HEXA BLOG

日記

HEXA BLOG日記2014.10.29

憤怒

こんにちは、マイキーです

 

皆様は勿論ご存じの事とは思いますが、今月の26日に行われたmotoGPマレーシアGPにてマルク・マルケス選手が、年間最多記録に並ぶ12勝目を挙げました

マレーシアGPは17戦目ですから、17戦中12勝。圧倒的じゃあないですか……
また、この勝利でマルケス選手の所属するホンダもコンストラクターズ部門のタイトルを獲得しました
おめでとうホンダ!頑張れヤマハ!

 

次のグランプリは最終戦であるバレンシアGP。
マルケス選手は15戦目の日本GPで既に年間チャンピオンを獲得していますから、あとは年間最多記録の更新を目指すのみ、といったところでしょうか。
今年もmotoGPは最後まで目が離せませんね

*=*=*=*=*=*=*=*

先日good sunこと山口も申しておりましたが、すっかりになりましたね
日毎に日の出は遅く、日の入りは早くなりつつあります。
そんな夜長にホラーゲーム…は怖いので、ここは一つ、映画を観て過ごすのも良いかな、なんて思います。

 

この秋、個人的に注目しているのはフューリーという、第二次世界大戦はヨーロッパ戦線を描いた作品です。といっても公開が11月末ですので、ほとんど冬ですね
作品名の「フューリー(Fury = 憤怒)」とは、米軍のとあるシャーマン戦車に付けられた名前で、劇中ではこの戦車に搭乗する5人の兵士に起こった出来事が描かれています

 

見どころと致しましては、彼らの心の動きや触れあい等もありますが、やっぱりここは迫力のある戦車戦
と言わなければならないでしょう!
特筆すべき所として、特筆劇中で描かれる戦車のほとんどは昨今の他の映画よろしくCGで描かれていますが、いくつかのドイツ軍のティーガー戦車に関しては、何と実物を用いて撮影が行われています
しかもそのティーガー戦車、世界で唯一の実働可能な車両なのです

 

現在のCG技術を用いれば、実物と見分けがつかないレベルのティーガー戦車を何台も描く事は出来るでしょうが、長い間、きちんと手をかけて残されてきた戦車が銀幕を飾るのは、何とも感慨深いものがあります
先述の通り、技術の発達した現在では「知らなければ何ともない」と思われてしまう可能性もありますが、「知っていればニヤリと出来る」隠し味、受け売りですが、大切だなぁと思います

 

隠し味は映画にはもちろん、ゲームにだって大切。
こういった気の利いた隠し味、ゲームに入れていきたいなーと思います。
それではまた

RECRUIT

大阪・東京共にスタッフを募集しています。
特にキャリア採用のプログラマー・アーティストに興味がある方は下のボタンをクリックしてください

RECRUIT SITE