HEXA BLOG

ソフトウェア紹介

HEXA BLOGその他ソフトウェア紹介2011.9.21

Let’sコードレビュー?

楽しみにしていたゲームタイトルの予約を忘れていた事に気がついて
愕然としています。シラッチです。
CEDECもTGSも今年は終わってしまいましたが、学生のみなさんは
CEDECで公開されている講演の資料等には目を通せたでしょうか目
私は…まだですふらふら
全ての記事や資料を読めたわけではないのですが、実践的で共感できた
スライドがあったので紹介したいと思います。
「ソースコードの品質向上のための効果的で効率的なコードレビュー」

正直最初は、コードレビューとタイトルに入っているのを見て、
「コードレビューって、やった方が良いとは思うけれど、手間と
時間がかかるんじゃないかなぁ…それに難しい方法論なのでは…」と
思っていました。
しかし、次のツールを活用することでタイトル通り効果的で効率的に
レビューを行うという内容になっていて、良い意味で裏切られましたひらめき
SourceMonitor
 http://www.campwoodsw.com/sourcemonitor.html
 以前書いた記事で触れている、複雑度を計測するためのツールですね。
CCFinderX
 http://www.ccfinder.net/ccfinderxos-j.html
 コードクローン(重複しているソースコード)の検出を行うためのツールとのことです。
 このツールは今回のスライドで初めて知って、まだ触れていないのですが、
 コードの重複は、気がつかないところで意外とあるのかもしれないので
 試してみたいところです。
Cppcheck
 http://sourceforge.net/apps/mediawiki/cppcheck/index.php
 C/C++用の静的解析ツールです。
 メモリリーク、バッファオーバーランや変数未初期化等々、実行時に
 問題になり得る可能性があるコードを検出してくれます。
 以前からツールの名前だけは知っていたのですが、これを機に
 個人的に触り始めました。
これらのツールの使い方を理解した上で、開発チームの需要等、目的にあわせて、
うまく活用できるとトラブルを減らせたり、プロダクトの質をアップグッド(上向き矢印)できるかもしれませんね。
私もより良いゲームぴかぴか(新しい)を世に送り出せるよう、巧くツールを活用して
チーム、会社全体の作業効率アップにつなげていきたいと思います手(グー)

RECRUIT

大阪・東京共にスタッフを募集しています。
特にキャリア採用のプログラマー・アーティストに興味がある方は下のボタンをクリックしてください

RECRUIT SITE