HEXA BLOG

その他

HEXA BLOGその他2014.12.16

伝統と革新

ハットリです。

年末の発売ラッシュでプレイしたいタイトル目白押しですが

なかなかプレイする時間がとれません。

(妖怪ウォッチ2真打も未プレイ…)

そんな中遊んでいるのが ポケットモンスターオメガルビー。

 タイトル

10年以上前に発売されたタイトルのリメイク。

実のところそれほど期待してなかったのですが 、トレーラーで

「そらをとぶ」演出を見てしまい、「これは買わな!」となりました。

 

特に関心したのは、基本行動に追加された

「しのびあし」

ポケモンの隠れている草むらが揺れたとき しのびあしで近づけば

通常とは違う能力の ポケモンに出会うことができます。

 しのびあし

操作をミスするとパッと逃げてしまい、 昆虫採集で取り逃がした

残念感が味わえます。

 これまでも、揺れる草むらに近づくと 珍しいポケモンに出会える

というのはあったのですが、 そこにゲーム性はありませんでした。

 

ポケモンのように完成されたゲームで基本システムを変更するのは

大変勇気のいることです。

 ブラック&ホワイトで登場ポケモンを刷新した時も「凄い」と思いました。

ピカチュウがいわゆる本編中で出てこないとか、自分だったらドキドキものの判断です。

 

「しのびあし」も面白さにつながるか、操作の煩雑さや テンポダウンにつながるか

議論が白熱したと思います。

 

 

シリーズタイトルはナンバーを重ねるごとに 「どうあるべきか?」

というのを突きつけられます。

時に迷走し「これじゃない」タイトルを出す事も。

 

そんな中、常に変化し続けユーザーを納得させるポケモン。

学ぶことは多いです。

RECRUIT

大阪・東京共にスタッフを募集しています。
特にキャリア採用のプログラマー・アーティストに興味がある方は下のボタンをクリックしてください

RECRUIT SITE