HEXA BLOG

プログラム

HEXA BLOGプログラム2018.3.26

自動整形でストレスフリー

おはようございます、プログラマの平尾です。
いつもながらプログラマ向けのお話です。
Visual Studio 2017 の拡張機能にある、自動整形プラグインの紹介です。
これがあるとチームでコーディングルールを統一したい時など、すこぶる便利です!

 

紹介するのは「AStyle Extension 2017」というプラグインです。
VisualStudioでC++のソースを書いて保存すると、自動整形が行われてから保存されるため、
何も気にしなくても勝手に整形されたソースになります。

例えばこんな適当なプログラムを書いて保存すると…

#include 

int AddTest(int value,int addValue){ return value+addValue; }

int main() { int result=AddTest(0,10); std::cout<<"testResult = "<<result<<std::endl; return 0; }

#include 

int AddTest(int value, int addValue)
{
    return value + addValue;
}

int main()
{
    int result = AddTest(0, 10);
    std::cout << "testResult = " << result << std::endl;
    return 0;
}

どん!!っと一瞬でキレイになります。ステキです。
導入手順は以下のようになります。

------

VisualStudio2017を起動して、メニューの「ツール」>「拡張機能と更新プログラム」を選択します。

 

出てきたダイアログの左上にあるオンラインを選び、右上の検索ウィンドウで「AStyle」という名前で検索します。
AStyle Extension 2017 というのが出てくるので、ダウンロードしてインストールします。

 

VisualStudio2017を再起動すると有効になるので、メニューの「ツール」>「オプション」で設定を行います。

 

オプションダイアログの中にある「AStyle Formatter」を選択し、「C/C++」タブを選び、「Settings」ボタンを押します。

 

ずらーっと出てくる項目から好きなものを選ぶんですが、何を選んだらいいんだ…というときは左下の「Online help」をクリック!
英語で説明が出てきますが、オプション名とソースコード例が載っているので理解できると思います。お好みの設定にしましょう。

 

設定が終わったら「Format on save」にチェックが入っているのを確認しておきましょう。
(チェックが入っていないとセーブ時に自動整形されません)

 

ここで設定した内容はテキスト形式で保存されるので、他の人に設定内容を渡すのも簡単です。
エディットを選び、

 

出てきた設定テキストをコピペすればOK!

 

余計なことを考えなくて良くなるので、頭の中もスッキリ!
とても便利なのでオススメですよ~!!

RECRUIT

大阪・東京共にスタッフを募集しています。
特にキャリア採用のプログラマー・アーティストに興味がある方は下のボタンをクリックしてください

RECRUIT SITE 

NEWS