プログラムTIPS

DEMO PROGRAM ヘキサドライブでは様々な研究開発をしています。その一部を紹介。

コード量を減らす方に(2009年2月27日)

前回に引き続きRuby言語を使って
コード量の最適化をしてみたいと思います。
まずはCSVファイルの読み込みです

 

require ‘csv’
CSV.open(“sample.csv”, “r”).each do | row |
p row # CSVの1行を出力しています
end
 
以上で読み込みと内容の出力は完了です。
4行・・・なかなかの少なさではないでしょうか!?
この先は、出力している部分を
必要とする機能に変えていくだけですね。
 
引き続いてYAMLファイルの読み込みです。
 
require ‘yaml
require ‘pp’
# YAMLを読み込む
data = YAML.load(File.open(“sample.yaml”, “r”))
# データを表示する
pp data
 
以上で読み込みと内容の出力はOKです。
コメントを含めて6行、十分な少なさになったと思います。
ちなみに、↑の「sample.yaml」の中身と出力結果は
↓の通りです。
 
<sample.yamlの中身>
 
- name: sample_data
date: 2009/02/27
string:
- apple
- orange
number:
- 123
- 45678
 
<出力結果>
 
[{“name”=>”sample_data”,
“number”=>[123, 45678],
“date”=>”2009/02/27″,
“string”=>["apple", "orange"]}]
 
YAMLを読み込んだ後は、
配列と連想配列を組み合わせたデータ構造になります。
複雑な構造のデータが必要な場合は、
CSVよりこちらの方が向いているかもしれませんね。
 
こういう形の最適化ができるスクリプト言語。
ちょっと魅力的に感じてきませんか?
 
次回は、残っているXMLも読み込んでみたいと思います。

【免責事項】

本サイトが提供している情報に関しては、安全性等、いかなる保証もされません。 株式会社ヘキサドライブは、これらの情報をあなたが利用することによって生ずるいかなる損害に対しても一切責任を負いません。

【著作権】

本サイトが提供しているコンテンツについては、特に断りのある場合を除き、株式会社ヘキサドライブが著作権を有します。