HEXA BLOG

アナログゲーム書籍紹介

HEXA BLOGその他アナログゲーム2014.10.2

放課後さいころ倶楽部

こんにちは、ササモンです。
最近はTGSに続いてiPhone6、そしてWindows10と毎週話題に困りませんね。

 

さて、本日ご紹介したいのは、いつも通りアナログゲーム…ではなくて
アナログゲームを紹介している書籍になります。
書籍と言っても文章のものではなく「放課後さいころ倶楽部」というマンガです。

 

文章だけですと想像し辛いこともありますが、絵が付いてると圧倒的に判りやすいですよね。
話の内容的には、女子高生たちがアナログゲームをプレイしながら解説してくれるという親切なものです。ゲームを全く知らない人でもゲームの内容を知ることが出来ます
ゲームも選択の仕方が実に良いです
紹介してくれるゲームは、Marrakechに始まり、ごきぶりポーカー、VivaTopo!・・・と続きます。
ちなみに、この3つを簡単に説明しますと

 

Marrakechは、市場の商人になって絨毯を売り、市場で一番の絨毯商人になるゲームです。
他人が自分の絨毯を踏んでくれるようにうまく配置して、踏んでくれたらお金がもらえます。
進む向きと絨毯の置き方を決めるだけというシンプルなゲームですが、
考えるところが多々あり、ついつい熱くなれるゲームです。

 

ごきぶりポーカーは、害虫の描かれたカードをブラフなどを使い相手に押し付けるというゲームです。
手札を裏にして、中に描いてあるカードの内容を言いながら相手に渡します。
これは嘘でも本当でも構いません。出された相手は、その発言が本当かどうかを当てます。
判らなければ中のカードを見て他の人に渡します。間違えるとそのカードを受け取らなければいけません。

 

VivaTopo!は、ねずみが猫に食べられないようにチーズを集めるというゲームです。
自分のネズミたちをダイスを振って出た数字だけマス目を進めます。
途中にチーズがあり、それを取ることも可能ですが、一度取ってしまうとそのネズミは使えなくなります。
先の方には大きなチーズがあるので出来るだけあとで取る方が良いですが、
後ろから追いかけてくる猫に追いつかれるとそのネズミは食べられてしまいます。
安い点数で多く稼ぐか後の方まで生き延びて大きな点数を一気に稼ぐのかというゲームです。

 

簡単に書きましたが想像出来ましたか?
これがマンガだと内容も容易に判りますよね

どれもオススメのゲームですので、どんなゲームか気になる方はゼヒ読んでみてくださいね。
何と言っても、もう10月なので読書の秋ですからね。

 

それでは。

 

RECRUIT

大阪・東京共にスタッフを募集しています。
特にキャリア採用のプログラマー・アーティストに興味がある方は下のボタンをクリックしてください

RECRUIT SITE