HEXA BLOG

アナログゲーム

HEXA BLOGその他アナログゲーム2019.11.1

最近仕事終わりに

ふじひーです。

最近仕事終わりに毎日やっている、(会社で)超流行のボードゲームがあります!

それはこちら↓

ブロックス
Copyright © 2019 Mattel.

 

知っている方も多いと思いますが、ブロックスのルールはとてもシンプル!

「各プレイヤーは、青・黄・赤・緑に分かれ、持ち駒として小正方形が1~5個つながった形の21個のピースを持ち、20×20のマスに区切られたボード上に、自分の番ごとに1つずつピースを配置する。その際、最初のピースは、自陣のボードの角の1マスを埋めるように置かなければならない。次の周からは、自分のピース同士が頂点で接しており、辺で接していない場所にしか置くことができない(他者のピースとは辺で接しても良い)。途中でどのピースも置けなくなったプレイヤーはその時点でゲームから抜け、他のプレイヤーでゲームを続ける。全員がピースを置けなくなるとゲームが終了し、以下の得点計算を行って、点数が高いプレイヤーが勝利となる。
・置くことの出来なかったピース1マス分につき-1点。
・全てのピースを置くことができれば+15点。さらに、最後に置いたピースが1マスのピースだった場合、ボーナスの5点を加え+20点。」

「ブロックス」(2019年11月01日(金) 03:10 UTCの版)『ウィキペディア日本語版』https://ja.wikipedia.org/wiki/ブロックス

 

それでは対戦して行きたいと思います。

青(自分 PG)  緑(AT) 赤(PG) 黄(AT)

黄色から時計回りでスタートです。

 

大体序盤の動きでセオリーなのは中央付近に伸ばして、自分の広げられるスペースを確保しに行くと思います。自分も普段ならそうしますが、今回はせっかくなので戦略を変えてみます。

自陣側の密度を高くして、相手を侵入しづらくする地固め戦略!

なかなか良い密度。

こんなん(こんなの)侵入は困難だ。

これは結構良い戦略なのでは?

 

あっ、まずい。

悠長に地固めしている間に、中央のラインを越える道がほぼ塞がれてしまいました。

 

あっ。

右側の侵入を抑えつつ、左の隙間を目指してを伸ばすも間に合わず。

まずい。

 

そして各々隙間を埋めていく。

おわた。

 

最終結果はこちら。

1位 赤(PG) -7点
2位 黄(AT) -8点
3位 緑(AT) -13点
4位 青(自分 PG) -17点

はい。

自陣付近だけ、敵のピースがあまりありません!

これは「勝負に勝って試合に負けた」ってやつなんで全然悔しくないですね。クソ

 

やっぱ勝つ為には如何にヘイトを貯めずに、相手の懐に潜り込めるかが、ポイントな気がしました。

色々な人とやっていると、伸ばし方に個性が見えてきて、面白いゲームです。

 

何度もやっていると、時にはこんな奇跡的なドラマチック展開も!?

それでは!

RECRUIT

大阪・東京共にスタッフを募集しています。
特にキャリア採用のプログラマー・アーティストに興味がある方は下のボタンをクリックしてください

RECRUIT SITE