HEXA BLOG

日記

HEXA BLOG日記2019.5.14

パフォーマンスの見せ方

どうもタッキーです。

今回はパフォーマーの紹介です。
Tape Face」という方をご存知でしょうか?
その名の通り、黒いテープを口元に貼った、目力の強いすさまじい形相の方です。
私は一言もしゃべらないミステリアスな雰囲気と
パフォーマンスとのギャップに心を奪われてしまいました。

 


是非ご覧ください

 

パフォーマンス1つ1つを冷静に見ると、決して凄いことをしているわけではありません。
にも関わらず、彼の会場の心をわしづかみにしています。
キャラクター性、会場の雰囲気づくりなどによって、
彼のパフォーマンスがより面白おかしく、魅力的なものに演出されているわけですね。

更に彼のパフォーマンスは、1つ見れば満足できてしまうのではなく、
「次は何をしてくれるのだろう?」と期待させられるところが魅力です。
こうして私はまんまとこのパフォーマンスにはまってしまったんですねぇ。

何気ないものも見せ方を工夫するだけで、人の心を大きく揺さぶることが出来るんだなと

ちなみにTape Faceさんは、Sam Willsというお名前で
凄い方のパフォーマンスもしていらっしゃるので、
気になった方はそちらもチェックしてみてください(めっちゃしゃべります)

RECRUIT

大阪・東京共にスタッフを募集しています。
特にキャリア採用のプログラマー・アーティストに興味がある方は下のボタンをクリックしてください

RECRUIT SITE