HEXA BLOG

プログラム

HEXA BLOGプログラム2009.11.30

char型のキャストに注意

こんにちは、イワムーですわーい(嬉しい顔)
昨日のボクシングの試合はすごかったですねexclamation×2
TVを見終わった後、鏡の前で思わずシャドーボクシングをしてしまったのは私だけではないはず・・・あせあせ(飛び散る汗)
さて、学生の皆さんはそろそろ就職活動の時期ですね!!
リクルートスーツに身を包んだ初々しい姿を街で見かけるようになり、当時の記憶がよみがえってきますひらめき
専門学校に通っている方は就職作品作りに精を出しているのではないでしょうか?
そこで今日は、就職作品制作時に私が陥った恥ずかしいバグを皆さんに公開しようと思いますたらーっ(汗)
(少しでも参考になれば幸いです・・・)
// char型の-1を終了を示す値として扱う
#define ARRAY_END (0xff)
// 配列サイズ削減のため、char型でテーブルを定義
char array[] = {
  1,
  2,
  3,
  4,
  ・
  ・
  ・
  ARRAY_END
};
bool func(char no)
{
   switch( no )
   case 1:
     // 処理
     break;
   case 2:
     // 処理
     break;
   ・
   ・
   ・
   case ARRAY_END:
     return true;
   }
   return false;
}
int main(void)
{
   int cnt = 0;
   for( ; ; ){
     if( func( array[cnt++] ) ){
       break;
     }
   }
   return 0;
}
このコードですが、予期せぬ動作をします。
なぜなら関数func()内のswitch文の終了を示す「case ARRAY_END:」の箇所に処理が来ないからです。
これはC言語ではswitch文に値を渡すと、暗黙にint型にキャストされるという仕様になっているせいです。
つまり、char型の-1のつもりで記述した0xffが、intに型変換された時点で0xffffffffに符号拡張されてしまうわけですねバッド(下向き矢印)
上記例では、int型の4byteをケチってchar型のテーブルを定義したことで、この問題を引き起こしていますが、同じような理由でint型を使用せずにchar型を使用した経験がある方も多いのではないでしょうか。
もし同じようなコードを書く場合は、注意してみてくださいねパンチ
(※処理系により、char型の符号付きが変わります)
では、充実した就職活動をわーい(嬉しい顔)
ヘキサドライブへの応募もモチロンドシドシお願いしますexclamation×2
応募はコチラ

RECRUIT

大阪・東京共にスタッフを募集しています。
特にキャリア採用のプログラマー・アーティストに興味がある方は下のボタンをクリックしてください

RECRUIT SITE 

NEWS