HEXA BLOG

映画・舞台鑑賞

HEXA BLOGその他映画・舞台鑑賞2020.3.11

タイムトラベルもの

こんにちは!
大阪プログラマーのコジローです。

初ブログなのでプログラマーっぽい事を書こうかな?
と思っていたのですが…

プログラムとは一切関係の無い
好きなジャンルについてお話したいと思います!

タイトルでバレてますが…
私は昔からタイムトラベルものが大好きなのです!

映画、ゲーム、漫画、アニメ等
どんな媒体でもとりあえず時間旅行しているものだと
気になってしまう体質になっちゃってます…

なぜに好きになったのか?を紐解くと

幼い頃に「バックトゥザフューチャー」を見てはまってしまったのが
全ての始まりな気がします…

(バックトゥザフューチャー2の未来の世界が2015年という事に衝撃を受けてしまってますが…)

そんなタイムトラベル物を色々見てきた中で
オススメの映画を1つご紹介したいと思います!

季節外れ感がすごいのですが…こちら!

「サマータイムマシンブルース」

タイムトラベル物では
SF&近未来的で壮大な物語が描かれる事が多い傾向にありますが、

この「サマータイムマシンブルース」は
信じられないほどに壮大!では無い
ものすごい普通の日常の中にタイムトラベル要素が入ってくるのです。

ちょっとあらすじを…

——————————————————————————————————————————
とある大学の夏休み。
「SF研究会」は部室のクーラーのリモコンを壊してしまう!

翌日、真夏の猛暑でぐったりしている時に
なぜか突然タイムマシンが現れる!

そこで部員達は思い付くのです!
「昨日に戻ってクーラーのリモコンを取ってこよう!」と…
——————————————————————————————————————————

冒頭のはじまりはこんな感じです。

こんな他愛もない理由でタイムトラベルしようとするという
ストーリーは見た事が無く、私の心を鷲掴みにしてしまいました。

ポスターにあるキャッチコピー

「タイムマシン ムダ使い」

がすべてを物語っています。

本当にすばらしいキャッチコピーです!

ツッコミ所満載ですが、
タイムトラベル物らしく様々な伏線をはり
ラストにはきっちり回収してくれてとても面白かったです。

タイムトラベル物はすべてわかった状態で
もう一度見るのも楽しいですよね。

出演者も
瑛太、上野樹里、ムロツヨシ、真木よう子、佐々木蔵之介
といった有名な方も多数出演されています。

ちなみに…
この映画は「ヨーロッパ企画」という劇団の演劇がもとになって作られているのですが、
同じようにこの劇団の演劇がもとになってて
世界観を共有している同じようなテンションの
「曲がれスプーン」という映画もオススメです!
(タイムトラベル物ではありませんが…)

とても気楽に見れる映画なので
お時間あればぜひ見てみて下さい!

それでは、また!

RECRUIT

大阪・東京共にスタッフを募集しています。
特にキャリア採用のプログラマー・アーティストに興味がある方は下のボタンをクリックしてください

RECRUIT SITE