HEXA BLOG

その他

HEXA BLOGその他2014.10.15

1秒の感覚

こんにちは。東京開発付近で散歩中のコーギーを発見し、やる気が3アップしたラキアです。

 

皆さんはストップウォッチ等で『5秒 or 10秒チャレンジ(指定の秒数にいかに近付けるか)』の経験はありますか?

自分は昔シュウォッチ(シューティングウォッチ)使ってよく遊んでました。もちろん連射対決も。

 

久しぶりに10秒チャレンジ

 

141015_sw

 

9秒95…ぐっ…2フレーム程早かったか…

 

モーションに必要なスキルとして『タイミング感覚』がよく言われています。

ここがしっかりしてないとヌルい動きになってしまいます。

慣れてくると、『ここまでの動きは0.6秒位だから…18f ?(30fps)/14コマ?(2D用)』という感じで、

0.何秒単位で話す事も普通になってきます。

 

例えば『普通の歩き』

立ち状態から最初の1歩まで:0.6~0.8秒

次の1歩         :0.5秒  あくまで個人的なイメージです。

 

一般的な動きのポイントになるポーズとポーズの間はだいたい1秒以内に収まると思うので、

アニメーター目指す方はこの『1秒の感覚』を意識して色々な動きを観察してみるといいかと思います。

 

RECRUIT

大阪・東京共にスタッフを募集しています。
特にキャリア採用のプログラマー・アーティストに興味がある方は下のボタンをクリックしてください

RECRUIT SITE