HEXA BLOG

HEXA BLOGいぬゲーム

HEXA BLOG2017.12.15

好みのタイプ

どうもKNTNです
ブログは二回目です。よろしくお願いしますね。

2017年も冬を迎え、朝がつらい季節になって来ました。
でも、皆さんも相変わらず元気にゲームで遊んでいることと思います。
皆さんは今年やり残したゲームはありますか?僕はあります。

それがコレ

20171215_mfc

ご存知”ミニ”スーパーファミコンです。
何せ往年の珠玉の名作が20本以上入っていて、
おまけに幻のSTARFOX2まで遊べます。スゴイ!
・・・今年中に全部遊びつくすのは無理ですね。
この中でも特にお気に入りなのが、

コレ

20171215_smd

「スーパーメトロイド」最高です。

皆さんは「メトロイドヴァニア」という言葉をご存知でしょうか?
ジャンルというかタイプというか「メトロイドやキャッスルヴァニアのような」
(※キャッスルヴァニアは「悪魔城ドラキュラ」シリーズの海外名です)
ゲーム全般を指す言葉です。このタイプのゲームは大好きだったんですが
こういうくくり方があると知ったのは割と最近でした。

 

このカテゴリーの定義を知り、何で僕はこのタイプのゲームが好きなのか?
考えてみました。

 

ゲームの特徴1:

広大なマップが用意されており、その中を探索する

新しいゲームを始めるときって、ドキドキワクワク感がありますよね?
新しい場所に赴き、新しい相手に出会い、新しい体験をする。
「広大なマップ」がある、ということは新しいそれらが「期待できる」
ということにつながっていくと思います。
「この先にある何か素晴らしいものとの出会い」
をモチベーションにゲームを進める訳です。

 

ゲームの特徴2:

自分の持つ手段で課題を解決し、先に進む

でもゲームですからすんなりと先には進めません。
行く手を阻む壁、ジャンプしても届かない所や強くて勝てない敵、
リセットボタンを押す猫など
難度によっては心の折れるような課題がわんさかあります。
これを解決するため可能な範囲でマップ内を探索し、
能力を獲得したりアイテムを手に入れ、それを持って課題を解決し、
先に進んでいく訳です。

 

ゲームの特徴3:

課題の先に用意された新しい能力(手段)を獲得し、 

出来ることが増える

そして探索範囲は広がり、さらに新たな課題やそれを解決するための手段を得て
未知の領域への挑戦や宿題としていた過去の課題の解決が可能になっていく・・・
「なんやコレ!」「ココはこうやって行くんか!」「なんかオレ強いやん!」
自分の成長を実感でき活躍の場が広がる構造になっている訳です。

 

特徴まとめ:

「新たな出会い」「課題への挑戦」「そして活躍」

これってどんなゲーム(人生ともいいます)にでも入ってる要素ではあるんですが、
「メトロイドヴァニア」タイプのゲームはそれを構造の柱にしているので
より凝縮して実感できるところが好きなんだろうなと思います。

 

それにしてもタイトル名がジャンル名になるってすごいです。

 

ゲームの話なのに画像が無くてスイマセン。
かわりと言っては何ですが、ウチのかわいい犬画像を置いておきます。

20171215_inu

大好きなもの:初対面の人間
大嫌いなもの:初対面の犬

 

最後にウチの(作った・関わった)ゲームも
http://make-s.jp/
http://www.capcom.co.jp/biohazard7
よろしくおねがいします

RECRUIT

大阪・東京共にスタッフを募集しています。
特にキャリア採用のプログラマー・アーティストに興味がある方は下のボタンをクリックしてください

RECRUIT SITE