プログラムTIPS

DEMO PROGRAM ヘキサドライブでは様々な研究開発をしています。その一部を紹介。

C++コーディングルール:同じ記述をしない!(2008年8月27日)

プログラマ初心者の方へ向けて、コーディングルールについての話をしたいと思います。
 
 
私が一番気をつけている点は
「同じ処理をコピー&ペーストで書いて放置しない」
ということです。
 
 
2つ以上同じ処理があると、
バグが発生した際のメンテナンスで見落とす可能性が非常に高いです。
ですので同じ処理は関数としてまとめ、それらを呼び出す形にしましょう。
 
こうして同じ関数を呼び出しておくようにしてあれば、呼び出し箇所が増えても容易に追加できます。
また今後他の箇所から使用される可能性も大いにあるわけです。
 
単純に関数化することでコードの分量が減り、見やすくなるうえにメンテナンスもしやすくなります!
一石二鳥です!
 
 

変数でも同じことが言えます。
例えば
 

    Data data[10];
    for(int i=0; i<10; i++) {
        int value = data[i].getValue();
        
            :
            :
        
        data[i].setValue(value);
    }

という処理があったとしましょう。
この処理の中で data[i] が複数回使われているなら、それらもまとめておく方がすっきりします。

    Data data[10];
    for(int i=0; igetValue();
        
            :
            :
        
        pData->setValue(value);
    }

逆に一行増えてマズそうに見えますが、
もし i が何か別のインデックスから参照する形に変わったとしたら…

    Data data[10];
    Index index[10];
    for(int i=0; igetValue();
        
            :
            :
        
        pDat

最初の pData に代入するところだけ変更すれば済みます。
エレガントです♪
 
 
こうやって
「まとめられるものは、できるだけまとめておく」
という癖をつけておくと、後々楽になります。
くれぐれもコピペでバグを生むのだけは避けるよう気をつけましょう!

【免責事項】

本サイトが提供している情報に関しては、安全性等、いかなる保証もされません。 株式会社ヘキサドライブは、これらの情報をあなたが利用することによって生ずるいかなる損害に対しても一切責任を負いません。

【著作権】

本サイトが提供しているコンテンツについては、特に断りのある場合を除き、株式会社ヘキサドライブが著作権を有します。