HEXA BLOG

プログラム

HEXA BLOGプログラム2018.12.17

Windows7を便利にしたい

こんにちわ、「ふじひー」です。

Windows7を利用していて、あんな機能やこんな機能が欲しい!って思ったことはありませんか?

欲しいと思った機能をググると、案外ショートカットキーなどが実装されていたりします。(ファイルのリネームは「F2」キーとか)

それでもやっぱり、ない機能はないですよね。

でも自分がこんな機能が欲しいと思ったことは、他の人も欲しいと思っていることが多く、探せばフリーツールで見つかります。

それでもやっぱり、ない物はないし、ツールを使ってみても使い勝手が良くない事はよくあります。

それと、フリーツールはウィルスが怖いとか、会社だと申請が必要などなど、フリーツールを使えない環境もあると思います。

そういった時は、プログラマーの特権「ないなら自分で作ればいいじゃない」を発動します。(プログラマーである必要はありません)

 

という事で、自分が欲しい、Windows7にない機能を2つ作りました。

作ったものは下記の2つです。

  • 非アクティブウィンドウに対して、マウスホイールを有効にする
  • 好きなウィンドウを常に最前面表示にする

 

特に解説することもあまり無いので、ソースコード貼ります。

まずは「非アクティブウィンドウに対して、マウスホイールを有効にする」から。

グローバルフックを利用して、マウスホイールの入力を監視し、マウスの下にあるウィンドウに対してマウスホイール操作のメッセージを送信しています。

すでにフックを利用してマウスの動きを監視している仕組みと競合して、2倍スクロールされたりするので注意!

次に「好きなウィンドウを常に最前面表示にする」です。

ホットキーが入力されたら、現在アクティブなウィンドウに対して、最前面表示と通常表示の切り替えを行っています。

ウィンドウのスタイルを書き換えているので、開放処理を通らずにアプリが終了すると、最前面表示が解除できなくなります。

もう一度アプリを起動して解除するか、対象ウィンドウを一度閉じれば治ります。

常駐して起動しておく為の、簡単なウィンドウ。

殆どWindowsAPIだし、これをC#で作る意味とは…

もちろん、ウィンドウの作成が簡単だからですよね。

まぁウィンドウは表示せずにタスクトレイに隠している訳ですが。

それでは皆さん、ビルドしてご利用ください。

 

ふじひーの前回のブログ

アクセス違反でアプリが落ちないようにしよう!

RECRUIT

大阪・東京共にスタッフを募集しています。
特にキャリア採用のプログラマー・アーティストに興味がある方は下のボタンをクリックしてください

RECRUIT SITE