HEXA BLOG

日記

HEXA BLOG日記2019.2.18

冬の風物詩

お久しぶりです。

大阪でプログラマをやっていますぺ・イジュンです。

 

さて、2月も中盤を過ぎてきて冬も終わりに近づいてきている今日この頃ですが、皆さんは何か冬っぽいことをされましたでしょうか?

 

かくいう自分はどうかといいますと、この土曜日に社員の方々とスキーをしてきました

会社終わりにレンタカーを借り、その足でスキー場に向かうという少しハードなスケジュールで行ってきたのですが、おかげで時間にゆとりもあり、スキー以外にもいろいろ楽しむことが出来ました

 

出発した日にはCOCO’Sに立ち寄りおいしいハンバーグを食べてきました。

ちなみにCOCO’Sは今とある学校でアイドルをするコンテンツとコラボをやっていたりします。

自分は曜ちゃんがお勧めしていた5種チーズの包み焼きハンバーグをいただきました!

とじられているチーズも5種チーズというだけあり「とろみ」「ねばり」「濃厚さ」がとても絶妙な形に仕上がっています。

そこにハンバーグからあふれ出る肉汁が加わっただけでも美味いのは確定的なのですが、さらにソースが加わることによって洗練された至高の旨さに到達しようとしています。

正直庶民的な味覚をしている自分には下手な高級店で食べるよりおいしく感じました。

詳しくはこちらをご覧ください。

 

その後はスキー場にたどり着いたのですが、ただひたすらに滑っていたのであまり書くことがありません。

ただ学んだことを書いておくと、防水の手袋ネックウォーマーは持っていったほうがいいです

これ、非常に大事。

ちなみに弊社には社員同士でおこなうレクリエーション活動には補助金が出たりします。

今回のスキーでもリフト代金の半額が補助金で出るようなので、ちょっとお高いウィンタースポーツも行きやすくなっています。

 

さてスキーの後には外せないイベントとしては、温泉というものがあると思います。

当然我々もスキーの後には温泉に行ってきました。

露天風呂もある大きめの銭湯がスキー場の近くにあったので、そこに行ってきました。

露天風呂では雪が降る中お湯につかっていたのですが、この環境ではいる風呂はめちゃくちゃ気持ちいいですし、正直無限に入れます。

会社から近い場所にスパワールドという最強の銭湯があるので、遠出したときの温泉にはあまり期待しない自分なのですが、雪の中での露天風呂は別格ですね

 

 

 

 

とまあ、こんな感じで冬をエンジョイしているわけなのですが、ウィンタースポーツ以外にも冬の風物詩という物があるので、そちらについても書かせていただこうと思います。

これは特にこれから就活を行う学生に関係があると思うのですが、冬といえば就職作品の最後の追い込みの時期だと思います。

2月も半ばを過ぎたということで、専門学生の方たちはいくつかの企業に作品を提出しているひとも出てきているのではないでしょうか?

 

という訳でせっかくこうしてブログを書いているので、すぐにできるプログラマ向けの就職作品について気を付けておいたほうがいいことを書いておこうと思います。

■こだわりを明記しよう

自分が一番見てほしい、アピールしたい箇所に関してはテキストなどに書いておき一緒に提出することをお勧めします。

■作品の動画を添付しよう

提出していただいた作品が会社の環境で動くかわかりませんし、動いた場合も全要素をチェックするのは時間がかかります。

ですので、自分の作品でアピールできる要素を端的に伝えられるような動画を添付しておくことをお勧めします。

■命名規則はそろえよう

命名規則をそろえるということは可読性を上げるということでも重要なのですが、就職作品においては自分で作りましたという信頼度にも影響する重要な要素だったりします。

ですので、自分で作った個所の命名規則は統一し、readme等に自分が作成した範囲を明記しておくのが良いと思います。

■参照を使おう

C++基準で話をさせていただきます。

関数に引数を渡すときに構造体やクラスを渡すと、メモリのコピーが発生し処理負荷が増加したりします。

ですので、参照やポインタを使って渡すとかは割と一般的なことなのですが、これがきちんとできていないと、C++の理解度が足りていないという判断をされかねません

stringやvectorであればメモリコピー以外にアロケートも走るので、処理負荷の差はかなり出てきます。

ですので、一度自分のソースを見直しconst参照にしたほうがいいところはないかなど見直しておくといいと思います。

Get系の関数をauto&等で受け取るというのも見ておくといいと思います。

ムーブ系の処理まで適切に作れている場合は非常に好感が持てます。

 

 

 

とまあ、このあたりは1日かければ対応できる範囲だと思うので、一度就職作品を提出する前に確認してみてはいかがでしょうか?

 

それでは今回のブログはこのあたりで失礼させていただきます。

ではまた。

RECRUIT

大阪・東京共にスタッフを募集しています。
特にキャリア採用のプログラマー・アーティストに興味がある方は下のボタンをクリックしてください

RECRUIT SITE