満田 朗拡

AKIHIRO MITSUTA

ディレクター兼ゲームデザイナー / 東京スタジオ

現在は『スーパーボンバーマンR』の開発プロジェクトのディレクターを担当しています。業務としては主にクライアント側と協議してゲームのコンテンツなどを決めて、それを実現するための仕様策定・ゲームデザイナーやプログラマーやアーティストなど開発各所に共有し、合わせてゲームデザイナーのスケジュール管理をおこないます。できあがったものをチェック、ゲーム全体の舵取りや一貫性、バランスなどがズレてないかを把握して必要な調整についてお願いして回ったり、大きく前提を見直す必要があるものはクライアントとも再検討したりもします。
自身の手でゲームを作っている部分もあるにはありますが、それよりもスタッフにどういう風に作って欲しいのかを正しく伝えることが一番大切になってくるポジションですね。

満田 朗拡
満田 朗拡
満田 朗拡
満田 朗拡
満田 朗拡

入社した理由、ヘキサドライブの良い所を教えてください。

キャリア採用でヘキサドライブへ入社しましたが、ゲーム開発とそのための技術に対してストイックな姿勢に好印象をおぼえてキャリア採用枠に応募しました。当時、私はソーシャルゲーム業界を中心に活動をしてきただけにコンシューマー開発が実績の中心だった当事のヘキサドライブに自身の経験が通用するか?不安だったのですが(笑)幸いなことにゲーム仕様を策定していくこと、プロジェクト進行に関してはそれまでのノウハウも適用できたようで大過なく仕事を進められました。
入社後に特に良いなぁと思ったのが、新入社員に対するかなり綿密なトレーニングとケアです。徒弟制のようなマンツーマンでの指導体制はゲーム業界でも珍しいですし、教えられる側と教える側の両方での成長を促す好循環のサイクルができていると感じました。

満田 朗拡

仕事へのこだわり、大切だと思う点を教えてください。

仕事をする上で自分が大切だと思っているのは「こだわりを持つこと」と「こだわりを捨てること」の相反する2つの価値観の循環でしょう。「こだわり」というのは自分のイメージ的には原石のようなもので、そのままだと大きすぎたり重すぎたりで他の人と連携して作業をする上でむしろ邪魔だったりします。なので、そのこだわりを捨てたり変化させたり、意見やご指摘もまずは抵抗せずストレートに受け取ってみて仕事に臨む姿勢を心がけます。しかし一方で、実はこだわりを全部放棄するわけでもなく、意識するにせよしないにせよ形を変えて残ったりします。そういう「原石を削ぎ落とす」みたいな繰り返しによって、自分の中にある最後まで残り続けた「こだわり」の形を理解するのが日々の仕事で重要だと思います。

満田 朗拡
満田 朗拡
満田 朗拡

将来の夢を教えてください。

最終的に挑戦したいと思っていることは、例えば囲碁やチェス、オセロなど、近年で言えばトレーディングカードゲームや4Xゲームというジャンルのように、自分の作ったゲーム作品のルールメカニクスが、1つのジャンルを確立するほどに派生して普及し、ゲームの歴史上の転換点の1つになっていたりすることです。そんな評価が欲しいというより、自分の考えにあるゲームルールの価値観で新たな公式を立証したいという感じです。
そのためにも子供の遊び、古典ゲームデザイン、近年のゲームのあり方と消費され方、そしてゲームの発展に影響をあたえているメディアやトレンドといった外部の要素まで、なんとも色んなことを勉強しないといけないんだよなぁ、と途方に暮れたり苦笑いしたりしています。

ヘキサドライブに興味がある方へ

自分に対して何かしら「一家言」を持っておくと良いと思います。仕事の技術の腕でもいいですし、趣味関係の些細なこだわり、ディープ&マニアック豆知識でもかまいません。自分のスタイルを決めておけば、(実際にそこまで到達してなくても)そうなりたいと自身を高める具体的なビジョンと欲望になりますし、ヘキサドライブとそのメンバーはあなたの考え方について理解して時に必要なフォローもできるかもしれません。
ゲーム開発は多かれ少なかれそうした色んな人のエゴから出てくる意見を比較したりぶつけたりして進むのですが、そんな時に自分の考え方がブレてないか自身で振り返ったり、他スタッフが「あなたはこういう考え方をする人だ」と理解していると変な遠慮や衝突もしないで済んだりします。このちょっとした心構えを常に持つことが最後には大切になったりしてくるものです。

社員インタビュー一覧へ

 
 

JOB LIST

新卒採用新卒採用
新卒採用募集一覧へ
キャリア採用キャリア採用
キャリア採用募集一覧へ