HEXA BLOG

ゲーム

HEXA BLOGゲーム2019.10.17

MONKEY KING発売日!

こんにちは、ハットリです。
MONKEY KINGディレクターとして登場です。

本日10月17日、MONKEYKINGが発売しました!

このブログが掲載される頃には、世界各国で遊ばれている事でしょう。
中国先行のGlobal発売は、歴史的快挙なのではないかと思います。
発売のための苦労も多かったのですが、それは別のどこかで。

折角なので、MONKEYKINGの面白さをアピール。

■笑顔で楽しめるコミカルアクション!
数年前、プロデューサーの北川さんに呼び出されて観た
原作映画は、とても上手に西遊記を再構築したものでした。
根底にある義侠心や時折挟まれる笑いの演出が
多くの観客の心を掴んだのだろうとすぐに分かりました。

自分が呼ばれる=ゲーム化するのだと思ったので
それ以外の世界観のヒントやゲーム的なエッセンスがないかも
目を皿のようにして観たのを覚えています。

映画を観終わる頃にはゲーム化の方向性は固まっていました。

コミカルアクション

このゲームは自分が大好きなジャッキーチェン映画や
初期のドラゴンボールの流れを汲んだものにしよう。
原作映画と同じく、広い年齢のユーザーが楽しめるものにしようと思いました。

 

ゲームを遊んで笑いが起きたら、嬉しいです。

 

■西遊記を全く知らないユーザーも楽しめる!
自分の西遊記といえばTV版。
堺正章さんが孫悟空を演じているアレです。
映画を観た後
江流児って誰?三蔵法師はどうした?
大聖と悟空ってどうちがうの?
沙悟浄がいないぞ?
悟空の頭の輪っかが無いぞ?
など、北川さんに大量の質問をした気がします。

ゲーム化するにあたり、世界観について綿密な
リサーチを重ね、きちんとコンテキストを理解した上で作る事にこだわりました。
フィールドワークもかなりこなして
出来るだけ物語の舞台である唐代南部の風俗を感じられるようにしました。
「法術」と呼ばれる超常能力の体系化/視覚化/呼称付けは
最後まで議論の対象となりました。
これまで誰も大聖たちの能力について、構造的な言及をしていなかったからです。

 

西遊記の世界はとても深く、多様性があります。
今回は全く登場しませんが、例えば混世四猴など
大聖に類する超能力を持ったキャラクター達の活躍は
ゲーム化すればきっと面白くなるはず!

西遊記ってなに?というユーザーの入門書の代わりに、魅力が伝わればと思います。
(もちろん、映画を観た後に自分が思った疑問にも丁寧に答えてあります)

 

■映画を観れば二度美味しい
本作は映画のゲーム化でありながら、物語の構造的には補完関係にあります。
映画のどこをゲームにして、どこを抜いて、何を足したか?
など、通常のゲームには無い発見と解釈の面白さ。
特にゲームの冒頭と映画の冒頭の違いで
それを感じていただけるのではないかと思います。

 

原作映画を未見の方は、是非見比べてみて下さい。

 

■最後に
アクションアドベンチャーというと
格好良さやシリアスさ、怖さなどを追求した物が多いと思いますし
これからもそうだと思います。
コミカルさや笑いについてゲーム化をする事はなかなか無いので
ありったけの工夫を入れ込んだつもりです。

肩の力を抜いて、楽しんでください。

RECRUIT

大阪・東京共にスタッフを募集しています。
特にキャリア採用のプログラマー・アーティストに興味がある方は下のボタンをクリックしてください

RECRUIT SITE