HEXA BLOG

アナログゲーム

HEXA BLOGその他アナログゲーム2014.7.29

CamelUp

暑い日が続きますね。ササモンです。
8月はちょっと困ったことになりました。
それは、8/21にディアブロ III リーパー オブ ソウルズ アルティメット イービル エディションが、8/28にはセイクリッド3が出ます。
2週連続でハクスラが出るなんて、どっちを先にやればいいのか迷いますね

 

さて、前回のブログでは、ドイツゲーム大賞のノミネートをご紹介しました。
そのときは、Splendorという予想で書きましたが、実際のところはCamelUpでしたね

 

CamelUpは、ラクダのレースのゲームです。今回はこのゲームをご紹介します。
特徴となるのは、中央に置かれたちょっと大きめのピラミッドです。
このちょっと大きめのピラミッドにダイスを入れて、それを逆さまにしてダイスを1つづつ取り出すというギミックになっています。

 

ゲーム中にプレイヤーが出来る行動は4つです。
・ダイスを振ってラクダを進める。
・レグタイルを取得する。
・砂漠タイルを置く。
・レース全体の予想をする。

 

プレイヤーに予め割り振られたラクダというものはありません。
どのラクダが勝ったところで影響はなく、そのラクダに賭けているかどうかが問題となります。
ラクダは5色あり、それぞれに対応したダイスが1つづつあります。
これを先ほどのピラミッドを使い1つづつ取り出しますが、ダイスはこの時点ではピラミッドに戻しません。

 

全部のラクダが1回移動した時点で1回のレグが終わり得点計算をします。このあとにダイスがピラミッドに戻ります。面白いのは、ラクダが同じマス目に止まった時は止まっているラクダの上に載ることが出来ます。その後に下のラクダが進むと一緒に上に載っているものも進みます。
そんなに頻繁に載るのか?という疑問もありますが、ダイスの目が1~3ですので結構乗っかります。
これを何回か行い、いずれかのラクダがゴールした時点で終了となります。

 

レグの予想の方は、レグタイルを取得することで行います。
各色のラクダに3枚ずつのタイルが存在していてそれぞれ5,3,2ポンド割り振られています。
最初に予想した人は5のタイル、次の人は3、最後は2のタイルというように最初に取った方が得点が大きく有利になります
ただし、予想したラクダが3位以下の場合は1枚につき1ポンド支払わなければなりません。早く取ることにもリスクがあるということですね。

 

全体の予想の方は1位かビリを予想します。当然早い順にもらえる金額が大きくなります。
予想が外れると1ポンド支払わなければいけません。

 

砂漠カードは、ラクダを1マス勧めたり戻したりすることが出来ます。
このカードをどこかのマス目に設置しておくことで、そこに止まったラクダに影響することが出来ます。

 

このゲームは、ラクダの順位が予想しづらいところが面白い点ですね。
予想が出来た時点でタイルが残っていればいいですが、残っていなければ…。

 

こんな感じのゲームなのですが面白さは伝わったでしょうか?
やってみなければ判らない?それはもう興味が出たということですね。
興味が出たら一度やってみてくださいね。
それでは。

RECRUIT

大阪・東京共にスタッフを募集しています。
特にキャリア採用のプログラマー・アーティストに興味がある方は下のボタンをクリックしてください

RECRUIT SITE