出来る)曲を弾く

 

のような基本サイクルを繰り返していくことで、プレイヤーのバイオリン技術を向上させるわけですね。

いわば、「バイオリンのレベルデザイン」なわけです。

 

プレイヤーがバイオリンに挫折してしまわぬよう、

プレイヤーがバイオリンに飽きてしまわぬよう、

プレイヤーがバイオリンが上達していることが実感できるよう、

「バイオリン教室のレベルデザイナー」はきっと頭を悩ませ、捻らせたはずでしょう。

 

しかしその丁寧な努力は「音楽を楽しんでもらうこと」に繋がり、

「プレイヤーの満足度」に繋がります。

 

「ゲームのレベルデザイン」をする上でも、この丁寧な努力を怠らないようにしたいものですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

RECRUIT

大阪・東京共にスタッフを募集しています。
特にキャリア採用のプログラマー・アーティストに興味がある方は下のボタンをクリックしてください

RECRUIT SITE