HEXA BLOG

日記

HEXA BLOG日記2018.11.22

英語の勉強

こんにちは、ブチャラティを崇めてるブリテンです。

ブリテンという名前であるからには、かつてブリテンにいたことがあるのですが、
ブリテンにいるだけで英語が話せるわけではないので、
ブリテンに行く前はもちろん、ブリテンにいる時も英語の勉強を継続して行っていました。

今回は当時私が行っていた
(おそらく)効果があるだろう勉強法を紹介します。

💪💪💪
Step1:英文法の勉強
最初のうちは語彙力を増やすよりかは、「英語のルール」をしっかり学ぶのがよいです。
そこで役立つのが、海外出版の英語文法本です。
もちろん中身は英語で書かれていますが、
日本の難解な文法本よりもシンプルなので理解しやすいです。
おススメはこちら↓
English Grammar in Use Book with Answers: A Self-Study Reference and Practice Book for Intermediate Learners of English

ただし、1つ注意なのは「最初のうちは」やりすぎないことです。
大体中学3年生ぐらいの文法が「この世界の何を示すためにあるものか」が分かった時点で
次のStepに進みます。
💪💪💪
Step2:英文法の運用
次に行うのは、理解した文法を使う訓練です。
そんな時のおすすめはこちら↓
どんどん話すための瞬間英作文トレーニング

これは、「この本は面白い」などのごく短い日本語を、即座に英語にする訓練のための本です。
この訓練を反復することで、文法を使うことに慣れ、
まったく新しいこと、例えば「あのハンバーガーめっちゃ美味しいんだよね~」と言う時に
「この本は面白い」と同じ文法を使えばいいのかと、即座に対応できるようになります。
ポイントは何度も何度も反復練習することです。
スポーツと同じですね。
💪💪💪

この、Step1とStep2を繰り返していくことにより、
簡単な会話であれば、そつなくこなせるようになります。
その中でもっと語彙が必要であれば、その分野の単語を覚え、
文法に載せればOKです。

ちなみに発音については、シャドーイングといわれる
英語の音声を聞きながら、即座に同じように真似して口にするの方法が効果的です。
同時に音声が何を言っているのかの文章を目で確認できると、さらによいです。
その時のおススメはこちら↓
BBC Learning English

俺はアメリカ英語がいいんだ!っていう方には、
CNNにも同じようなwebサイトがあるようなので、
そちらをご覧ください。
私はブリテンにいたので、BBCを使っていました。
ポイントは「真似する」ことです。

💪💪💪

日本語を自然に話せているだけに、その言語を使う環境にいれば自然と喋れると考えがちですが、
大人になった今、英語はもはや技術ですので、
「この技術をどうやって習得すればいいか」と理論として考えていくと、
よりよい英語勉強法が見つかると思います。

RECRUIT

大阪・東京共にスタッフを募集しています。
特にキャリア採用のプログラマー・アーティストに興味がある方は下のボタンをクリックしてください

RECRUIT SITE