HEXA BLOG

その他

HEXA BLOGその他2017.6.13

UnityのLibraryフォルダ

こんにちは平尾です
新卒採用応募でお送りいただく作品の中には、Unityで作られた作品も届きます。

 

Unity作品を見ていく上で気になったのは、
Libraryフォルダの容量やファイル数が多くて取り回しが大変なことです
ディスクに書き込む時間もそれなりにかかるんじゃないでしょうか。

 

実はLibraryフォルダは提出物から外せる設定があります。
やり方については以下のリンクを参照して下さい。

 

「Unity で外部のバージョン管理システムを使用」

 

正確には、Unity 4.2 以前に作成されたプロジェクトだと .meta ファイルが無い可能性があるそうなので、

バージョンに限らず念のためこの設定は見ておいた方が良さそうです。
これで提出時やバックアップ時、バージョン管理時にLibraryフォルダを削除しても大丈夫になります。
少し楽になると思いますので、ぜひお試しください
(間違えて復帰できない状態にならないようにご注意

 

 

ついでに次の設定もやっておくと複数人で触る時に便利になりそうです

 

[Unity] プロジェクトを git や svn で管理するまえにやっておくこと

 

***

 

最後に今週のブログのお知らせです
明日から社員旅行のため、今週のブログは本日までとなります。
社員旅行の様子は週明けのブログ更新をお待ちいただければと思います
お楽しみに~

RECRUIT

大阪・東京共にスタッフを募集しています。
特にキャリア採用のプログラマー・アーティストに興味がある方は下のボタンをクリックしてください

RECRUIT SITE