HEXA BLOG

いいモノづくり道

HEXA BLOGいいモノづくり道2008.5.19

敏感プログラマ

こんにちは。
イノウエです。
みなさんは、自分がついつい反応してしまう言葉、ありますか?
自分の好きな言葉、嫌いな言葉、流行の言葉、
好きなアーティスト、好きな漫画、好きなゲーム、などなど…
人それぞれ、何かしら過敏に反応する物があるかと思います。
僕たちゲームプログラマの場合、「バグ」や「落ちる」といった言葉に、非常に敏感になってしまいます。
「バグ」とは、プログラムでミスをしてしまった場合などに、
実行中のゲームがストップしてしまったりする現象です。
なんらかの原因でストップした場合、プログラムが「落ちた」と表現したりします。
ようするに、「バグ」や「落ちる」などの単語は、
不具合発生exclamationただちに調査せよexclamation×2という意味なのです。
とはいえ、日ごろはミスが一切ないという事は稀なため(人間だものあせあせ(飛び散る汗)
バグが出ても慌てず対処していきます。
が、しかし!!
開発終了間際の、製品の提出が迫った時期は、状況が一変!
全員で、不具合がないかチェックしている時…
「落ちました!」や、「バグってるのでは?」などの声が上がると、
プログラマたちは一斉に集まり、どういう状況か把握しようと躍起になりますグッド(上向き矢印)
その敏感さ、緊張感は、さながら受験生のようたらーっ(汗)
ただ単に、ゲーム中に落とし穴などに落ちただけだったりした場合…
脅かすなっ!と怒られたりするかもしれません。(怒られた事ないですが)
プログラマの人が身近にいる場合、気をつけてあげて下さいねわーい(嬉しい顔)
補足:「バグ」の元々の意味
真空管を部品に使っていた頃、
コンピュータ内部に蛾のような昆虫が入り込み、
回線に触れて動作不具合が生じた場合に「バグ」(小さな虫)と呼んでいたそうです。
そこから、知らず知らずのうちにしてしまっている
プログラムのミスを「バグ」と呼び、虫のせいにしていたとか。。
ちなみに、世界最初のバグの原因になった蛾は、
不具合の報告書と共に博物館に保存されているらしいです。
見てみたいような、どうでもいいような………

RECRUIT

大阪・東京共にスタッフを募集しています。
特にキャリア採用のプログラマー・アーティストに興味がある方は下のボタンをクリックしてください

RECRUIT SITE