HEXA BLOG

アナログゲーム

HEXA BLOGその他アナログゲーム2015.2.6

簡単だけども奥深い!

こんにちは!大阪プランナーのハタウチです。
昨日のゴローに引き続き
私のオススメアナログゲームを紹介させて頂きます。

 

■algo(アルゴ)
簡単にゲーム内容を説明すると、
「相手のカードの数字を言い当てる」という、ものすごくシンプルなゲームです!

 

ゲームに使われるアイテムも非常にシンプルで
0~11の数字が書かれた黒カード12枚、白カード12枚のみ。

20150206_pic01

このゲームは基本プレイとペアプレイの2種類の遊び方がありますが、
今日はその中から、特に白熱するペアプレイを簡単に紹介します!

 


 

【algo】ペアプレイ

ペアプレイは4人で遊びます。
2人がペアとなり協力し合って、相手ペアのカードを全て当てます。

20150206_pic02
写真のように、味方となるプレイヤーが向かい合わせになるように座り、
6枚ずつカードを配ります。
(机が白いため白カードが見えづらいのですが、ちゃんと6枚ずつ並んでいます!)

 

 

このとき以下のルールに合わせて、カードを一列並べます。

 ・自分から見て、左から右へ数字が大きくなるように並べる
 ・同じ数字の白黒カードを持つ場合、黒を左(小さい)に並べます

 

例えば、

20150206_pic03

という6枚の場合、

 

20150206_pic04
のような形ですね。
全員がカードを並べ終えたら、ゲームスタートです!

 


 

□ゲームの進め方
プレイヤーは以下を順に行います。

 

○フェイズ1:トス
 「トス」とは、味方に一枚だけカードを見せ、数字を教えることができます。
 味方は敵プレイヤーに見られないようにカードを確認して、元通りの場所へ並べます。

 

○フェイズ2:アタック
 「アタック」とは自分の伏せカードの中から1枚手に持ち、
 敵の伏せカードの数字を当てにいきます。
 敵カードの数字を見事言い当てた場合、敵側はそのカードを表に返します。
 言い当てれなかった場合、アタックに利用したカードを表に返し、自分の列へ戻します。

 

この2つの行動をに各プレイヤーが反時計回りの順に行い、
どちらかのペアの全手札が表になるまで続けます。

20150206_pic05

敵ペアの手札が全て表にすることができれば勝利です。

 


 

どうでしょうか!非常に簡単なルールなのですが、
案外やってみると奥が深いことが分かってくるこのゲーム!
ぜひオススメしたい魅力が3点あります。

 

★その1:アタックのリスク&リターンが熱い!
 アタックには自分の手札を利用します。
 「攻撃は最大の防御」といいますが、このゲームの場合はそうではありません!
 相手の伏せカードを空けることができると被害はありませんが、
 失敗した場合は自身の伏せカードを公開する必要があります。
 もし失敗した場合の被害を考慮して「どのカードでアタックを仕掛けるか」が非常に重要です。

 

★その2:敵側のトスの理由を読み取れ!
 トスは味方にカードを教える行動です。
 敵側が行った場合、「なぜそのカードを教えたいのか」という事を読み取り、
 それヒントにして予想を行います。
 敵同士が共有したいであろう情報、を考慮していくと、
 なぜか徐々に伏せている数が徐々に見えてくるんです!

 

★その3:短時間で決着!
 このゲームは慣れてくると1プレイ10分ほどで遊ぶことができます。
 そのため、少しの空き時間を利用して手軽に楽しめます。
 昼食後の息抜きなんかにオススメです!

 

こんな魅力が満載のalgoですが、
ルールは非常に単純なので、小さな子から大人まで幅広い層で楽しめます。
そのためか、一部の小学校では教材としても活用されているそうです。
楽しみながら、学ぶことができるのは、学生にとってもウケが良さそうですね!

 

20131203_separater

 

私もいちプランナーとして、面白いアナログゲームをつくってみたい!という欲求もあり、
2015年、社内の大阪ボードゲーム部の部活動で
「年内にオリジナルのアナログゲームをつくってみよう」プランが進行中です!
先日も部員でMTGを行い、色々なアイディアを出し合っています。

 

また形になり次第、このblogでも発表させて頂こうと思います!
乞うご期待下さい!

RECRUIT

大阪・東京共にスタッフを募集しています。
特にキャリア採用のプログラマー・アーティストに興味がある方は下のボタンをクリックしてください

RECRUIT SITE