HEXA BLOG

その他

HEXA BLOGその他2014.9.3

クルマとお話ができるアプリ

こんにちはKayanumaです。

 

今日はクルマとお話ができるアプリを紹介しようかと思います。

 といってもバウリンガル的なRev Translatorとか

ナイトライダー的なものではなく

ましてや一足先のCarPlay のレポートでもなく

すみません、もうちょっと実用的な話題です。

 

みなさんはクルマ屋さんで車の点検を受けたことはおありでしょうか。

普通は車検の度におまかせでされるぐらいかと思いますが、興味を持って様子を覗いてみると

なにやらテスターなるものを車に繋がれ、モニターにいろいろ表示されて「○○が故障してますね!」などと言われることがあります。

一体どこに何を繋いだんだと思ってましたが 実は普段見えないところにコネクタが隠れていまして、

20140903_01

これはOBD2という規格のインターフェイスだそうでここからさまざまなセンサー情報が取得できエンジンや車両の健康状態などがわかるそうなのです。

そしてよくよく聞けばシリアル通信で車の制御ユニットとさまざまなやりとりができるのだとか。

 

OBD2は10年以上前にできた規格なせいかコネクタはでかくてちょっと懐かしいかんじです。

RS232Cなどに変換して繋いだりするものらしいのですが、

最近は手軽なWifiやBlueToothに変換するタイプが入手しやすいです。

 20140903_04

Wifi,BlueToothを使うとスマートフォンやタブレットなどと繋ぐことができ、 対応アプリを利用することで手軽に専用機のマネをすることができます。

OBD2を利用できるアプリはたくさんあるのですが 今回は中でも有名らしいTorqueというアプリを使ってみました。

20140903_08

 Android 1.6以上から対応しており お蔵入りになっていた古いAndroidタブレットを現役復帰させることが出来ました。

 20140903_06

 

OBD2端子からはエラー情報だけでなく、エンジンや車の各種センサーなどの値が拾えます。

20140903_03

リアルタイムに数値が来ているのでメータ表示器の代わりになります。

 ほぼわけのわからない項目が並んでいますが

素人のボクニモワカル水温、バッテリー電圧などをモニターしてみました。

 20140903_05

モニターできたから何ができるって訳ではないですが、運転するとメータの針がグリグリ反応するのが楽しいです。 危ないので走行中に見られないのが残念ですが・・。

20140903_07

   ずらり並ぶメーター松本零士世代にはグっとくるものがあります。 

RECRUIT

大阪・東京共にスタッフを募集しています。
特にキャリア採用のプログラマー・アーティストに興味がある方は下のボタンをクリックしてください

RECRUIT SITE