HEXA BLOG

日記

HEXA BLOG日記2011.6.28

第10回 関西ゲームデベロッパー交流会

こんにちは。さいやん、こと齊藤です。
先週末の金曜日、6月24日にGIP West主催の
「 関西ゲームデベロッパー交流会 」
を開催しましたイベント
今回の開催で記念すべき第10回を迎えました。
ご参加頂いた方々も48社1大学から89名の方々をお迎えし、会場は大盛況となりましたので、
そのご様子をお伝えしたいと思いますわーい(嬉しい顔)
まずは、通例となって参りましたゲストをお招きしての講演ですが、
今回は2社様にご登壇頂きました。
最初は第8回に続きご登壇頂きました、日本マイクロソフト株式会社様による
「 ”D”は何のD 」
と題した講演から始まりました。
全容はお話しするには紙面が足りないのですが、個人的に注目だったのは”Device”のDとして
WindowsPhone7の端末とその開発環境についてのご紹介があり、日本ではiPhoneやAndroidで
今まさに世間でも注目されているスマートフォンの一角としてとても期待させられる内容でした。
20110628_1.jpg
次に、株式会社スクウェア・エニックス様による
「 ファミコン黎明期、再び。~いまやらずにいつやるねん!~ 」
と題した講演を頂きました。
昨今、世の中に広く認知されるようになってきたソーシャルゲーム
コンシューマーゲームから見ると物足りないように感じるところもありますが、
そこにはコンシューマーとは違う市場があり、制作や価値観に対するアプローチが違うだけではないか。
コンシューマーゲームの開発経験者であれば、そこで培われた「面白さを求める粘り強さ」
「おもてなし」の心はソーシャルやスマートフォンのゲームでも必ず強みとなるので、
まだ手掛けていない会社さんは是非目を向けてみて欲しい、という内容でした。
私個人としてもとても共感が持てる内容で、フィーチャーフォンで一大ムーブメントを起こした
ロワイヤル系等のソーシャルゲームで初めてゲームに触れたユーザーの皆様によって
ゲームの間口はとても広がったと思いますので、その次の満足を提供できるのは、
我々コンシューマ制作経験者のノウハウなのではないか
と感じています。
20110628_2.jpg
そして、講演のあとには告知を2点ほど。
まずはIGDA主催のGlobal Game Jam (以下GGJ)の大阪開催を予定されているということで、
GGJの概要と参加の呼び掛けを頂きました。
GGJは簡単に言うと48時間でゲームを一つ作り上げましょう、というイベントで、世界各地で
行われています。
詳しくはこちらをご参照ください。
http://globalgamejam.org/jam/jp
20110628_3.jpg
続いて、GIP Westからのお知らせを。
http://gipwest.com/
GIP Westでは、関西にはゲーム開発会社が多いという数のメリットを生かしていきたいと考え、
GIP Westホームページ上に協賛各社様のバナーを並べたリンク集を作ろうと呼びかけさせて
頂きました。
開発パートナーを探される会社様とのマッチングの場等、活用されていくことを期待しています。
20110628_5.jpg
そして、そろそろお腹もすいてきたところで、交流会へと突入パンチ
初めてご挨拶される会社様もあり、以前お取引のあった懐かしい顔との再会もあり、
会場内は大変盛り上がっていましたグッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)
20110628_4.jpg
今後もGIP Westの活動の輪を広げ、ますます関西のゲームシーンを、
引いては日本のゲーム業界を元気にしていくべく頑張りたいと思いますexclamation×2

RECRUIT

大阪・東京共にスタッフを募集しています。
特にキャリア採用のプログラマー・アーティストに興味がある方は下のボタンをクリックしてください

RECRUIT SITE