HEXA BLOG

プログラム

HEXA BLOGプログラム2019.9.12

拡張!~公開されちゃった編~

こんにちは

シュンスケです✨

前回は少し寄り道をしてサンプルを紹介しました。
そして今回は改めてVisual Studioの拡張機能開発に触れていこうと思ったのですが、
ここでふと、そもそも何を作りたかったのかを思い出してみます🍀

「Visual StudioのEmacsバインド拡張について、気になるところの改善」です💎

で、改めてVisual Studioのツール→機能拡張と更新プログラムを開き、
オンラインを選択後検索に「Emacs」と入れてみると、

あれ、

「Emacs Emulation 2」

って出てきます💻

ホームページの方も調べてみると、

ありました
https://marketplace.visualstudio.com/items?itemName=JustinClareburtMSFT.EmacsEmulation2

しかも、すごく最近更新されています🛠

と、言うわけで、家のVisual Studio 2017に入れて使ってみました。

入れる手順はページにも書いてありますが、先ほどの「機能拡張と更新プログラム」
で出てきた「Emacs Emulation 2」の「ダウンロード」ボタンを押して、準備が整ったら
Visual Studioを閉じてPCを再起動します。
Visual Studioで何かソースなどを開くと、1度だけアクセス権の確認が出ますので、
了承します。
すると、

ツール→オプション→キーボード→次の追加キーボードマップスキームを適用

という項目に、Emacsというのが選択出来るようになりますので、選択します。
Visual Studioを再起動すると、キーバインドがEmacsに変わっています。
emacs用に用意されている項目は以下のようなものです。

で、主要ショートカットを一通り使ってみます📃

カーソル移動、行を開く、バックスペース、ページスクロール、
行が中央になるまでスクロール、行頭に移動、行末に移動、マーク設定、etc…

うん、悪くないですね

以前のもので特に違和感のあった、

Ctrl+o
Ctrl+k
Ctrl+y

の挙動が改善されていて良いです。
作らなくて良くなっちゃいました。有るものは使っていきましょう💡

そしてなんと、コードも公開されているようです🔍
https://github.com/zbrad/EmacsKeys → オリジナル
https://github.com/justcla/EmacsKeys → 更新版

もし気になる事があれば、これをベースに改造しても良いかもしれません。

という訳で、Visual Studioの機能拡張を触ってきた訳ですが、
またやりたい事が生まれるまではお休みです

では🎵

RECRUIT

大阪・東京共にスタッフを募集しています。
特にキャリア採用のプログラマー・アーティストに興味がある方は下のボタンをクリックしてください

RECRUIT SITE