プログラムTIPS

DEMO PROGRAM ヘキサドライブでは様々な研究開発をしています。その一部を紹介。

原因、見えますか?(2010年7月12日)

今回は、プログラムでエラーが発生した時について書いてみたいと思います。

といっても、単にエラーというとものすごく広い話になるので、
Rubyでちょっとしたツールを作り、それを使う時の1例に留めたいと思います。 

尚、Rubyのバージョンによって、これから書く出力内容が違うかもしれませんが、
そこは各環境に置き換えて頂ければと思います。 

ということで、まずはファイルを読み込んでみましょう。

File.foreach("test.txt") do | line |
    puts line
end

上の例では、ファイルから1行ずつ読み込み、その内容を出力しようとしていますメモ
test.txtファイルが存在すればその通りの動きになりますが、
ファイルがない場合は、以下のように表示されました。 

test.rb:1:in `foreach': No such file or directory - test.txt (Errno::ENOENT)
        from test.rb:1

test.txtという名前のファイルかディレクトリがない。といった内容ですね。 

実際にコードを書いた人には十分な内容ですが、
中身を知らない人やプログラムを知らない人には、ちょっと不親切かもしれません。
なので、ファイルが存在するか事前に調べるように変えてみましょう。

name = "test.txt"
if !File.exist?(name)
    puts "#{name}ファイルがありません。スクリプトがあるディレクトリに#{name}を置いて下さい。"
    exit -1
end

File.foreach(name) do | line |
    puts line
end

事前に調べてファイルが存在しない場合は、日本語でエラーの内容を伝え、
簡単な解決方法を提示するようにしました。
変更する前に比べると、多少は分かりやすくなっているかと思います。
他にも、
1.ファイルは存在するが、読み込むデータがなかったケース
2.読み込んだデータが不正だったケース
3.正しく処理出来たが、出力が出来なかったケース
などなど、ツールを使う際に起こりそうなエラーは色々考えられます。 

これらのエラーには、原因を正しく伝えれば、ツールの使い手側で問題を解決出来るものがあります。 

そんな時は、コーディングを行う時点で手間をかけ、
エラーの解決方法まで提示出来るようにするのもありかなと思います。 

使い手側の手間を減らせるだけでなく、作り手側へのエラーの問い合わせが減り、
結果的には、全員の効率があがるかもしれませんよ?

【免責事項】

本サイトが提供している情報に関しては、安全性等、いかなる保証もされません。 株式会社ヘキサドライブは、これらの情報をあなたが利用することによって生ずるいかなる損害に対しても一切責任を負いません。

【著作権】

本サイトが提供しているコンテンツについては、特に断りのある場合を除き、株式会社ヘキサドライブが著作権を有します。