HEXA BLOG

デザイン

HEXA BLOGデザイン2016.4.5

絵を見せる練習

こんにちは!大阪デザイナーのハマグチです。

今回は絵を描いてきました。

 

20160405_img

 

弊社アプリ「ダイコン王の野望ッッッン!!」の登場キャラクター、

「ダイコンchan」です。カワイイですよね…(持ってないけど…)

 

元々は、ただ昼休みの暇つぶしに描いていた落書きなのですが、

描いたからには誰かに見てもらいたいのが、絵を描く人の性ではないでしょうか。

実際、「人に絵を見せること」はデザイナーとして働く上で、結構大事な習慣だと思います。

 

仕事では、作ったものは発注者の確認を取り、OKを貰わなければいけません。

しかし、自分の描いたものを誰かにジャッジして貰うのは、かなり勇気の要ることです。

 

ただ、それで周囲への確認を怠ったまま勝手に描き進めてしまうと

求められている物は作れず、修正するにも時間がかかるという状況になります。

 

これを解決するには、やはり「絵を見られ慣れる」のが有効です。

私はコミュニケーションに関しては内気な方なので、

普段から「絵を見せる練習」のような事をこっそり行っています。

 

・落書きを机に出しておく

・人が周りにいる所で落書きする(今回の絵もその一環です)

・ポートフォリオやtumblrなどの作品集をいつでも見せられるよう用意する

 

誰かに反応を貰う貰わないに関わらず、「とりあえず人目に晒す」だけでも

人に絵を見せることに対する心理的なハードルは下がると思います。

 

他にも、誰かが感想をくれることで会話のきっかけになったり、

自分の得意なことを周りに知ってもらうことで、得意な分野の仕事を回してもらえたりする可能性もあり、

積極的に絵を見せることのメリットは多いです。

 

全国の内気なデザイナーさん&デザイナー志望の皆さん、是非お試しください。

(そして私にその落書きを見せて下さい…デザイナーさんの落書きが見たい…!)

 

それではまた次回!

RECRUIT

大阪・東京共にスタッフを募集しています。
特にキャリア採用のプログラマー・アーティストに興味がある方は下のボタンをクリックしてください

RECRUIT SITE