鳥居 文香

AYAKA TORII

アーティスト / 東京スタジオ

Ficustone Projectという若手だけの小規模オリジナルタイトルのチームで、アートディレクター兼アーティストをしています。直近のタイトルでは『アイテム代は経費で落ちない~no item, no quest~』と『魔法パスワード1111』に携わりました。
アーティストの進行管理をしつつ、主にUI/エフェクト/アニメーションを中心に、背景/宣伝用素材の制作なども担当しています。チームのアーティストが少人数なので、ゲーム内外で必要となる様々なデザイン作業を分担して制作しています。また開発スケジュールの関係で、他職種の方よりもアーティストは締めきりが早く設定されていることが多いです。そのため、他職種の方がいろいろな実装をしているなかで、デザイン制作以外にもゲームのプレイチェックからイベント出展の準備など、とにかくチームが円滑に回るようにできることは何でもやっています!

鳥居 文香
鳥居 文香
鳥居 文香
鳥居 文香
鳥居 文香

入社した理由、ヘキサドライブの良い所を教えてください。

学生時代にゲーム制作をする中で、「媒体にこだわらず、面白いゲームが作りたい!いろいろなデザイン制作もしたい!」と考えていました。
多様なプラットフォームで開発できる技術力と、今後のオリジナルタイトル開発に積極的で、中小規模の会社で専門職種が細分化されすぎていないということで、私にとってヘキサドライブはぴったりでした。
また、アーティストの新卒をはじめて採用する年に入社となった為、他の先輩は経験豊富な方ばかりという環境に飛び込み成長したいという思いや、オリジナル開発などで「いろいろなことを任せてもらえるチャンスがあるのでは」という期待を胸に入社しました。ヘキサドライブは、それぞれの仕事はきっちりこなしているのですが、社内はフランクで明るい雰囲気なところが良いです。上下関係を気兼ねすることなく、誰とでもコミニュケーションが取りやすい環境は、チームでよいものづくりをする上で大切だと思います。

鳥居 文香

仕事へのこだわり、大切だと思う点を教えてください。

「限られた条件の中で、より高品質のものを作り上げること。」に重きを置いています。時間や人員は有限ですので、その中でゲーム全体としての完成度を高くするため何か工夫できないか?他の人が多忙な時は何かお手伝いできないか?など考えています。そのため、自分の作業だけではなく、チーム全体の作業やゲーム仕様を理解し、優先度の認識のズレが起きないように努めています。デザイン部分のクオリティアップにも注力できるよう余裕あるスケジュールを組んでいます。
また、「お客様にエンターテインメントを届ける仕事ならば、まずは身近なひとを楽しませることから。」という心がけを大切にしています。チームの不和、ギスギスした環境では面白いコンテンツは作れないと思います。なるべく明るい雰囲気で仕事ができ、お互いを尊重しつつも気兼ねなく意見を言い合えるよう、小さなことかもしれませんが言葉遣いや態度といった自分の言動にはなるべく気をつけています。

鳥居 文香
鳥居 文香
鳥居 文香

プライベートでの過ごし方について教えてください。

仕事とプライベートのオンとオフを切り替えて過ごせていると思います。
学生時代は大学でも家でも常に課題に追われていたので、社会人になった現在の方がプライベートに対しての時間があることに、正直驚きました。
平日は、帰宅後は自分の趣味や勉強の時間などに充てています。最近はよく、色々なゲームに触れて、UIやゲームがどうなっているかレビューや研究をしています。
休日は、土曜は外で遊んで刺激を受け、日曜はゆっくり家で過ごしてリフレッシュ、というパターンが多いでしょうか。
旅行や写真撮影が趣味で、すこし遠出していろいろな場所に出かけたりします。最初は風景を撮っていたはずが、「デザインの参考になるかも!」と気がつくと、「地面の苔」や「コンクリートの染み」などにカメラを向けていることもよくありますが…。

ヘキサドライブに興味がある方へ

新人教育に力を入れていて、「若手が学べる環境」だと感じます。入社後はまず、他社との合同新人研修があり、1ヶ月間ビジネスマナーや各職種の基礎知識を学びました。他にも新人デザイナーカリキュラムでは、普段の業務とは違う分野のデザイン制作を行い視野を広げることもできます。
また、「若手が成長、活躍できる機会」も多いです。私は他のプロジェクトを経験後、2年目でFicustone Projectチームに配属となりました。はじめての新規オリジナルタイトル開発、はじめてのアートディレクターと、日々新しいことの連続で、楽しくもあり、頭をひねることもよくあります。しかし、そうして作り上げたゲームに対しユーザー様からご反響をいただいた時、とても大きなやりがいを感じますし、会社からこのようなチャンスを与えられてとても感謝しています。
新人でも安心して挑戦できる場がここにはあると思います。ゲーム業界を目指す新卒の方も、是非いっしょにゲームを創りましょう!

社員インタビュー一覧へ

 
 

JOB LIST

新卒採用新卒採用
新卒採用募集一覧へ
キャリア採用キャリア採用
キャリア採用募集一覧へ