HEXA BLOG

日記

HEXA BLOG日記2011.4.22

「初めて」の高所からのジャンプ

桜の花かわいいが散り、葉桜となってこれから暖かくなるかなと感じているこの頃。
私に猛威を振るっている花粉が落ち着いたかなと鼻炎薬を省くと、クシャミが「まだだ。」と答えてくれますもうやだ〜(悲しい顔)
いや、答えなくても良いですよexclamation&question
こんにちは、ハラです。
先日、地上20メートル以上の高さから、跳んできましたバッド(下向き矢印)
バンジージャンプというやつですひらめき
正直な所、私は高い所がそれほど得意ではありませんがく〜(落胆した顔)
会社の窓から下を見下ろすとドキっとするくらいです。
ですが、バンジージャンプに対する興味と
「あなたも芸人になれる。」という誘い文句につられて跳んできましたわーい(嬉しい顔)
結果は・・・・・怖いexclamation×2ですね。2回目は遠慮したいくらいです。
鉄塔から跳ぶことになるのですが、当日は風が強く台風、揺れる揺れる。
恥ずかしながら、足がカタカタと震えてましたあせあせ(飛び散る汗)
跳ぶ前、少しばかり後悔しつつ、鉄塔の上で順番を待っていると、
他に人が跳ぶための準備をテキパキと行うスタッフさんが目に留まりましたひらめき
流石に落ち着いていました。
私と違って、何度も鉄塔に上り、高さや強風も知っているんだと思います。
初めて鉄塔に上った私と幾度となく上っているスタッフさん。
この2人では、経験の差が大きく、同じ状況でも感じ方がまったく違うと思います。
(高さに対する得手不得手もあると思いますが)
この手の経験の差による感じ方のズレは、あらゆる事で共通するのではないでしょうかexclamation&question
もちろん、ゲーム開発においても例外ではないと思います。
ゲームを開発している間は、完成度の低い頃から完成直前のデバッグまで、
何度も何度もプレイする事になりますゲーム
そのゲームの経験を多く積んでしまった結果、初めてプレイする人との感覚のズレが起きやすくなります。
面白いと思った出来上がりが、初めてプレイする人には伝わらない。
それは作り手にとっても、遊び手にとっても悲しい出来事だと思いますがく〜(落胆した顔)
そんな事が起きないように、「初めてプレイする人ならどう感じるか?」
それを忘れないように歩んでいきたいと思いますグッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)

RECRUIT

大阪・東京共にスタッフを募集しています。
特にキャリア採用のプログラマー・アーティストに興味がある方は下のボタンをクリックしてください

RECRUIT SITE