HEXA BLOG

書籍紹介

HEXA BLOG書籍紹介2011.1.26

号泣してください

少しずつ日暮れが遅くなっていますが、まだまだ寒い日が続いています。
体調管理は万全ですか?
「オクダ」です。
インフルエンザが流行の兆しを見せています。
手洗い、うがい、マスクなど予防を怠らないようにしたいですね。
さて、今回は以前ブログで話題にした本を紹介したいと思います。
あまりに感動して父親に贈った本です。
以前は技術書や自己啓発本ならともかく、小説のように好みや考え方などで大きく捉え方の違う書籍を会社のブログで紹介するのは「おせっかい」だし、ブログの趣旨ではないと考えてあえて紹介しませんでした。
では、どうして今回紹介しようと考えたのか。
業界を代表するゲームクリエイタ-で私も大変尊敬している
コナミデジタルエンタテインメントの小島秀夫監督のつぶやきを目にし、
考え方を変えたのがきっかけでした。
監督も最近この本を読まれ、号泣されたようで他の人も是非読むようにとお勧めされていました。
そして、若い人にこそ読んで欲しいとも言われていました。
それに対して「読んで泣きました。」「良かった。」という反応があり、輪が広がっていく様を見る事が出来ました。
その後監督は、同じ作者の作品をいくつか読まれたようで、尊敬する監督と同じ物語を共有できた喜びと、この物語が多くの人に読まれ、感動が広がっていく事がとてもうれしく思いました。
実際、私自身は父親に本を贈るだけでなく、何人かに本を薦めました。
このブログはゲーム業界を目指す若い人たちに読んでいただく事が多いのですが、
そんな方々にも是非読んでいただきたいと考えるようになりました。
前置きが長くなりましたね。
その本は『永遠の0(ゼロ)』です。
文庫版もあります。
今ならまだ平積みになっている書店もあります。
私事ですが、私の実の祖父は戦死したのですが、最近までその事を知りませんでした。
祖父だと思っていた人物は彼の弟でした。
この物語の主人公も似たような境遇で、実の祖父がどのような思いで特攻する事になったのかを調べる物語です。
境遇が似ている事もあり特別な思いで読んでいましたが、そういった部分を抜きにしても涙なしには読めない物語です。
是非号泣してください。
そして、生きる事、死ぬ事、愛するという事、戦争という行為、あらゆることに思いを巡らせて欲しいです。
重い題材を扱っていますが、読み終わった後は清々しい気持ちになりますし、頑張って生きていこうという気持ちになると思います。

RECRUIT

大阪・東京共にスタッフを募集しています。
特にキャリア採用のプログラマー・アーティストに興味がある方は下のボタンをクリックしてください

RECRUIT SITE 

NEWS