HEXA BLOG

ゲーム

HEXA BLOGゲーム2019.11.19

要約するとゲーム仲間がいるっていいねという話

おはこんばんにちは。
5か月前から変わらず、未だにシノビガミを楽しんでいるプログラマー、きゃのです。

遂に「自作のシナリオで遊ぶ」という、
TRPG界隈の1つの到達点(?)にたどり着いてしまいました。
シノビガミとCoCクローズドシナリオのキメラシステムが出来上がった時には

「これは本当にシノビガミなのか( ^ω^)・・・?」

と、自分で自分の頭のバグを修正したい気持ちになりましたが、
まあ喜んで貰えたので良しとしましょう。

気の狂ったシナリオで遊んでくれた、気の狂った友人に改めて感謝しつつ…
頭のバグを直してくれる神プログラマーいないかなぁ…

 

…ところで。

シナリオ作成のモチベーション、それどころか、
TRPG熱をも吹き飛ばしかねない危険なゲームが、先週発売されましたね。

そう、ポケモンです。


▽新しいTRPGのシナリオを作成中だったが、少なくとも週末の時間は全てこのゲームに吸われた

色々あって購入する事を決意し、会社から帰宅。

家のSwitchの電源を入れ、ダウンロードして、土曜0時頃にソフトを起動して―――

 

―――そしてクリア。
気付けばプレイ時間は19時間、時計を見れば土曜の19時。
人は16時間日常を過ごした後に19時間ぶっ通しでゲームできるんだなぁ…
(スクショを沢山貼りたい所だが、そもそも当時の自分の頭は微塵も回転していなかったため、眼中にない)

 

新システムのダイマックスで対戦環境に大きな変化が!
とか
ブティックとリーグカード印刷が過ぎる!
とか

色々と言いたい事はありますが、あまり喋り過ぎるとネタバレが怖いので程々にしつつ、
感想としては個人的に一番印象的な部分を一つだけ…

 

今作では、マックスレイドバトルという共闘要素が追加された結果、
対戦だけでなく、ポケモンを「探す」という行為も他人と一緒に行えるようになっています。

友人とLINE上で「〇〇のレイド見つけたから欲しい人集合!!」なんて話をしていると、
「体験を共有して遊ぶ、今風のゲーム」であり、「今までとは違う、新しいポケモン」なんだな~
と考えさせられます。

シリーズ物のタイトルで、ここまで「新しい遊び」を入れつつも、
しっかりと「恒例の遊び」の部分を守ってくるポケモンはすごい…

 

皆さんも、一緒に遊んでくれる相手がいそうなら、タイミングを合わせて
是非とも遊んでみて―――または「復帰」してみてはいかかでしょうか?

 

©2019 Pokémon. ©1995-2019 Nintendo/Creatures Inc. /GAME FREAK inc.
ポケットモンスター・ポケモン・Pokémonは任天堂・クリーチャーズ・ゲームフリークの登録商標です。
Nintendo Switchのロゴ・Nintendo Switchは任天堂の商標です。

RECRUIT

大阪・東京共にスタッフを募集しています。
特にキャリア採用のプログラマー・アーティストに興味がある方は下のボタンをクリックしてください

RECRUIT SITE