HEXA BLOG

書籍紹介

HEXA BLOG書籍紹介2009.10.21

誰のために作るか?

こんにちは!マーシーですわーい(嬉しい顔)
部屋を掃除ぴかぴか(新しい)していると一冊の書籍を発見しましたひらめき

学生時代に恩師に薦められ購入しましたふくろ
「作り手はユーザーが使用方法、使用目的が正確に理解できるようなデザインをすることが望ましい」といった内容が具体例を交えて説明されています本
ファミリーコンピュータの差し込み口を例にとってみますゲーム
多くの人は初めてファミリーコンピュータを見ても、どこにカートリッジを差せばいいかわかると思います。でも、もし差し込み口が裏面にあったとしたら?または、差し込み口がカートリッジと違う形だったとしたらどうでしょうか?差し込み口を間違ってしまったとしても原因はユーザーにあるといえるのでしょうか?
もしかするとユーザーのミスの原因はデザインにあるのかもしれませんー(長音記号1)
私はゲーム業界に入り、実際にゲームやツールを作成する立場になって、この本の内容がどれだけ重要なのかを実感しました。
たとえ仕様を満たしていても、複雑な操作をユーザーに要求したり、広く世の中で使用されているものと操作方法が異なったりするものでは完成したと認められないこともあるからですあせあせ(飛び散る汗)
もし自分の作成したデザインに悩んでいる方がいらっしゃるなら、この本が参考になると思います。
私ももう一度この本を読み返し、ユーザーのためのデザインができるように心掛けていきたいですぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)

RECRUIT

大阪・東京共にスタッフを募集しています。
特にキャリア採用のプログラマー・アーティストに興味がある方は下のボタンをクリックしてください

RECRUIT SITE 

NEWS