HEXA BLOG

ライフハック

HEXA BLOGその他ライフハック2018.11.27

デスクワークと筋トレ

こんにちは、東京アーティストのとりっぴぃです。今回は筋トレのお話です。

最近、「デスクワークにも筋肉が必要」という記事をちらほら見かけます。
「デスクワークで運動量が低い生活を続けている」と筋肉が落ちていき、
「体が疲れやすくなったり集中力が落ちて、仕事の効率が下がってしまう」
…という因果関係があるとのことで、恐ろしく身に覚えがある内容です。
逆に言うと、「運動することでデスクワークをより効率化できる」とのことです。(※個人の解釈です)

私も会社・自宅ではPCの前に長時間座っていることが多く、運動不足のせいか、
近年はなんとなく疲労が取れづらいと感じることが増えてきました。
ただ、運動の必要性は頭で理解できても、
苦手意識や仕事後にするのが億劫で、継続するのはなかなか難しいですよね…。

そんな私ですが、そろそろこのままではマズイのでは…と危機感を覚えることが増え、
ようやく重い腰をあげて、最近自宅で筋トレ」をはじめました。
今回ブログのために自覚として運動不足が原因と思われる細かな不調を
一覧表にしてみました。以前の満身創痍感がヒドイですね…。

…しかしご安心ください!
自分でも意外ですが、10月~現在の1ヶ月半ほどの間、筋トレが継続できていて、
結果として、すこしずつ体質が改善していっている実感があります。
こんな運動不足で苦手な私でもできて、個人的に効果的だった方法をいくつかご紹介します。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
【Step①】ZOZOSUITで体型を計測
まずは現状を把握するため、ZOZOSUITで体型を計測してみました。
自分の体型が3Dモデル化され、ぐるぐる回して観察できます。
身長・体重だけではなく、腕やお腹周りなど各部位について細かく計測され、
平均値と比較して、自分がどれくらい+-の値なのか、一覧化されます。

【Step②】ヨガマットを購入
床の上だと膝や手が痛い、寝具の上だとふわふわで安定しないので、
1400円程のヨガマットを買いました。巻いて畳めて便利です。
筋トレする時、マット内に収まるような正しい姿勢を意識しやすいです。

【Step③】Youtubeの筋トレ動画を見ながらマネする
そもそも運動の仕方について無知なので、自分でメニューを考えても非効率的だと思い、
筋トレを紹介しているチャンネルなどから効率的なメニューと思われる動画を検索しました。
10分間でできるセットメニューを何個か試してみて、肌に合うものを続けてます。

【Step④】慣れたら違うメニューも加えてみる
ヘキサ東京のプロテインマイスターこと佐藤さんから腹筋ローラをいただいたので、
毎日の10分間のメニューとは別に、余裕のある日は「腹筋ローラーを〇〇回」も+しました。
※自分でも信じがたいですが、腹筋ローラーを使った初日、自重が支えきれず、
お腹ではなく腕と背筋が激しい筋肉痛になりました…かなり効きます…!

【Step⑤】「続けること」を頑張っても、ムリはしない!
負荷をかけすぎて、仕事や生活に支障が出たり、辛くて嫌になっては意味がありません。
体調が悪い時や旅行中など環境が用意できない時はムリせずに、スキップしてOKというマイルールにしました。
とにかく長く「続けること」が何より大事…!と自分に言い聞かせてます!

【Step⑥】ひとりで挫けそうな時はMakeSでセイくんに見守ってもらう
筋トレは孤独との戦い…そんな時は誰かに見守ってもらうことで励まされるかもしれません。
MakeSで、トレーニングの時間を「シチュエーションアラーム」で教えてもらったり、
「ダイエットモード」を利用したりと、楽しく習慣づけするのも◎です!
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
「自宅で筋トレ」はひとりでできる・天候や時間を気にしなくて良い点が気楽でおすすめです。
最近疲労や運動不足を感じる…という方は、ムリのない範囲で試してみてはいかがでしょうか?
運動はストレス解消にも良いと聞きますし、睡眠不足や寝つきの悪い方にも効果があるかもしれません。

「3ヶ月続けないと筋肉が定着しない」と先輩から教えていただいたので、
まずは12月末まで頑張って継続しようと思います。
デスクワークがどうしても多い職種ではあるので、筋トレも楽しみながら続けて、
より長くより良いものが作れるようにコンディションを整えていきたいです!

それでは失礼しました。

RECRUIT

大阪・東京共にスタッフを募集しています。
特にキャリア採用のプログラマー・アーティストに興味がある方は下のボタンをクリックしてください

RECRUIT SITE